<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

諸々雑々多々〜VOCALOID My Best選曲集〜

動画祭りも今回で最後。


And the music that fitted in now〜がくっぽいど〜
The music that fitted in now successively〜初音ミク〜
今までの2記事でおわかりの方も多いだろう、私はただいまVOCALOID曲にがっつりハマっている。
なにせポイントGETのために動画検索という毎日のノルマと一石二鳥な上に、その片手間に聴ける手軽さ・疲れた神経を目覚める活力剤にも繋がる点が魅力的だ。
今のところ、私の『2010年Best』暫定1位だな。


そんな訳で。
がくっぽいどや初音ミク以外のVOCALOIDや『歌ってみた』方々の中で、私の感性と合致した良曲を以下にて紹介しよう。
なお『VOCALOIDっぽい』のも混ざっているらしく、初心者の私にはどれがどれか不明だが。


〜鏡音リン〜
mothy(悪ノP)【悪ノ娘】(歌詞)

※一見埋没してしまいそうなストーリー感あふれる歌詞が、曲と歌声で生き生きと物語を紡いでいく。まさに息吹く脈動。鳥肌が立つほど。処刑音が決定的で、ますます聴き魅入られてしまった。なお、オリジナルPV絵より、こちらの方が世界観が一致していてオススメ。本当はリンの歌声は好みじゃないのに、名曲でもある『右肩の蝶』や『炉心融解』等より素晴らしく調律されている。


〜鏡音レン〜
mothy(悪ノP)【悪ノ召使】(歌詞)

※『悪ノ娘』と対の曲。レンの歌声ははっきり言って苦手でまだまだ頑張りま賞だが、荘厳なストーリー歌詞と曲で歌声が引き立っている。ここでも、処刑音で深まる哀切。また、2曲とも「死」という言葉が一切使われていないことは驚き。さすがだなあ。

悪ノ娘(本『悪ノ娘 黄のクロアテュール』
(著)悪ノP
(2010/8/10)
※文章が特に上手いとは言えないが、読んでおけば、詞曲だけでは説明不足だった悪ノ世界が補完される。悪ノシリーズファンの方ならたまらない一冊かと思う。

悪ノ王国『悪ノ王国〜Evils Kingdom〜』
(作者)mothy 悪ノP
(2010/12/22)
※悪ノPさんの世界観が途切れることなく一挙に楽しめてイイ!!


〜おまけ〜
mothy(悪ノP)/杉の人【悪ノハッピーエンド】(歌詞)

※『悪ノ娘』原曲をノリノリでいじったような……とにかく「断頭台〜」で唖然。先の2曲での悲しみがスポーーンと抜け忘れてしまったわ。


〜MEIKO〜
mothy(悪ノP)【復讐ノ娘】(歌詞)

※『悪ノ娘』の替え歌。歌声が良く、歌詞も印象深い。


〜鏡音リン原曲〜
ゆうゆP【天樂、歌ってみた(秋赤音)】(歌詞)

※ボカロ原曲より、秋赤音さんの歌う生声の方がカッコ良い。血が滾る、沸き立つ。

ゆうゆP『四季彩の星』
(作者)ゆうゆ
(2010/9/15)
※アルバム収録曲


〜めぐっぽいど〜
ささくれP【ぼくらの16bit戦争】(歌詞)

※とにかくカッコ良い!!身悶えするほど、曲で一耳惚れ。歌声が前面に出ていないため、頑張って聴かなきゃいけんけど。You-Tubeコメントによると……しゅうまつがやってくる!→ぼくらの16bit戦争→ワンダーラスト→*ハロー、プラネット……の4曲で1つの世界観だそうだ。

ささくれP『ボーカロイドは終末鳥の夢を見るか?』
(作者)sasakure.UK
(2010/3/3)
※アルバム収録曲


〜巡音ルカ〜
Dixie Flatline【Just Be Friends】(歌詞)

※巡音ルカの甘い歌声が正直苦手だったが、この曲は聴いた瞬間に好きになった。歌詞にちょい意味不明な部分もあるが、テンポのいいリズム感と切ない英語のサビがgood。

オムニバス『EXIT TUNES PRESENTS Vocaloanthems(ボカロアンセムズ) 』
(オムニバス)
(2010/9/15)
※アルバム収録曲


〜初音ミク・巡音ルカ〜
PolyphonicBranch【太陽と月のロンド】(歌詞)

※良いわ〜しっとりからキャッチーで甘く始まるイントロ。好み!!


他にもまだまだ神曲名曲良曲もあるけ〜、今回をキッカケにボーカロイドに興味を持った方は、ニコニコ動画でもYou-Tubeでもぜひサーフィン視聴してみてね。
私はKAITOなど歌声が苦手なボーカロイドもいるが、名曲良曲を聴きこぼしたくないんで、一通り聴いているよ。


あ〜私が健聴者だったら、ipodを買って着うたとかで落とすのにな〜。
でも現実の私は聴覚障害者だから、ヘッドホンしてもボリュームMAXじゃけ〜音がだだ漏れ騒音。周囲から注意される羽目になる。
だから、家で大人しくヘッドホンして、CDやPCで聴くしかない。残念。


でもボーカロイドのおかげで、これからの毎日へのエネルギー充填できたわ♪♪
もやもやしていた心が晴れた。まだ頑張れる。
自分の好みに合った音楽を聴くのは、レーナ・マリア以来すんげぇ久しぶり!!
今時の音楽業界に食傷していたが、ボーカロイドのおかげでまだまだ捨てたもんじゃないな。
ま〜ボーカロイドやアマチュアより、人間の生声やメジャー作曲作詞が負けちゃっているのはどうかと思うが、しようがねえ。
メジャー曲は歌声にエフェクトかけまくり芸術を気取って小さく聴き取れない反面、ボカロ曲は歌声を前面に出していて聴きやすい。
そこに、今時代のニーズが見えた気がしたよ。
だから、メジャー音楽が薄っぺらく終わっている証拠なんだな。
2010.08.09 Monday 21:23 | - | - | 

The music that fitted in now successively〜初音ミク My Best 選曲集〜

ついに8月になりました。
相変わらず私は垂れています。
無駄に垂れ垂れ、だれています。
暑さにもだれています。
ブログ更新等が途絶えがちになのは申し訳ないが、残業と転寝でだれだれ1日を潰していると察してくれたら幸い。
連絡がないのは元気な証拠、……とゆ〜ことで(強引)。


さてさて。
最近たまたまハマってしまった『VOCALOID』がくっぽいど。
しかし、前記事で気に入った以上の名曲を見い出せずに、何となくYou-tubeサーフィン続行。
まだまだ良曲を聴きたいという欲求が消えないのか、矛先を初音ミクへと向けてみた。


すると!
さすが初音ミク。
その人気が窺えるほどに圧倒的な曲数を誇っていたけ〜、すべてまでとはいかないが、その中から私好みの曲を次々と開拓できたよ。
まさに、開眼の如く。
わーい、大漁祭りだ!!!


ただ、初音ミクってアニメイト等でよく見かけていて、勝手にアニメとか漫画とかのオタク臭のキャラだと思い込んでいたが、実は『VOCALOID』のだったんか!!
知らんかった……「第一印象で食わず嫌い」はアカンね。

初音ミク『VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU』
クリプトン・フューチャー・メディア
(2007/8/31)


という訳で。
以下、私の神経が目醒めるほどのお気に入りを、1作曲者につき1曲を厳選した上で、全15曲(+α3曲)を紹介。
せっかくじゃけ〜、アルバム盤を想定しながら曲順をよくよく考えて並べてみたよ。
その中から1曲でも気に入ってくれれば幸い。


のぼる↑P【鎖の少女】(歌詞)

※最初から決めていた1曲目。聴いた瞬間に吸い込まれそうなキャッチーさと、神さながらの歌声に一耳惚れ。また、歌詞の大半が昔の自分の執筆時の苦悩とダブっていて、哀しいほどに共感を覚えたね。


ほえほえP【文学少年の憂鬱】(歌詞)

※歌詞にドキリとした。ああいう表現は心憎く、作詞者の才能に嫉妬したよ。

【文学少年の憂鬱を歌ってみた(秋赤音)】

※サビが、原曲の初音ミクより倍増好き。


doriko【ロミオとシンデレラ】(歌詞)

※まず意表を突いたタイトルと、韻を踏む歌詞の遊び心に惚れた。曲が語感と合っていて、オシャレな雰囲気。

ロミオとシンデレラ『ロミオとシンデレラ』
(作者)doriko
(2010/11/24)
※アルバム収録曲


梨本P【死にたがり】(歌詞)

※思わず吹いてしまった。「死」という言葉を許容できない私でも、最後の歌詞「つべこべ言わずにせーぜー生きのびろ」で愛を感じてしまった。コメントされた方と同感。上手いなー!

【死にたがりを歌ってみた(エリィ)】

※これはキツいな〜感情を叩き付けてくるサビの歌声に「ウゼェ」と不快感。


samfree【闇色アリス】(歌詞)

※どっかで聴いたことがあるような、懐かしいメロディ。それでも素晴らしく深い曲。


ハチ【結ンデ開イテ羅刹ト骸】(歌詞)

※曲も歌詞も歌声も、雰囲気まで神。特にサビ。たとえプチでもホラー曲は苦手な私だが、この曲には一発で聴き魅入られてしまった。


wowaka(現実逃避P)【裏表ラバーズ】(歌詞)

※発音も滑舌も素晴らしい歌声。聴覚障害者の私でも、あの早口言葉に付いていけたほど。また、PV映像にも遊び心があり、モロ私好み。


デッドボールP【脱げばいいってモンじゃない!】(歌詞)

※すっげーわかる!男ってそんなアホダメ下品無神経なところあるよなー共感!!「だまれ!だまれ!」がお気に。

【脱げばいいってモンじゃない![男視点ver.]歌ってみた(梅ジロー)】

※すっげーわかる!女って無駄にウザイところあるよなー共感!……「お前、どっちの味方だよ?」と言われても知らんがな、ハハ。


ハチ【雨降る街にて風船は悪魔と踊る】(歌詞)

※スマン、ハチ氏の2曲目。あの和風調が私好みすぎて。


hisaruki【392億7948万1555人目のお姫様】(歌詞)

※高い歌声は、歌詞の良さで相殺。私の普段の恋愛模様と被る歌詞だが、第三者として聴くと無自覚な高望みかも(苦笑)でも白馬や馬車はそこまで思い続けていないよ。


cosMo(暴走P)【初音ミクの戸惑】(歌詞)

※『初音ミクの消失』には付いていけなかったが、有名な高速歌の1つ。疾走感あふれながらもメロディアスな歌声とがマッチしていて好き。聴いているだけで面白いから、興味のある方はぜひ暴走P氏の他作曲も聴いてみて。


すこっぷ【指切り】(歌詞)

※イントロで神経を貫かれた。


蝶々P【ラブアトミック・トランスファー】(歌詞)

※最初からトリ前に決めていたが、急遽『from Y to Y』へ譲渡。イントロのベース音に一発聴き惚れ。


ジミーサムP【from Y to Y】(歌詞)

※言葉に現せないほど良い。


halyosy(森晴義)【桜ノ雨】(歌詞)

※最初から決めていた大トリ。卒業式に相応しい歌。申し訳ないが、原曲のabsorbの優しい歌声よりも、私はこのボカロ初音の方が好き。

桜ノ雨桜ノ雨
absorb
(2008/11/26)



ふうっ、最後までご視聴ありがと!ペコリ♪
2010.08.03 Tuesday 21:23 | - | - | 

And the music that fitted in now〜がくっぽいど〜

嗚呼、無駄に睡魔と戦いながらも敗れては、ロクに何もできなかった7月が終わるのか。


7月末現在、夜更かし更新&睡眠不足解消のために、ネット・プチ内職を2つ減らしたよ。
あと残り3つ。
2010年が半分も過ぎたというのに、毎日がうたた寝ばかりで、ホムペ移転作業もまったく手を付けていない。
ヤバすヤバす。


そんな焦燥感に苛まれながらも。
ある日、いつものように動画検索でポイント稼ぎをしながら日課をこなしていたところ、『ニコニコ動画』について興味をそそられる記事に出会った。


【GACKTの声で歌うボーカロイド『がくっぽいど』、深くて広い魅力の楽曲集】by.山田井ユウキ


ん?
『がくっぽいど』?
何じゃそりゃ、そのアホみたいなネーミングは??

つい好奇心に負け記事をクリックしてみたところ、そこでUPされていた動画&音楽に泥ハマってしもーた


つまり『がくっぽいど』というのは、ヤマハが開発した技術『VOCALOID(ボカロイド、ボーカロイド)』エンジンを利用し、GACKT本人の声で録音された音声合成ソフトウェアなんだそうだ。
『VOCALOID』についての詳細はwikiにて。

がくっぽいど『がくっぽいど』
インターネット
(2008/7/31)
Windows Vista(DVD)


でもなー、初めて『がくっぽいど』を聞いた瞬間に、「これ、ほんまにGACKTの声かぁあああああ!??」と全身が反り返るほど信じられんかったね。
だって!上手すぎるもん!!あり得ん!!!
「もしや、ここ数年間で歌声が上達したのかな?」と半ば期待しながら本家のGACKTの声を聴いてみたが、やっぱり相変わらず外見を裏切るような野太い声。
そして、やっぱり私好みじゃない歌声。
……変わんねえなあ。
スマン、本人の生声より『がくっぽいど』で調律された歌声の方が好きだわ。


とにかく!
『がくっぽいど』の良さを自主的に布教したくなってな、上記リンク記事にUPされた曲のうち、気に入った2曲をここで紹介しよう。


【UNDER THE DARKNESS】(歌詞)

※カバー曲だが、一発で惚れた!嬉々絶叫、良すぎて身悶えるほど神曲!!モロ好みだ(*´Д`)ハアハア


し〜ぱっぱP【ナスが好き】(歌詞)

※聴いた瞬間に吹いた。これがGACKT本人だったら絶対歌えないキーじゃよ。貴っ重な歌声じゃな〜唖然。下品かつお笑いレベルを超えた歌詞内容にも、つい愛嬌を感じてしまったわ〜(笑)一番好きな歌声は「君となら、いけるはず。」♪♪


すっかりがくっぽいどハマってしまったけ〜、がくぽマスター先駆者ことmathru(カニミソP)氏のオリジナルアルバムをついポチってしまったぜ。
ダンシングサムライ『ダンシング☆サムライ』
mathru
(2009/12/16)
※全曲がくっぽいど


それにしても。
いや〜〜、ニコニコ動画にこんな良いモンがあったとは!!
今まで知らなかった自分が、とんでもなくもったいなく感じたわ。
なんか覚醒しちゃったよ。
……会員登録しようかな……でも、無駄にログインメニューを増やしたくないし……(真剣に検討中)


一応、You-Tubeにあるがくっぽいど関連曲を聴いてみたが、いくら曲が良くても歌詞や歌声がショボかったり、無駄に小難しすぎたりしてガッカリ。

(神曲だが、歌詞が残念で賞) 弱音P【鮮紅ノ龍啼ク箱庭拠リ】(歌詞)



今のところ、上記リンク記事以外で、私が求める基準に達していたのは以下1曲のみ。

Naoki【Artemis】(歌詞)



私の動画祭りはまだまだ続くよ。


以下、番外編。
BL(ボーイズラブ)話含むため、注意閲覧注意注意

▼続きを読む▼
2010.07.31 Saturday 21:23 | - | - | 

良き音楽を求めて巡回する日々

夜更かし絶賛更新中なのに、ブログる暇もないのは理由がある。
(1)時たま残業。
(2)本来、昼寝やうたた寝の習慣がない私。慣れない仕事で疲れているのか、帰宅後は睡魔と限界ギリギリまで戦うため、何をするにも効率が悪い。潔く破れ夢の世界へ逝けばいいのに、無駄にあがくけ〜余計疲れるんだよな〜。言っておくが、私は「年のせい」にする気はないからな!!
(3)ネット・プチ内職に時間を多く割いてしまっている。1日1円行くか行かないかのみみっちぃ作業で、電気代や自分の睡眠時間を考えると割に合わんけ〜、ただいま絞り込んでいるところ。しかし、キリのいい単位を逃しっぱなしで、なかなか辞められない。あああああああっ!!!


さて、本題に入ろう。


2010年、年始にこんな記事を書いた。
『尾崎豊とガリレオガリレイ』
去年で某バンドのファンを辞めて以来、久々に良いバンド・音楽に出会えたかと思った。
ガリレオガリレイの『夏空』で、全身を突き抜ける爽快感に、暗く澱んでいた心まで洗われた気がした。
あの歌声はマジ良い!
だから、シングル発売されたのは本当に、素直に嬉しい。

夏空『夏空』
Galileo Galilei
(2010/6/9)
(歌詞)

【通常バージョン】


【おおきく振りかぶってバージョン】



ただし『ハマナスの花』は期待外れだったが。
ガリレイ本人には大変申し訳ないが、思っていたよりも単調だった。
詞はまあまあ、曲も歌声も……全曲を通して聴いてみるとね。
確かに彼らはまだ未知数、今後化けてくるかもしれない。
しかし「ポスト尾崎豊」と呼ぶには、あまりにも誇張すぎやしないか?
尾崎豊の歌には痛みがあった。魂ごと吐き出す痛みが。
それに比べると……何なんだろうな、薄っぺらく感じた。
ホンマ残念だが。

ハマナスの花2『ハマナスの花』
Galileo Galilei
(2010/2/24)
※『夏空』未収録


それ以来、いろんなアーティストの音楽を聴いてきたよ。
幸い、ネット・プチ内職の1つに『動画検索でポイントGET』があったけ〜片手間に聴きまくったよ。
絢香『三日月』、歌詞は良いが歌声はイマイチ。歌詞で救われているのか、曲もあまりぱっとしない。
コブクロや浜崎あゆみも含めメジャーな曲は一通り聴いたが、私の好みには合わなかった。
今話題の植村花菜『トイレの神様』は、癒しの歌声らしく悪くはないが、声の抑揚がなく聴いているだけで眠くなる。
しかも!1曲で10分やで!?……マジ退屈してさ、気が緩んだ瞬間に意識を奪われ夢の世界へ。嗚呼。
奥華子も同様。
やっぱ私、メリハリのない歌声や曲は苦手だわ。


まあ、とりあえず。
色々あれど、本気で良かったアーティスト&曲をいくつか紹介しよう。


Early Morning【かみさまでもえらべない。】

※激しく共感!!今の自分と重なる部分がありすぎありすぎ。ただ、積極的な販売戦略をしなかったせいか、地方まであまり知られていない名曲。

Early Morning『かみさまでもえらべない。』
Early Morning
(2009/9/22)
(歌詞)


flumpool【残像】

※こういう愛が歌える男は、心までイイ男かも。ちょっとミスチルっぽく感じたが。

flumpool『残像』
flumpool
(2010/2/3)
(歌詞)


lecca【For You】

※懐かしい感情、これこそが愛。leccaさん、喫煙者? 他の数曲も聴いたが、発音の不明瞭さ(滑舌の悪さ?)が目立った。もし煙草をやめたら、もっと良くなるかと思う。

lecca『For You』
lecca
(2009/3/4)
(歌詞)


水樹奈々【MASSIVE WONDERS】

※クセのある歌声が気にならないほど、彼女は本当に良い曲に恵まれている。まだ数曲を聴いただけだが、中でも一番好きな曲。

水樹奈々2『GREAT ACTIVITY』
水樹奈々
(2007/11/14)
(歌詞)


水樹奈々【深愛】

※歌声はまあまあだが、イントロの強烈さに、鼓膜から射抜かれた。

水樹奈々1『ULTIMATE DIAMOND』
水樹奈々
(2009/6/3)
(歌詞)
2010.07.13 Tuesday 21:23 | - | - | 

尾崎豊とガリレオガリレイ

某メルマガで気になったニュース。
『ロック界にも、1991年生まれの怪物、平均年齢18歳4人組バンドがメジャーデビュー』
しかも『ポスト尾崎豊』と、いらぬお世話いらぬ肩書きまで。


尾崎豊は昔から知っていた。
思春期の頃から知っていた。
でも私の知っていた尾崎は、いつも酒にヤクに恋にラリっぱなしで廃人寸前。
そんな駄目で危なっかしい男が何故、世間が言うほどのスゴい奴だとは理解できんかった。
だから一度も音楽を聴こうと思わなかった。
ラジオやテレビで曲が流れていようと、彼の死後もどこかで歌が響いていようと、難聴の私の耳には届かなかった。


しかし私が26の時、たまたま観たTV番組の卒業特集。
歌番組と知ればすぐチャンネルを変えたがる聾唖の母が珍しく変えなかったので、そのまま観ることができたのだ。
当然、尾崎豊『卒業』が歌詞字幕も付随して流れた。


そこには、私の中学時代にあった風景がそのまま残らず、すべて象徴されていた。


涙が止まらなかったね。
歌詞1字1語に共感してさ。
「ああ、尾崎はスゴい!」と、今まで聴かず嫌いで来たことを後悔もしたね。
ただハマるにはもう遅すぎた。
私にとっての尾崎豊は、とっくに過去の人となりすぎていたから。


あれからまた月日が過ぎて、こうしてまた尾崎豊の名前を見つけた。
「どんなバンドなんだろう」と興味津々でネット検索。
そこで見つけた『夏空』を視聴。


ヤバヤバ〜。
突き上げる、魂の歌声。
飾らず難しすぎず、素直に共感できる、等身大の歌詞。
他の曲も聴いてみたが、尾崎豊とは全く違う。
レオレイは日向が似合う。
青草若草、軽やかで爽やかで未来と希望にあふれかえっている。
でも尾崎は夜のサイレン、流れるテールランプがよく似合っていた。
そして、常にモノクロの景色に溶け込んでいた。
このまま自分など消えてしまえばいいと願うかのように。


しかし何故、ガリレオガリレイが『ポスト尾崎豊』と呼ばれるのか。
メンバーの兄弟と同じ姓だから?
歌詞の雰囲気?
それだけでは安易すぎるし、本人にも思いがけなく不本意だろうよ。


また、スピッツやらBUMP OF CHICKENやらRADWIMPSやら似てるとは、言うだけ野暮。
レオレイ本人にとっては、意識したつもりもない、やりたいことをやってきただけと思う。
彼は彼、自分は自分でいいじゃない?


まあ、ともかく聴いてミニアルバム『ハマナスの花』を買ってみたくなった♪
普段の私なら、たとえBUMPなど話題のバンドだろうと視聴して終わりだった。
あの歌声はマジ衝撃的。
全身を突き抜け、歌詞で波紋が広がるように、私の魂の奥底まで癒してくれる。
今はまだ10代だとしても、20代以降は煙草や酒などで喉を焼いてしまう可能性を考えると……まだまだ未知数だな。


今後が楽しみな新人だね♪


ハマナスの花『ハマナスの花』
Galileo Galilei
(2010/2/24)


雨のちガリレオ『雨のちガリレオ』
Galileo Galilei
(2009/1/21)

※2作品とも『夏空』未収録


『夏空』で特に好きなフレーズは……
『好きだった歌が 響かなくなったな
 誰のせいでもない 僕のせいでもないんだろう』



最近読んだばかりの小田和正の言葉を思い出したよ。
『音楽で歌詞は救えても、歌詞では音楽を救えない』

つまり『悪い曲は良い歌詞で救えても、悪い歌詞はいくら良い曲でも救えない』


まさに、その通り。
20年間自分を騙し騙しながらファン続けてきた某バンドに感じた限界はいつも、その言葉に尽きた。
いくら曲が良くても、歌詞が駄目だった。
いくら歌声が私にとってはボーカルNo.1であっても、『死』が常にセットされた歌詞が嫌で嫌でたまらなかった。
どんなに『死』が、私好みに強く前向きにコーティングされていても、ごまかせない。
聞こえない自分がこの世に生き続けること自体が、とてつもなく苦行。
だから、私が今持てる精一杯の気力を、削ぐような言霊は聴きたくない。


……とまあ、今は某バンドのファンをやめてすっきりしたが。


最後に、尾崎豊はデビュー後徐々に自分を見失ってしまったが、レオレイは1年後でも10年後でも100年後でも自分を見失わずに、等身大で頑張ってほしいな♪
2010.01.22 Friday 21:23 | - | - | 

ARI PROJECT

ただいまのMYブーム(音楽三日月三日月)音楽では、ARI PROJECT♪
ただ歌詞が独特でびっしりなため、気楽気軽に聴けないのがネック。


ALI PROJECTを知ったのは、ほんのささいなキッカケ。
会社帰りにレーナ・マリア『翼をください』を脳内で口ずさんでいたところ、ふと「心の翼で力の限り輝く朝に出会えるまで」という別の歌を思い出したの。
「そういえば、小学の頃、授業で習っていたな〜」と懐かしくなってね。
歌詞全容がどんなだったのか、ネット検索すれば出てきた出てきた。
『明日という大空』


すると、そこのブログで他の歌詞が掲載されていたのをたまたま読んでみたら、カッコいいのがあったけ〜。
それがALI PROJECT♪
アニメ方面で活躍されているんだね、知らんかった〜。


Amazonで視聴してみて良かったんで、早速購入。

ALI PROJECT『桂冠詩人 SINGLE COLLECTION PLUS』
(通常盤)

ALI PROJECT
(2008/12/10)

女性ボーカルは苦手だが、最近はMyブームかな。
何より曲が、私好みの重厚で良い良い!
しかし、小難しい歌詞に、聴覚障害者の私には聴きづらいハスキーボイスだったけ〜全体の評価としてはまあまあ。
とりあえず一通り聴いてみて、印象に残ったのは『勇侠青春謳』。

ALI PROJECT【勇侠青春謳】(歌詞)



でも、やっぱ……それだけかな。
2009.02.03 Tuesday 21:24 | - | - | 

Aikaとレーナ・マリア

今日病院に行った結果、無事高血圧改善。
もう病院通いしなくても済むことになった。
やった!
これで気兼ねなく小説が書ける!


……大掃除を済ませてからね。


いや〜〜長かった!
しょっちゅう通っていたからね、もう……気が遠くなるほどの2ヵ月間!
前日で歯医者も編物も終了、ようやっと一段落ついたわ。


高血圧って肥満か短気の人ほどなりやすいと思ったが、そうでもないんだね。
ストレスと夜更かし……気を付けねば。


ま、ともあれ音楽療法のおかげ。
ありがとうハート助かったキラキラ


そんな効果も手伝い、新たに買ったのがAikaという女性で『魔法の声』『天使の声』と評判なんだそうな。
んで、聴いた瞬間これが大当たり♪
元々女性ボーカルが大の苦手な私でもホンマに良くて良くて、胸のドキドキが止まらん。
あの手蔦葵さんでようやっと合格水準なのに、それを上回るほどの澄んだ歌声!
CD欲しいのに普通のショップには売ってなく、わざわざHPへアクセスしてまで買わんといけんのが面倒くせぇ……。
AikaCD5枚

Aika【Ave Maria】



そこで、レーナ・マリアさんを思い出した。
(「一羽の雀さえ主は微笑み給う」の1フレーズがパッと思い浮かび、ネットで調べた結果判明)
声域は違えど、感情豊かな歌声の雰囲気がAikaさんと似ているんだよね。
レーナさんはハスキーボイスだが……大苦手な椎名林檎さんとは比べ物にならないほど声の通りが素晴らしい!


すっかり忘れていたが私、彼女の歌声が大好きだったんだ。
学生の頃ミサの授業で、その講師がレーナさんの『一羽の雀に』をスクリーン上映。
初めて聴いた瞬間、もう、もう……言葉にならないほど魅了されたね。
スウェーデン人だが、日本語で上手に情緒豊かに歌ってて、私の耳に心地好く響いた。


幸い、You Tubeで視聴できるけ〜オススメ!
レーナ・マリア【一羽の雀に】

※初めて聴いた当時の歌詞は『主は微笑み給う』だったが、今は何故か『主は守り給う』に変わっていた。


レーナ・マリア【馬槽の中に】



久々にレーナさんの歌声が聴けて感動♪幸せ〜♪
Amazonでアルバムを早速ポチッたが、『一羽の雀に』もCD化切望!(音楽三日月三日月)ノきらきら

レーナマリア『アメイジング・グレイス』
レーナ・マリア ベスト・セレクション

レーナ・マリア
(2003/7/23)
2008.12.17 Wednesday 21:23 | - | - | 

ただいま音楽療養中♪

病院行ってきた。
今回で5回目、通院して1ヵ月。
やっと高血圧値を割った!
やった―――ありがと―――!!
But!! しばらくは様子を見ましょうってことで、まだまだ通院予定。ちぇっ!

今年8月の健康診断結果で、ついに精密検査に引っかかってね〜(汗)
前々から覚悟はしていたけど、はあ、やっちゃったよ……って感じ。

初回診察時、今までの健康診断結果を確認した医者から「2005年までは良かったのに何故2006年から急に悪くなったんかね?」と。

「それはですね〜、忙しすぎて夜更かしの毎日とストレスだと思います」

当時の私、2005年の健康診断後すぐにブログを始めたんよ。
元々遅筆な私、当然コメ返しとかに追われまくって余裕をなくして……弟が結婚を機に家を出たのをキッカケに、夜更かし生活に突入!
昔は22時か22時半に就寝という規則正しい生活だったが、今や早くて1時、遅くて2時か3時に就寝。

ただでさえ目まぐるしいのに、さらに追い込むように、2006年には小説執筆も始めちゃったもんだから……。
そりゃあ、口から泡吹きまくりのあわあわな毎日だったさヾ(ぐるぐるДぐるぐる)ノ汗


はあ……やっぱ駄目か?
この遅筆、何とかならんかね?泣
長年の悩み種。
ついつい考え込んでしまうのがいけんのだ。
基本は適当な私なのに妙に神経質でさ〜、毎回「これでいいんだろうか?これでいいんだろうか?」ぐるぐる悩んでは迷宮困る


まあ、今回の精密検査はいいキッカケ。
正直、精神的にすっかり疲弊。疲労困憊。
自分で望んだことなのに、思い通りに上手く行かない分、無理をしすぎた。
色々と自分で自分に縛りかけちゃった分、「書かなきゃ書かなきゃ!」と焦る毎日だった。
無理に頑張ろうとすればするほど見えない何かに邪魔されて空回り。
一進一退の状況が長引いて、気づけば今年もあとわずか。
「もう駄目だ」と思ったね。

最初から思い切って今年は休筆すればよかったな〜。
読者さまには本当に申し訳ない。


医者さんも「ストレスと夜更かしは高血圧の大敵だから、まずはリラックスすることから始めましょう」と言われたし。

あと。
高血圧と言えば当然、食事制限。

私ブログを始めてから、味覚というか食べ物の嗜好が変わったんよ。
甘党の代わりに、昔は苦手だったポテトチップスなどのスナック菓子やインスタントラーメンや総菜パンなどを好んで食べるようになった。
だから、塩分の高いそれらがNGなのは納得できる。
But!! 卵もチーズもチョコもマジで駄目っすか!?
私、大好きなのに―――0口0
まさか乳製品まで引っかかるとは思わなかった……。
ぬぅ〜。

とにかく。
高血圧改善のために、ストレス回避として読書や調べ物や執筆はしばらく封印。これはちょうど今、読書ピークすぎた気分なんで課題クリア。

夜更かし・食事制限も頑張ってみたが……毎日やること盛り沢山で飽き性の私のこと、当然3日坊主。イコール、血圧改善なし_| ̄|○
それが通院3回目も続けば医者さんも「あれ〜?」と疑心暗鬼。
すんません!真面目にやります!(内心焦汗)


こうなったらブログを始める前の日課に戻そうと。
一番風呂ならば23時前の就寝も叶う!と思ったが……最近編物に夢中でね、ついつい編み込んで夜更かしすることしばしば。
しまった―――!!
さらに、ブログった日もまた夜更かし決定。
あ゙〜〜!!

神さま!お願いです!
私を速筆達人にしてください!(必死)

このままではヤバい!
血圧を下げる薬を飲んでもなお下がらなかったら面目ない!

すると先日。
料理本のついでに出した昔の健康雑誌に解決策発見きらきら光明きらきらエリザベス

それは音楽療法。
食事制限なしで、クリスタルボウルやモーツァルトなどの神経に優しい音楽を聴くだけで高血圧改善。
これぞ!天の助け。
天の恵み。
神のお情け。
「こんなに簡単で気楽でイイわ〜♪」と早速付録のCDで3日間聴いた結果、通院5回目の今日でやっと血圧最大値を割ったのさ。

いや〜〜助かった!
制限はやっぱキツいっす。
病気になるもんじゃねぇな。健康第一!

とりあえず23時就寝を目標に、そしてこれからも音楽療法で通院からの解放を目指すぞ!
2008.11.21 Friday 21:23 | - | - | 

難聴の私が音楽を聴く理由

さて、音楽の話をしようか。
聴覚障害者、特に難聴者は基本、音楽を聴かない。
面倒だからだ。


補聴器を付けて日々の生活をしているだけでいっぱいいっぱいなのに、その上音楽を聴く……。


精神的苦痛。
精神的に疲れる。


何もしなくても自然に聞こえる健常者と違って、聴覚障害者は自ら聞く意思を持たない限り正常に聞こえてこない。


雑音ばかりが耳に入る。


だから自分の聴力を休めたいがために、音楽まで聴く余裕がない。


着うたなんて、金を払ってでもダウンロードする気にもなれない。
i-podには興味あっても、自分の聴力に見合わないため買わない。


普通にシングルアルバムCDを買って、足りない聴力は歌詞カードでカバーする。


当然、流行りの歌なんて知らない。


自分から興味を持たない限り、音楽にはほぼ無関心。
CM曲にも無関心。


だから健常者の友達との話題にはいつも困る。
困りすぎて付いていけない。
みんなの輪の中に入れない。
話題に付いていこうと焦って慌てても、やはり限界がある。


今時の情報源の大半は『音』によるものばかり。
聞こえない私には重荷すぎて残酷だ。


だけど音のない世界に甘んじるつもりはない。
少しでも音を知っているこの身には、音のない世界はつらすぎるから。


『聞きたい』
『聞こえたい』
『聞こえる』


少しでも生きることが楽になれるなら、私は聴力UPに切実だ。


だから音楽を聴く。


私好みの音楽は、まず歌声→重厚な曲重視。
特に高い声、ハスキーでも女性シンガーは苦手だ。
例えば、浜崎あゆみ・ドリカム・椎名林檎(東京事変)・元ちとせ等の女性シンガー全般、ラルクのhyde・元X-JapanのToshiなど。


私が好きだった某バンドのボーカルは低い声。
ただし煙草で潰したような声は大嫌いだけど。
低くてもよく通る声がいい。


堂本剛や手蔦葵は好き。
ZADEも意外にいい。


大黒摩季も聴くが……好きで聴いているというよりカラオケのため(笑)
『チョット』
『別れましょう私から 消えましょう貴方から』
私のイメージにぴったりと勧められたから(爆笑)
あと、シャ乱Q『ズルい女』も。


……何なんだろうね、私?
2007.05.09 Wednesday 21:23 | - | - | 
 | 1 / 1 PAGES | 
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache