<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2008年☆Best番外☆良作佳作ピックアップ(敬称略)

単品・単シリーズもの

J.R.ウォード1『黒き戦士の恋人』
(著)J.R.ウォード
(訳)安原和見
二見書房(2008/7/18)

真夜中の男『真夜中の男』
(著)L.M.ライス
(訳)上中京
扶桑社(2007/3)

名香智子『桜の国から霧の国へ』
(著)名香智子
小学館
(2007/8/24)

ママはテンパリスト『ママはテンパリスト 1』
(著)東村アキコ
集英社
(2008/10)

弱法師『弱法師(よろぼし)』
(著)中山可穂
文藝春秋(2007/02)
※特に『卒塔婆小町』が良い

鋼の錬金術師20『鋼の錬金術師 21』
(著)荒川弘
スクウェア・エニックス
(2008/8/22)

松本清張『松本清張傑作短篇コレクション 上』
(著)松本清張
(編集)宮部みゆき
文藝春秋(2004/11)

牛への道『牛への道』
(著)宮沢章夫
新潮社
(1997/04)

言いまつがい『言いまつがい』
(著)糸井重里
(著)ほぼ日刊イトイ新聞
新潮社(2005/3/29)

名短篇1『名短篇、ここにあり』
(編集)北村薫
(編集)宮部みゆき
筑摩書房(2008/1/9)
※『少女架刑』が印象的

名短篇2『名短篇、さらにあり』
(編集)北村薫
(編集)宮部みゆき
筑摩書房(2008/2/6)

犬飼ターボ『天使は歩いてやってくる』
(著)犬飼ターボ
飛鳥新社
(2008/10)

高校デビュー『高校デビュー 1』
(著)河原和音
集英社
(2004/3/25)

夢のカルテ『夢のカルテ』
(著)ジリアン・ホロウェイ
(訳)柏倉美穂
ディスカヴァー・トゥエンティワン(2008/12/20)

番線『番線―本にまつわるエトセトラ』
(著)久世番子
新書館
(2008/3)

涙の数だけ『涙の数だけ大きくなれる!』
(著)木下晴弘
フォレスト出版(2008/9/4)
※特に『あるレジ打ちの女性』で涙腺破壊

マンガを読んで『マンガを読んで小説家になろう!』
(著)大内明日香
(著)若桜木虔
アスペクト(2007/3)
→「参考にしていない人ほどパクリと言われやすい。よくある話」というくだりを読んで大変救われた。ありがとう!

李家幽竹『運のいい人の仕事の習慣』
ナンバー1風水師が教える

(著)李家幽竹
光文社
(2007/10/11)
→この本のおかげで、この夏に悩み苦しんでいた背中の激痛原因が判明!


続いて、作家編(BL含む)。

ほぼ作家買いした作家たち

インザプール『イン・ザ・プール』
(著)奥田英朗
文藝春秋(文庫)
(2006/3/10)

カラクリ荘『カラクリ荘の異人たち』もしくは賽河原町奇談
(著)霜島ケイ
(画)ミギー
ソフトバンククリエイティブ(2007/7/12)

愛と混乱の『愛と混乱のレストラン』
(著)高遠琉加
(画)麻生海
二見書房(2008/2/28)
※心のヒダを震わすように、繊細に、しっかり読ませてくれる。

夜光花1『リアルライフゲーム』
(著)夜光花
(画)海老原由里
幻冬舎コミックス(2008/09)
※ラブ要素は薄いが、ゲーム自体がワクワクドキドキハラハラ戦慄もの。彼女の幅広い引出しネタを思うとスゴい!

龍の恋情『龍の恋情、Dr.の慕情』
(著)樹生かなめ
(画)奈良千春
講談社(2006/12/2)
※好き嫌いが分かれるかもしれないが、私は好き。最大限にコメディ化された奈良さん絵を魅せてくれる作家は樹生さん最強!

交渉人は『交渉人は黙らない』
(著)榎田尤利
(画)奈良千春
大洋図書(2007/2/23)
※会話のテンポ感が良い良い♪

蛇淫の血『蛇淫の血』
(著)沙野風結子
(画)奈良千春
プランタン出版 (2006/06)
※この虫シリーズは奈良さん絵が鬼気あふれていて美しい。

夏目イサク『どうしようもないけれど 1』
(著)夏目イサク
新書館(2007/2/28)
※テンポ感が良く、ざっくばらんな男気に眩んでしまう♪

鈴木ツタ『この世異聞』
(著)鈴木ツタ
リブレ出版(2006/11/10)
※気怠くも妙な色気がある。

扇ゆずは『スタアな恋』
(著)扇ゆずは
マガジン・マガジン(2004/6/30)
※ベタ惚れ天然アホアホというギャップぶりに激しく吹いた。

小泉吉宏『ブッタとシッタカブッタ 1』
こたえはボクにある(新装版)

(著)小泉吉宏
メディアファクトリー(2003/05)

リサクレイパス『憎しみもなにもかも』
(著)リサ・クレイパス
(訳)平林祥
原書房(2007/12/10)

コニーメイスン『愛と復讐の黒騎士』
(著)コニー・メイスン
(訳)藤沢ゆき
扶桑社(2008/01)

三浦しをん『夢のような幸福』
(著)三浦しをん
新潮社(2008/02)
※某バンドファンの方で、そのくだりを探すのは楽しかった。後は斜め読み(苦笑)


覚えている限り書いてみたが……こうして見るとなんか少ないな……もっと読んだはずだが?
まあ、いいや。
良作は、佳作や駄作より極少なのが一般的だもんな。
私も買っては失敗した本もたくさんあったし、すぐ古本に売ったね。


今年のベスト予想。
漫画部門には『鋼の錬金術師』が入ると思う。
ただし、無事最終巻が発売されたらね。
また、水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』の続編『俎上の鯉は二度跳ねる』が今携帯で配信中。
私は購読していないが、もし今年中にコミックス発売されるなら、絶対ベスト入り!


音楽部門、早速良さそうなのをめっけ!
月末頃に紹介予定。


小説部門、年始早々巡り会えちゃった♪

今後もどんな出会いがあるのか、楽しみ(ハァト)
2009.01.13 Tuesday 21:23 | - | - | 
<< 自分の作品がもし漫画化するとしたらぜひお願いしたい理想の漫画家(敬称略) | main | 乙一さんと宿命大殺界 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache