<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

お馬鹿ミーハー暴走爆走

以下、壊れまくりのアイタタ自己満。につき、閲覧ご遠慮を。スルーでよろしく!
読まない方が身のため注意

ゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!ぎゃっ!何それっ?ぎゃあああああああああああああああああああああああっ!(興奮×増臨××超壊)


大好きな奈良さんの、近日発売される小説の表紙画像がAmazonでUPされていたのさ。
愛炎の檻『愛炎の檻』
(著)バーバラ片桐
(画)奈良千春
竹書房(2008/7/25)

ちょっ。
ちょっ。
ちょっと!
いや、ちょっとどころじゃない!
いいんかい?その表紙!

禁断ぶっちぎり。
背徳感MAX!
本屋店頭レジに持っていくのがためらうほど……はっ!変装して買えばいいんだ!(爆)


さすが!奈良さんっ!
ど、どどど、ど〜〜やって、そんな色気むんむん素敵な絵に仕上がるのか……。

↓先日発売の最新作を、覆すほどのセクシャリティー。
月夜ばかり『月夜ばかりじゃないぜ』
(著)岩本薫
(画)奈良千春
幻冬舎コミックス(2008/7/15)

ギャップが激しすぎる……(衝撃)

すっげぇ……きらきら神懸かりきらきらだよ……(昇天)


とどまることを知らない、稀有な才能。
『芸術は爆発だ』
岡本太郎さんの名言がピッタリすぎるほど。

常に先を行く彼女。
ファンの方は戸惑いながら、昔を懐かしみながら、それでもきっと……ついていくんだろうなあ。
怖いもの見たさに。

彼女の絵には人を食らいつくほど、目を奪い心を掴んで離さないほどの魔力・独創性がある。

たとえ今の絵が過渡期だろうと、私は大好き。
だって、奈良さんだから。
彼女だからこそ、その過程すら愛おしい。信じている。
ファンとは、そういう在り方であるべきだと、私は思う。


なんかね、奥田英朗さんの本を思い出した。
作者と読者との関係を示した文章があって、「上手いこと言うな〜」と自分にも覚えがあっただけに共感。
泳いで帰れ『泳いで帰れ』
(著)奥田英朗
光文社
(2008/7/10)

ああ、イラスト集を出して欲スィ〜1万円出しても惜しくない!

次の新作発売が楽しみだ(≧Д≦)ハート
2008.07.10 Thursday 21:23 | - | - | 
<< 連続アイタタ炸裂 | main | 誕生日占い >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache