<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

映画『砂時計』&椿山

映画を観に行ってきた。
せっかくもらったチケットを無駄にしないために。
芦原妃名子『砂時計』小学館フラワーコミックスの実写化。
But!!
つまらなかった……

砂時計(映画『砂時計』スタンダード・エディション[DVD]
(出演)松下奈緒,夏帆
(監督)佐藤信介
TCエンタテインメント(2008/11/07)

砂時計『砂時計 1』
(著)芦原妃名子
小学館
(2003/8/23)

「原作を知っているだけに、期待した分落胆が大きかった」訳でもない。
別に原作を知らなくても駄目だったと思うよ。

確かに、風景画は美しかった。
ただ15年間におよぶ壮大なストーリーを、たったの2時間で圧縮させるのにあの展開では無理がありすぎた。
早送りな少年少女時代、成人してからも駆け足すぎてあっけない。
……特に母親の自殺は訳わからんかった。
重要ネタを詰め込みすぎて、どれも唐突すぎた。
「なんだ、これ?」と思ったね。
もし原作を知らなかったら、何が何だかわからずにムカついたかもな〜。
ごめん。私には合わなかった。
でも、Amazonレビューは好評価なの。う〜〜ん。


『嫌われ松子の一生』の方がもっと面白かったよ。
原作が好きだっただけに、失望感も大きい。残念。


帰りに本屋へ寄って、前から興味があった『椿山の鐘が鳴る!』が1日早く出ていたけ〜お買い上げ。
同時発売されていた新篠まゆ『愛俺』はスルー。
もう無理に義理で買う必要はないからね。
これからは面白いものだけ買う。

椿山の鐘が鳴る『椿山の鐘が鳴る!1』
(著)氷見涼二
角川グループパブリッシング
(2008/5/26)

それにしても今、男子校・女子校だの、私立だの、全寮制だの……学園物が流行りなのかな?
まずいな。
私が温めているネタとかぶってんやん!
2008.05.25 Sunday 21:23 | - | - | 
<< 当たりツキまくり | main | 天厄殺の災難 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache