<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

良き音楽を求めて巡回する日々

夜更かし絶賛更新中なのに、ブログる暇もないのは理由がある。
(1)時たま残業。
(2)本来、昼寝やうたた寝の習慣がない私。慣れない仕事で疲れているのか、帰宅後は睡魔と限界ギリギリまで戦うため、何をするにも効率が悪い。潔く破れ夢の世界へ逝けばいいのに、無駄にあがくけ〜余計疲れるんだよな〜。言っておくが、私は「年のせい」にする気はないからな!!
(3)ネット・プチ内職に時間を多く割いてしまっている。1日1円行くか行かないかのみみっちぃ作業で、電気代や自分の睡眠時間を考えると割に合わんけ〜、ただいま絞り込んでいるところ。しかし、キリのいい単位を逃しっぱなしで、なかなか辞められない。あああああああっ!!!


さて、本題に入ろう。


2010年、年始にこんな記事を書いた。
『尾崎豊とガリレオガリレイ』
去年で某バンドのファンを辞めて以来、久々に良いバンド・音楽に出会えたかと思った。
ガリレオガリレイの『夏空』で、全身を突き抜ける爽快感に、暗く澱んでいた心まで洗われた気がした。
あの歌声はマジ良い!
だから、シングル発売されたのは本当に、素直に嬉しい。

夏空『夏空』
Galileo Galilei
(2010/6/9)
(歌詞)

【通常バージョン】


【おおきく振りかぶってバージョン】



ただし『ハマナスの花』は期待外れだったが。
ガリレイ本人には大変申し訳ないが、思っていたよりも単調だった。
詞はまあまあ、曲も歌声も……全曲を通して聴いてみるとね。
確かに彼らはまだ未知数、今後化けてくるかもしれない。
しかし「ポスト尾崎豊」と呼ぶには、あまりにも誇張すぎやしないか?
尾崎豊の歌には痛みがあった。魂ごと吐き出す痛みが。
それに比べると……何なんだろうな、薄っぺらく感じた。
ホンマ残念だが。

ハマナスの花2『ハマナスの花』
Galileo Galilei
(2010/2/24)
※『夏空』未収録


それ以来、いろんなアーティストの音楽を聴いてきたよ。
幸い、ネット・プチ内職の1つに『動画検索でポイントGET』があったけ〜片手間に聴きまくったよ。
絢香『三日月』、歌詞は良いが歌声はイマイチ。歌詞で救われているのか、曲もあまりぱっとしない。
コブクロや浜崎あゆみも含めメジャーな曲は一通り聴いたが、私の好みには合わなかった。
今話題の植村花菜『トイレの神様』は、癒しの歌声らしく悪くはないが、声の抑揚がなく聴いているだけで眠くなる。
しかも!1曲で10分やで!?……マジ退屈してさ、気が緩んだ瞬間に意識を奪われ夢の世界へ。嗚呼。
奥華子も同様。
やっぱ私、メリハリのない歌声や曲は苦手だわ。


まあ、とりあえず。
色々あれど、本気で良かったアーティスト&曲をいくつか紹介しよう。


Early Morning【かみさまでもえらべない。】

※激しく共感!!今の自分と重なる部分がありすぎありすぎ。ただ、積極的な販売戦略をしなかったせいか、地方まであまり知られていない名曲。

Early Morning『かみさまでもえらべない。』
Early Morning
(2009/9/22)
(歌詞)


flumpool【残像】

※こういう愛が歌える男は、心までイイ男かも。ちょっとミスチルっぽく感じたが。

flumpool『残像』
flumpool
(2010/2/3)
(歌詞)


lecca【For You】

※懐かしい感情、これこそが愛。leccaさん、喫煙者? 他の数曲も聴いたが、発音の不明瞭さ(滑舌の悪さ?)が目立った。もし煙草をやめたら、もっと良くなるかと思う。

lecca『For You』
lecca
(2009/3/4)
(歌詞)


水樹奈々【MASSIVE WONDERS】

※クセのある歌声が気にならないほど、彼女は本当に良い曲に恵まれている。まだ数曲を聴いただけだが、中でも一番好きな曲。

水樹奈々2『GREAT ACTIVITY』
水樹奈々
(2007/11/14)
(歌詞)


水樹奈々【深愛】

※歌声はまあまあだが、イントロの強烈さに、鼓膜から射抜かれた。

水樹奈々1『ULTIMATE DIAMOND』
水樹奈々
(2009/6/3)
(歌詞)
2010.07.13 Tuesday 21:23 | - | - | 
<< アクの強い火星人(敬称略) | main | 薪能 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache