<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

ピクピクン☆漫画☆読んでみた

一昨日広島へ行ってきたが、その帰りの電車の中で小説を読んでいると、途中乗車してきた高校男子(または男子高生?)が空いている私の右隣に座ってきた。
そんで、薮から棒に「やあ!」と満面な笑みで、私の顔を覗き込んできたんよ。
「何なんだろう……」
いきなり見知らぬ男子にジロジロ顔を見られても反応に困るだけだから、とりあえずスルー。
すると、別段気にしていなかったのか、その男子は同じく乗車してきた友達ン所へ戻っていったよ。やれやれ。
こんなおばちゃんの顔を見ても目が腐るだけだし、何のトクにもならんじゃろ〜が。変な奴。
―――ああん?
その男子カッコ良かったか、って?
フツメンだよフツメン。
部活帰りの青春☆って感じの、小麦肌にしなやかな肢体のカワイイ男子。


最近さあ、……というか去年からなんだけど、外出先でたまに見知らぬ小中学くらいの男子に「おはようございます」「こんにちは」と挨拶されるんよ何故か。
「ん?自分じゃなかろ〜他の誰かに声かけたんかな?」と周りを見てみたら、私以外誰もおらんくてな。
何なんだろうね、これ。
今回は高校男子か……ってか何で私、女子には声かけられんのんじゃ??
おかしいやんか、ったく。
むしろ!私と釣り合うほどの歳相応な独男に声かけられたいよ!!
……まあ、ええわ。


さて、と。


この3月にピクピクンというエロ漫画家の存在にハマって以来、「二次元さえも霞むほどの、あのイケメンが一体どんな漫画を描いているのだろう?」と、無性に気になって気になってさ。
Amazonでのピクピクン本の一覧とにらめっこしては、「どうしようかな?読む価値あんのかな?」と無駄に迷っては、踏ん切りの付かない日々(笑)


そこへ!
ピクピクンが、自分のことを『ヌケないエロ漫画家』とブログ上で自虐気味&自己卑下な表現していたのが決め手となってね。
その流れのまま衝動的に、Amazonでポチっ注文してしもーた。


「どんだけヌケないんだ?」と、一度自分の目でワクテカ☆見極めてやろうかと思ってな。(←ヒドい☆不純な動機)
あんだけブログで変態成分ただ漏れなのに、漫画ではそれが発揮されてなきゃおかしいじゃろ?
な?


まずは1冊目。
ピクピクン漫画『膣内でオシッコ』
(著)ピクピクン
松文館
(2008/4/10)
※デビュー後4冊目で、一番最近の単行本


あ〜〜なるほど……ね。


………微妙?


いやね、画力はある。上手いという部類に入るほど。
エロも十分に激しい。1話のほぼ全部を占めるほど。
全力全開で描いた!!という気合は漫画から十分に伝わっているが、……なんつぅ〜かね?
細かいことにこだわりすぎて、逆にせっかくの色気を打ち消してしまっている。
もったいないわ。
あと『断面図』もやたらに多いし。
ざっくばらんに例えると、エロゲーの停止画をコマ送りしたような硬質さが圧倒的で、このレベルじゃ簡単に『ヌケない』『ヌレない』わな。(←ヒドい言われよう……ゴメン)


まあ、でもね。
ピクピクンが描く『女子』は、愛情という萌えを詰めに詰め込んでいるのか、顔は極上に可愛い。
むしろ、美しいと思う。
ただ痩せぎすばかりで、私好みじゃない(例えピクピクン好みの女子だとしても)。
ロリコンすぎて、かえって痛々しい。
『男子』は逆に老け顔すぎて萎える。
まあ、気持ちはわかるんだけどな。
ピクピクンにとっての神漫画が『北斗の拳』だからか……その影響がありまくりで、無駄に描きすぎちゃってんのよ。


それにしても。
ピクピクンって……思ったより経験人数が少なさそうだな
片手も有るか無いか……?(←失礼を上回る無礼さ)
発想というか思考というか、それに基づく行動原理の沸点が低すぎてな。
あとね、ストーリーの何編かからそこはかとない『純情』っぽさが漂ってくるんよ。


ほんま、ブログキャラとのギャップ感が見え隠れ。
(後日、ピクピクン☆ブログで「好きな人としかやらない」っぽいこと言っていたが、あれ本当なんかね?単に惚れっぽいだけ?)


とりあえず。
リアル書店で買うこと自体が恥辱的なタイトル『膣内でオシッコ』という単行本で、特に面白かった短編は―――。


①シッコでビンビンしっこしこ☆
 この漫画での描き方は絶賛☆女子ウケすること間違いなし!!私好みストライク(ハァト)
 男子がまず、老け顔じゃない!!これは大きい!めっちゃ大きいよ〜〜!!
 この調子でどんどん漫画を描いてほしいっ!!

②浮世
 これ、普通にリアルにありそうでわかるわ。
 金のためにやっちゃう、許しちゃう……オツムの弱い女子が内心葛藤しながらも、狡猾な親父による籠絡で、越えてはならぬ所へ堕落していく様が丁寧に描かれていてね、本気で「上手いな〜〜」と感心してしまったよ。
 馬鹿だよな〜彼氏のためとは言え、そんなことをやっても彼氏は喜ばんよ。
 悪い彼氏に引っかかった訳でもない、普通に恋愛しているだけならば、体を張ってまでやることじゃないのに。
 逆に彼氏が真相を知ってしまった時点で、彼女に幻滅する。すべてを許してまで付き合えるほど、年頃の男子はそんな寛容にできていないからな。

③album「music」No.13
 タイトル自体が意味不明だが、とにかく絵が繊細で芸術的。目を見張るほど。
 ストーリー自体はバラバラだったピースを繋ぎ合わせるような流れで……ちょっと無茶すぎて納得できんが……まあ、歪んだ純愛だよな。
 この繊細な絵レベルならば、ライトノベルでの挿絵としても十分に通用する。
 ぜひラノベ絵師への新規開拓をオススメするよ、私は。
 運が良ければ、アニメ化とか絵画集出版とかの可能性もあり得るからね。


続いて、2冊目。
ピクピクン漫画『中出し処女神話』
(著)ピクピクン
松文館(2004/4/27)
※デビュー後3冊目


これは……ただのエロしかないような……ストーリーは有っても無いような、ヒドく中途半端な漫画だな……。
一話目『神ノ謳ウヲ聞ク』はまだマシだったが。
発想はいいんだけど、タイトルとオチが微妙すぎて深みがない。もったいない。
ピクピクン自身が勝手に盛り上がっては勝手に自己満足&自己完結しているようで、読者としては置いてけぼりな気分。
あと、S○Xも下手。
あまりにも直情的&短絡的すぎて、いきなり♂コ♂レ♂だからな〜〜「ただ突っ込めばいいってもんじゃねぇぞ!!」と怒鳴りたくなるほど「底辺AVか?」と思ったよマジで。
私が知っている人気エロ漫画というのは、視覚的嗅覚的な興奮からむしゃぶりついてはヤルって流れが多いんよ。
それなのに、ピクピクンのは『むしゃぶりつく』という前戯(過程)すらすっ飛ばしての♂コ♂レ♂展開だからな〜もう少し情感を演出してほしいわ。
一応前戯みたいな愛撫シーンは1編あったけど、読むだけでもかったるいような流れ。
そう思うと、一番最近の単行本である『膣内でオシッコ』の方が中身のある内容で、はっきりとした上達の程が伺える。


ただ救いは、巻末のピクピクン本人による『あとがき』!!
特に『四コマ漫画』では、めっちゃ楽しく笑わせてもろーたわ(爆)
ああ、2004年当時のピクピクンは髪が短かったんだね。ショートで栗毛だったんだね。いつから長髪で金髪になったんだろう……。
ブログのどっかでは「18歳から金髪」とほざいていたが、はてさて、真相はいかに?


他にも『Handyコミック』にてケータイコミック配信中の『ティヤの桃膜』や『S級処女ドックン100連発』という連載がある。
(しっかし、毎回毎回すっげぇタイトルだよなあ……完璧にタイトルでエロ信者を釣ろうとしてねえか?)
私は『S級処女ドックン100連発』の絵の方が好み。
何故なら兄やん男子が老け顔していないッ!!←コレ大事ッ!!
あまり描き込んでいないし、サクサクとストーリーが進んでいるから面白い。
But!!
漫画のエロさ面白さの真価は、単行本になってこそ発揮されると私は思うから、今ここでの評価は控えるよ。


―――ちょっと気になること。
『ティヤの桃膜』ヒロインを一目見た瞬間、過去に着エロブームで圧倒的に人気だったロシア人の『ユリア』を、何となく思い出してしまったわ。
(そうそう、ピクピクンの大好きな『北斗の拳』ヒロインもユリアだったなあ……この閃きは偶然?)
確か当時のユリアは『ロシアの妖精』って呼ばれていたし……まさに、ピクピクン好みの『妖精』系女子(笑)
久々にAmazonでユリアを再確認してみたが、あれっ?似ているようであまり似ていないような……?

ユリア『西欧ブロンド着エロ倶楽部 ユリア 18才』
[DVD]
2009年
※DVD1作目


まあ、ともあれ。
ピクピクンの漫画は総合的に見て、焦らずに信じれば伸びる成長株かな。
漫画はどっちかと言えば、ファンタジー系より現代的な話の方が向いている。
もし、ピクピクンがラノベ絵師としても兼務することに抵抗が無ければ、ファンタジー系はラノベ挿絵で最大限に発揮すればいい。細かいトコロまで描くのが嫌でもないみたいだからね。
ついでに、ラノベ挿絵のことで打診する場合はどこの出版社でも良いが、エロを描きたければジュブナイルポルノ系も取り扱っている『フランス書院(プランタン出版)』がピクピクン向きだと思う。
男向けに『美少女文庫』、女向けに『ティアラ文庫』があるけ〜な。


最後に。
ピクピクンが今後も漫画家を続けたいのであれば、できるだけ『漫画家』という軸がブレないようにマルチ活動をしてほしいな。
そもそも、東方Vocalもイケメンさもすべて、ピクピクンが『漫画家』であるが故に注目されたんでしょ?
ただのイケメンなんて、なんぼでもいるんだから。
やれ「ニコ生やってみようかな」、やれ「アレやってみようかな」とか……どんどん本業である漫画家から遠くブレまくりのピクピクンの好奇心に「大丈夫なんかな?」と心配してしまうわ。マジで。


私なりの意見を言わせてもらうと―――。


①東方Vocal・コスプレ・CD発売・PV&動画制作はOK。
 コミケとか同人とかで、漫画との繋がりがあるからね。何より自分の漫画の相乗宣伝にもなる。

②ライブをやる→OK。
 せっかくCDを出させてもらっている以上、ライブはぜひやった方が良い。
 引きこもりのピクピクンにとっても、良い経験にもなるだろうし。

③TV番組に出る→OK。
 自分の漫画やCDの宣伝にもなるし、その他色々なチャンスを掴むのに良いキッカケだと思う。「今のまま、パラサイトシングルのままで良い」とピクピクンが言うなら、話は別だが。

④ニコ生→反対。
 私Macだからね〜ニコ生を見れない環境にあるってのもあるけど、やはり一番のホンネは「漫画家とは関係ないトコロへ行っちゃってど〜すんの?戻ってこーーーいっ!!」に尽きるな(笑)
 時間も無駄に浪費するらしいから、ニコ生廃人になる前に思いとどまってほしい。

⑤米農家&消防活動→仕事に支障がない程度ならOK。
 ただひたすら漫画漬けの日々よりはマシ。気分転換にもなるし、体を動かすことも大事だからね、良いと思うよ。


―――とゆう訳で。
何かボロカス&ボロクソ言った気もないでもないが、一応ひねくれ者な私流の『飴と鞭』だと理解してもらえたら幸い。
(断っておくが、今回のピクピクンに限らず、昔ファンだった某バンドにも他の方にも似たような洗礼をぶっかけてきたから安心して)


でわでわ。
今後の活躍飛躍に期待しているからね、ピクピクン☆
私は陰ながら応援するよ。


【ピクピクン記事参照リンク】
このまま他界してしまいたいほどの最厄日に、ピピッとハマってしもーたピクピクン☆ 
ピクピクン☆分析
ファッションコーディネイト(&ちょっぴり☆ピクピクン)
ピクピクン☆口コミ布教失敗
ピクピクン☆東方CD☆聴いてみた
ピクピクンvs樽美酒研二〜残念なイケメン☆トンデモ変態対決〜
2011年☆Best5☆
2011.06.28 Tuesday 21:23 | - | - | 
<< また1つ断捨離ってきた&CHELsEA BAGELの美味さに感動☆ | main | ただのぼやきスルー >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache