<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

東京紀行記

※あまりグルメ話らしくない雑記感の強い記事につき、興味のない方はスルーでよろしく。



先日、会社の盆休を利用して母と東京へ行った。
亡くなった伯父に線香を上げるためだが、なにせ連れが手のかかる母だから、マジでテンション低迷していたのよ私。
行く前日から緊張で腹を下していたし……(苦笑)
あぁあぅわああああ〜〜〜憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ憂鬱だ、なんで私がクソ面倒くさいことを……。
ブツブツ落ち込んでいたが、いつまでも後ろ向きな考えを続けると、それだけ悪いことも引き寄せてしまう。
だから止めよう、明るく開き直ろうと頑張って自分を鼓舞してさ。
……実際東京でアクシデントが起こると困るのは、母ではなく私だからな!


さて、と。
夜行バスに乗って東京へ行った訳だが、やはり老体な母にとってはキツかったらしい。
可哀相と思ったがあえて無視して、「油っぽいの嫌い!肉食わせる気か!ハンバーガーマズい!」好き嫌いの激しい母を問答無用でマクドへ連行の末、ホットケーキセットを注文。
「食ったこともねえくせに食わず嫌いすんな、馬鹿たれが!」とトレイを差し出したら、大人しく食する母。
ホットケーキの味は「喉が渇く」と言った割に完食したから、普通に美味しかったんだろうね。ハッシュポテトも同様。
また『野菜生活』のパックジュースを「美味しい。どこで売ってんの?」とマヌケに聞いてきやがった。
私が毎朝飲んでいる『充実野菜』とそう変わらんことを、勝手に「マズい飲み物」と称した飲まず嫌いの母は気づかないらしい……ったく。
あっ、私は普通にマックドリルセットを食べたよ。失敗した、甘いヤツだ……エッグマフィンにすりゃ良かったな〜↓


その後は宿泊先のホテルに荷物を預けてから、ゴディバのアイスクリームを手土産に八王子へ。
伯父の息子である従弟1が迎えに来ることになっているが、なにせ会うのが約25年ぶりじゃけ〜顔も覚えてない。
どんな顔してんやろ……伯父とはたまに会っていたから顔はわかるが、それと似た感じかなあ?
実際会ってみての感想はもう「初めて会う人!」(笑)
でも彼だけでなくその他家族も気さくだったおかげで、この日は和気藹々と楽しく過ごせてホッとした。
伯父への線香も無事に上げることができたし。
それに、24歳の従弟2とやっと!初めて会えたし……東京と広島、お互い貧乏家族でなかなか一斉に会えんかったからな〜。
柔和な兄である従弟1と違い、従弟2はいかつい顔立ちだが、2人ともなかなかイケメンだったよ。
それに従弟1な、知らんうちに姉さん女房をもらった上に、今年の秋に第一子誕生予定だとよ。
おお、おめでとう!
私より1コ下のその嫁さんね、私の方が年上だと知ると本当にビックリ仰天してさ「本当に紫煌さんの方が年上なの!?うっそぉおおおおお〜〜〜私より年下だと思ってましたよ〜!!本当に若いっ!まだ二十代に見えるっ!!」と。
すると、従弟2が「えっ!?……あ、あの、紫煌さんって何歳なんですか?」と。
普通に答えると「えっ?ええ〜〜!??ほ、本当ですか??俺と同じか、歳が近いかと思ってました……」と口をあんぐり。本気でぶったまげとった(爆)
従弟1は私とは小さい頃会ったことあるから自分より年上だと知っているけど、従弟2は今回初めて会ったから年齢のことをあまり意識していなかったんだろうね。
ちなみに、私ら姉弟も含め従兄弟は全員で8人いてね、「紫煌ちゃんが最年長で、おじいちゃんおばあちゃんにとっては初孫」と従兄弟の母親が笑いながら言うと、従弟2は「はあ……本当に、俺より年上なんだ……」とさらなる愕然(笑笑)


いや〜おもろいわ〜〜私どんだけサバ読めるんだろうね?
よく「若く見える」と言われるが、自分ではあまり実感していないわ。
特にスキンケアも美顔エステもプチ整形もしていないから、……多分内面と精神的な問題じゃない?わかんないけど。
でも嬉しいよね、女として。
一応目の下のクマとかシミとか毛穴とかほうれい線が気になるところだけど、最近あるエステシャン曰く「お客さまが思っているほど目立っていませんよ。非常に若くていらっしゃる」と。
よしっ!
こうなったら40代になっても50代になっても、いつまでも見た目も若くて可愛い女でいよう♪♪


あとは結婚だけか……(´・ω・`)
贅沢は言わんが、相互成長ができる相手がいいな。
しかしこの頃、姉さん女房をもつ男性が増えてきたなあ……「年上の女房は金(かね)の草鞋を履いてでも探せ」「姉女房は身代の薬」という言葉を昔からよく聞いていたが。
こうして色々なカップルを目の当たりにしてみると、泰然自若な年上女房の側にいる旦那ってなんか……やんちゃしてて可愛いわ。
私は年下の男と言えば経験上『キレやすくてワガママ』という悪印象でしかなかったが、視野を広げてみると案外と良いモンかもね。


寿司とか色々ご馳走になったが、私今回で初めてウニを食べたんよ。
あんま美味しくないな。チョット苦みが入っててさ、とろりとした甘さを想像していた私には残念な味覚。
ただな、従弟1は玉子、従弟2はマグロ以外はまったく食べないという贅沢な味覚の持ち主で困った困った(爆)
しかも従兄弟の母親は食が細い上に、嫁さんは妊娠中であまり食べれないと来た。
うちの母は募る話に夢中で、食事は疎かになりがち。
仕方がなく私が寿司桶の大半をいただく羽目に……まあ、いいんだけどさ!ホタテもイクラもサーモンもエビも美味しかったし!……数の子はイマイチだったが。
もちろん嫌いなタコとイカと穴子は母にあげたさ(笑)


ところでな。
従弟1から「紫煌さんモテるでしょ?弟さんから聞きましたよ、よくナンパされるって」と言われたんよ。
はあ!?
な、ななな、何言ってんの??

「数え切れないほどのナンパ逸話があるとのことで、どんな顔しているのかな〜とずっと気になっていたけど今日お会いして納得できました」
……あんにゃろ!弟めっ!
ベラベラ余計なこと喋るな!っつぅーーーに!!

「うんうん、私もどんなナンパがあったのか聞きたいわ〜」という従弟1嫁さんのリクエストに、仕方なく応えてあげたところ思い出したことがある。
前記事で紹介した↓このTシャツとGパン姿で、池袋でナンパされたことあったあったわ!
龍Tシャツ
今の私にゃ「龍TシャツはイマドキDNQかな?」と思ったが、それなりに魅力を感じる人はいるんだね(笑)
いやね、池袋って『ナムコ・ナンジャタウン』があるじゃんか。
そこの2Fに『餃子スタジアム』『アイスクリーム共和国』とかがあって、私東京へ行くたびに時間があればそこへ行くのが楽しみで楽しみで……そんなある日にナンパされたんよ。

男「ねえ君、ひとりぃ〜〜?」
私「……………(ナンパかよ、ウザイなぁ)」
男「どこへ行くの?俺も一緒に行くよ」
私「……えっ?……駄目」
男「駄目じゃないよ。君っていくつ?」
私「(イラッ)……………」
男「大学生?」
私「………いや(ウゼェなあこいつ……さっさと消えてくれんかの)」
男「じゃあ20?」
私「いや」
男「21?」
私「いや」
男「22?」
私「いや」
男「え〜〜!?本当のところ、いくつ?23?」
私「(しつこいな〜ウゼェ)………30代」
男「えっ!?(高速なほど後ずさり)マジで!??」
私「……マジだよ(何その反応は……?)」
男「うわぁああ〜……っ、ホントすいませんでしたっ!!」(脱兎の如く退散)
私「……………?(何なんなの?失礼なヤツだな〜)」

勝手に馴れ馴れしかったヤツが急に態度を変えて逃げて行ったからな、身代わりの早さに脳内ハテナの渦。
もしかして私が『30代』なのがいけんかったのか?
へぇ〜今後のナンパ撃退に使えそうだな。20代がOKで、30代がNGか……よしよしっ♪
と新しいスキルを得たことにひとまずご満悦だったが、その後『「30代です」撃退術』による戦果は芳しくなかったよ。年齢をあまり気にしない男もいたからさ。
―――まあ、それほど昔じゃない話。


そんなこんなで楽しく辞した後は、新宿でホテル一泊。
ツインで極楽、トイレ&浴室は広くて悠々。
いつもだったら、セミタブル1つを母と2人で寝ていたからな〜じゃらんnetってツインの取扱いが少ないもん。
良かった良かった。


2日目は東京観光。
「東京で一番行きたいところを中心に連れて行ってやるから、希望を述べよ」とリクエストを要求したら、真っ先に母の口から出たのは「銀座」。
銀座かあ……そこから近いのは……やっぱ浅草だよなあ。上野は母の柄ってじゃないかんな〜。
私は池袋へ行きたかったけどな、母が肉嫌いだからナンジャタウンなんてもってのほか。
とりあえず東京初の母の好みに合う観光ルートを思い描きながら、ホテルで路線図のチェック。
あいにくと観光ガイドの本を買っていないからな、まあ、東京には何回も来たことあるから何とかなるじゃろ〜と。
東京メトロの一日乗り放題乗車券を買って、丸ノ内線で赤坂見附→銀座線で浅草へ行ったよ。
この日は日射しも強く、とにかく暑くてね!人混みの多さも相まって不快指数上昇↑↑
普通に仲見世を歩いていたが、母のよそ見で迷子になること多数。
「人混みで大変だがら、気になる店や物があったらまず私を呼んで!」と言っても、一度よそ見すると夢中で忘れてしまうんだなあ母は。しよ〜がないけどさ。
昼飯は浅草『ひょうたん』という店で、母が初めて食べるというもんじゃ焼き。
辛いのが好きな私はマーボー豆腐もんじゃ、和食党の母は梅ジソもんじゃ。

↓手前が私の、奥が母の。汚い画像でゴメンね。
もんじゃ焼き


その後は浅草寺のお参り。
おみくじを引けば吉という結果に気分が上向きになりつつ、帰りに『浅草よ兵衛』にて『ふわふわ雪氷(抹茶)』を食べた。
ワンコイン500円でお手頃な上に、やわらかで食べた瞬間ほろほろと解ける食感がうまーっ♪
カップ底の白玉とあずきの優しい味わいも好き。

抹茶かき氷


そして銀座へ向かうべく、まずは新橋駅で降りる。
母がDr.コパが好きなんで、本店のある銀座8丁目へ。

Dr.コパ母

まさかDr.コパ店があること自体思っていなかった母は驚きながらも感激、記念写真にいそいそとレンズの向こうへ無事収まってくれたよ。
そこで買物をした帰り際に、Dr.コパ銀座本店独特なのか知らんが、購入特典としての変わったお祓いを済ませる。


それからは銀座ぶらり散策。


松坂屋デパートへ寄ると、素敵な服を発見。
試着後即買いの私に「もう買うの!?早っ!!」と驚く母。
なにせ金額が金額だから……広島←→東京の往復新幹線代2名相当分だからな。
いや、面倒くさいじゃん。
基本が一目惚れ買いだし、時間ももったいないし、一度チャンスを逃すと二度目は無いと言うからな〜。
まあ、昔からブティックショップの店員さんも驚くほどの早さで買物するんだよ私(爆)
母曰く「あんた、安物の服は似合わないから良かったわ〜」と最終的には喜んでいたが……うん、ハッキリ言って私に安物は似合わん。似合わないが、仕事の関係でやむを得ないの!高くつく女だな〜。

銀座で買った服

ズボンはボンタンっぽいの。
この一式に黒リボンタイとジャラジャラアクセをして、今度のゴールデンボンバー大阪ライブに着て行く予定。
福岡は整理番号がいい上に、もみくちゃにされる可能性大だからね、高い服はもったいなくて着て行けん。


その後、喉が渇いたとのことで地下へ寄って母はマンゴージュース、私はヤシの実のココナッツジュースを買った。
は・じ・め・てのヤシの実♪♪
どんな味がするかな?美味しいかな?
ワクワクしながら飲んでみると…………


激マズっ!!

ココナッツ

なんだそらっ!??
ココナッツと言うには何とも形容しがたい味が口の中で広がっては、ぬめぬめ感が後引くほどの生臭さ。
それでも我慢して一気に完飲しようかと頑張ったが、意外とヤシの実の中身は結構な水量があるらしく、ちゅ〜ちゅ〜していくうちに気分悪化。
ゴメン、半分ほどでギブアップ。
あ〜頭が痛い……もう二度と飲まんぞ!!


地上1Fへ戻り、松坂屋を出る前に『ねんりん家』に寄ってはバームクーヘンをお土産に買う。
『マウントバームしっかり芽』のショコラとマンゴー、『ストレートバーム』のオレンジフォンダンがけを無事にGET!!
これ、めっちゃ美味しいんだよね〜嬉し嬉しっ♪♪

↓オレンジフォンダンがけ(食べかけでゴメン)
ねんりん家オレンジ


夜行バスの時間までまだ余っていたけ〜、渋谷へも寄ることにした。
「渋谷って何があるの〜?」と言う母に、「ハチ公、109」と短く返事。
「記念写真撮るか?」と聞けば、「撮る!撮る!」とすっかりお上りさん状態(笑)
ハチ公サブレを買いたかったんだけどね〜直接『仁科屋』へ行くには遠すぎたから、渋谷駅前ビルで買おうと思ったが、どこにあるのかわからんかった……あーん、くそっ!
もう時間もないことだし、泣く泣く諦めて新宿へ戻っては晩飯食って、暇をつぶしている余裕もなく無事夜行バスに乗って地元へ帰ったとさ。


ああっ!!『ごまたまご』買ってくるのを忘れたっ!!
くそぉおおおおお〜〜大好物なのに〜〜〜(涙涙)


終わり。


さっさと書けば良かったものを、またもや私の長文体質が禍いしてダラダラ書いてしまったぜ。
ま、いっか。
小説を書くための練習だと思えば、冗長な文章も悪くないかなあ……?


最後に。
母に東京の感想を聞くと、「夜行バスは嫌だけど、見どころ行きどころ沢山でさすが都会だなあ。でも、のんびりできる地元の方が良い。たまに遊びに行く程度なら楽しいところ」だってさ。
私が初めての東京で感じた第一印象は「グレーの街だな」と。
まあ、母のお守りが無事遂行できて良かった!!
今度は1人で行きたいな。
2011.08.15 Monday 21:23 | - | - | 
<< 2011盆休の予定 | main | ついに表面化した大殺界の反動〜水星人を語るvol.3〜 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache