<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

BL絵師・奈良千春を語ってみる〜BL話につき閲覧要注意〜

※この記事はBL(ボーイズラブ)話につき、苦手な方は即刻退出するが吉。また、画像が多いためPC閲覧を勧奨。画像をクリックするとAmazonへ強制ワープ(見るだけ無料)よろしこ。


去年末に書いた記事『2010年☆Best5☆』以来放ったらかしにしていた奈良千春さんの魅力と劣化について、遅まきながら語ってみよう。


初めて奈良さんを知ったのは、2007年4月。
あ、その前に私は当時、趣味でケータイ小説レベルな官能小説を書いていたのね。
その作品のうちの1つが、BL(ボーイズラブ)色が濃くてね……まあ、リアルでバイやらゲイカップルやらと知り合っては根掘り葉掘りと話を聞いたことあるけ〜ネタには困んなかったけど……ぶっちゃけ、濡れ場の表現に限界を感じてしまった。


それがキッカケ。
すべては小説執筆のため。
大苦手だったBLを、濡れ場勉強も兼ねて克服しようと思い切って!勇気を持って!……BL小説を買うことにしたのだ。


いやはやどうして……何の因果だが……ものの見事にハマっちゃったね。
運が良かったのか書店コーナーが良かったのか悪かったのか知らんが、寄った先で平台に並んで置いてあった小説の表紙に一目惚れ。
眼を奪われるような色彩と、私好みストライクな絵。
思わず手に取ってみたら、たまたまBLだったという奇遇(笑)



「上手いな〜誰が描いたんじゃろ?」と洩れなく挿絵家さんの名をしっかり確認。
『奈良千春』
しかし、残念なことにシリーズもの。
当時BL初心者の私には1冊買うだけでもお腹がいっぱいいっぱいな気持ちだったため、ずるずる未練を残しながらも振り切っては他のをお買い上げ。


後日、別の書店へ寄った先でまたもや、表紙だけで鮮やかに私の視界を奪った小説があった。
釣られるように手にすれば、先日見かけた小説と同じ挿絵家さん。
「また奈良さんか……」
内心まだまだBL苦手を克服できていないが、二度も一目惚れする機会はめったにないだけに運命を感じてしまったのね。
幸い私は大人買いができるほど懐に余裕があったため、奈良さん挿絵で刊行されている小説全冊をもう思い切って衝動買い。




小説を読むより挿絵の素晴らしさにウハウハ☆有頂天していくうちに、いつの間にか大苦手でもあり大難関でもあった男同士の交合さえも気にならなくなった。(←小説執筆の勉強そっちのけ)
当然ハマりたてのサガの如く、Amazonで奈良絵の小説をチェックしては書店巡り。
そして、絶版やチラシも含め無事コンプ制覇。
つまり、奈良絵のおかげでBL大嫌いが克服できたと言っても過言ではない!(笑)


それ以来、濡れ場がより直截的なBL漫画にも躊躇なく、徐々に手を広げては泥ハマり。
But!!
ゲイビデオはさすがに、根っからノーマル脳な私にはアクが強すぎて全身が受け付けない、激しい拒否反応の末に挫折したが;;
ゲイドラマも駄目。どことなくギザ寒く、見ているだけで馬鹿馬鹿しい。
結局、私にとってのBLは二次元で十分。
三次元はまあ……私の目の前で、裸の睦み合いさえしなければ大丈夫。
つまり、服を着たままキスなりとイチャイチャしていようと気にならない。むしろ興味津々(笑)
その場でハMEハメ展開にならなければ許容範囲。
ぶっちゃけ『肌色は禁止!』ってこと(爆)
元々同性愛には偏見も差別もしていない。
少子化に貢献している辺りは至極残念だが、むしろ「好きにすれば?」って気持ちが強い。
同性愛者はある意味『障害者』と同等なことを聞いたことあるんで……立場は違えど、私自身も聴覚障害者故に、周囲から奇異な態度を取られるつらさや苦しみは知っているからさ。
まあ『腐女子』にも『貴腐人』にも完全完璧にはなれない私だが、BLを読む楽しさ面白さは少しずつ習得できたのね。


私ね、『ちびまるこ』『クレヨンしんちゃん』『らき☆すた』『けいおん』など&CLAMP系統のアニメ絵がめっちゃ苦手なの。
デカイ目とか、子どもコドモな絵とか、三頭身以下とか、幼児体型とか……そう言った三次元にはあり得ないような絵を見ると……気分が萎える萎える。
とにかくもう、人間っぽくて大人っぽくて色っぽくてリアルに近い絵が好き。


↓2004年8月〜コンプ制覇した、垂涎☆レア物☆奈良チラシ。特に大漁だった愛媛・松山のBookoffには大感謝☆画像はわざとピントぼけ。
奈良千春4




奈良絵はまさに、私が長年探し求めてきた理想そのものでもあり、こう描きたいという憧れの絵でもあったの。
とにかく!カッコ良くて大人色っぽい!!
男らしい男、男子らしい男子……雰囲気も負けず劣らず、キャラすべてに色気がにじみ出て……見ているだけで興奮してしまう。


奈良さんの描く1枚の絵は、まるでドラマのよう。



奈良千春(月


それだけではない。
奈良さん、小説をきちんと読まれているのか知らんが、作者の意図を敏感に汲み上げ、全力全開で表現・描写された表紙や挿絵を見るたびに胸奥から身震いしてしまう。
小物も背景も構図さえも、隠されたメッセージ性として抜かりなく……壮大な芸術さながらに力作揃い。
一見してごちゃごちゃとしているかもしれないが、よくよく見ると緻密なほど渾身丁寧に描かれている。
人によって好き嫌いは分かれるかも知れないが、私は大好きだ。
奈良絵の新作が出るたびに、宝探しを楽しむかのように表紙や挿絵をじっくりと眺めてしまう。
何度も、何度も。
私が書く小説の挿絵にお願いしたいほど、突出した才能の素晴らしさに溜息をついてしまう。
何度も、何度も。


↓私は刺青否定派だが、奈良さんの描く刺青は妖艶で美しい。
奈良千春(獅1
奈良千春(獅2

↓ここ2年は劣化が激しく中の挿絵はイマイチだが、ラノベ系ではなかなかお目にかかれない神レベルな芸術的表紙。もし興味があれば『薔薇』シリーズオフィシャルサイトへGO☆
奈良千春(薔

↓メッセージ性の強い表紙。
奈良千春デコイ

↓私的に、奈良絵で圧倒的に最高傑作であり神表紙。
奈良千春(愛1

↓表紙はイマイチだが、中の挿絵が神画!陵辱的な色気で滾る滾る。


↓刺青最強の『虫』シリーズ。特に『蛇恋の禊』『赫蜥蜴の閨』の挿絵が鬼気迫るほど圧巻。最強にドラマチックで大興奮するほどの神画。

奈良千春(虫


But!!
そんな絶好調で向かうところ敵無しの最強絵師である奈良さんだったが、ある日を境に……ピークを過ぎちゃったのかな……劣化が始まってしまったのね。
あんなに大好きだった、滴るような色気すら失せてしまって……(涙涙)


↓多分、2009年6月刊行のこの作品から劣化が始まったと思う。足が……足が!……ローライズが当時の奈良さんマイブームだったのか、幽霊なほど細い脚に短足化……悲しい!悲しすぎるよっ!!
奈良千春(恋


それでもピーク期の絵にいつかは戻ることを期待して絵師買いしてきたが、そろそろもう限界かな……?
大好きだった頃の絵との激しい落差に、失望感が拭えない。
カッコ良くて色気あふれた昔と違い、今はすっかりニヒルな眉なし蛇顔&短足化してしまっている。
男の裸体さえもお色気シーンさえも萌えない。興奮しない。


↓2007年2月刊行。シリーズ1作目。色気ムンムン、カッコ良い大人の男性2人moe
奈良千春(交1

↓2009年5月刊行。シリーズ3作目。ちょっと絵が固くなった感はあるが、まあ許容範囲。
奈良千春(交2

↓そして現在、2011年7月。シリーズ7作目。ど、ど、ど〜したの?最初の頃とは全くの別人に崩れちゃって……悲しいよ。それでももし興味あれば『交渉人』オフィシャルサイトへGO☆
奈良千春(交3


他にも『新宿退屈男』シリーズもあり、その劣化も凄まじい。
↓2008年1月刊行、1作目。
奈良千春(新1

↓2008年5月刊行、2作目。
奈良千春(新2

↓2011年5月刊行、6作目。だ、誰っ!?攻受共々がすっかりマッチョで、別人になりやがった!_| ̄|○
奈良千春(新3


どうしちゃったんだろう……奈良さん……。
大殺界中なんだろうか……?(ボソッ)


奈良絵で私が一番大好きなキャラである『橘高清和』もすっかり面変わりしちゃって……(涙目)
何故好きなのかと言うと、私のオリジナル小説『恋心粋』キャラの仁忍そのものを長髪にした感じだから。

↓2009年8月刊行。2冊で合わせ絵。美しく素晴らしすぎる神構図きらきら
奈良千春Dr会わせ絵

↓2011年2月刊行。もう仁忍(橘高清和)の面影すらない……(凹)
奈良千春Dr2

↓おまけ。ちょっと恥ずいが、2006年に私が描いた仁忍。野生的な雰囲気を出したかったのにイケメンすぎて不満。
喰花


はあぁあああああ……奈良さん……お願いです……2005年〜2009年前半だった頃の端正で色気男気あふれる絵に戻ってほしい……。
こんなのファンとしてのただのエゴで、すっげぇワガママかもしれないけど。


……うん。


尻すぼみなオチでスマンが、とにかく私は奈良千春さんの絵が大好きで、特に2005年〜2009年前半の頃が気も狂うほどにLOVEしていたことを言いたかったの。
今の奈良絵は、私が苦手とするわたなべあじあさん&わたなべまさこさんの絵を彷彿させるけ〜ちょっと付いていけない……。
画力は相変わらず凄いが、時折線画がぼやけて……見ようによっては絵が溶けているようで、チョット見づらい面もある。
ちゃんと線を引いてほしい。
いつかは『秘中花』挿絵をお願いしたいというささやかな夢を持っていたが、現時点での奈良絵はニヒルな蛇顔&細脚短足化で色気もないためパス。
でも私、一度好きになったら一途一筋だからな〜奈良さんを信じながら今後も絵師買い続けるよ。


そんな萌え語り。



2011.08.31 Wednesday 21:23 | - | - | 
<< 日本経済回復・復興の決め手は『紙幣の顔』にあり〜水星人を語るvol.4〜 | main | 風が吹いている。運がそよいでいる。だんだん上向きな予感がするこの頃。 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache