<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

ゴールデンボンバー☆ライブ初参戦レポ☆2011.11.3 Zepp Fukuoka

※今後は金爆メンバー名を、以下のとおり自分勝手に呼び捨てとするのでご了承を。鬼龍院翔「キリショー」、喜矢武豊「キャン」、歌広場淳「うぱ」、樽美酒研二「樽研」。理由→昔の知人と同じ名前がダブってイラつくため(苦笑)


ついに来た、金爆ライブ初参戦日☆


エアーバンドがどんなライブを展開するのか、音はどうなのか、薄っぺらい音なのか、聴覚障害者の私でも付いていけるのか……何もかもが未知数すぎて、ワクワク☆ドキドキはせんかった。
期待しすぎては幻滅するのが嫌だからな、通常営業モードの自分で今日という日を迎えたよ。
その分「ライブ日を忘れたらあかん、ライブ日を忘れたら絶対あかん!!」と毎日カレンダーとのにらめっこをし続けては待ちくたびれてしまったオチ。
忘れっぽいからな〜私。
「ほんならカレンダーにスケジュールを書けよ!」という声も聞こえてきそうだが、生憎と私は面倒くさがり屋でね、脳内メモで忘れられずにいられたら万事OKというタイプ(笑)
ついでに、歌詞も『女々しくて』『らふぃおら』以外はほとんど覚えていない。
覚える暇がなかったのさ……私にとっての音楽は、流れ作業さながらに聴くのではなく、歌詞を追っかけながら聴いてこそ初めて楽しめる。
だから、……まあ「何とかなるかな?」ケ・セラセラなるようになるさ……要は、心配ばかりしても始まらん。
「当たって砕けろ!」という心意気で出陣。


本当は行きも帰りも夜行バスを利用したかったが、残念なことに行きだけが満員でね、止むなく新幹線で行くことにした。
久しぶりの新幹線!!
九州新幹線が開通したとのことで、早速『さくら』に乗ってみたさ。
新幹線さくら


そこで最も驚異的だったのは、走行時間短縮!
地元から普通電車だと2時間とちょっとで広島へ行けるが、新幹線さくらだとたったの18分!!
どんだけ最速だよぉおおおお!!?
数年前のひかり・こだまだと、まだ約45分はかかっていたのに……いやはや、知らんうちに鉄道技術も利便性もまた進歩しやがったな。
でも、やっぱ、高いわな切符代が。
たまには、いっか。


博多に着くと真っ先に目についた新幹線の可愛さに、思わずパチャ☆
↓なんとなく犬顔しているじゃろ?
九州新幹線1
九州新幹線2
↑新幹線ボディがソフトバンクモデル。
ネット検索してみれば『ホークス応援ラッピング新幹線』と出たわ。なるほどね。


すぐYAHOO!ドームに向かうべく、博多バスターミナルへ直行。
ちょうどドームでソフトバンク×西武の試合があるのを幸いと、そう待たずに臨時バスに乗れたよ。ラッキー♪
Zepp Fukuokaは今回で2回目の私だが、他にも福岡市民会館や福岡サンパレスやDRUM LOGOSにも行ったことがある。他バンドでね。
まずは物販へ直行したかったが、開場時刻まであとわずかだったため断念。
まあ、夜行バスの時間までたっぷりあるけ〜ライブ帰りに寄ろうか。
Zepp福岡


金爆☆初ライブの整理番号は『A2桁』と良ナンバー♪
割と近くでメンバーの生を拝めるチャンス!
しかも、樽研の地元・福岡でのライブだけに、何かが起こるかもしれない……!!


そして、開場時刻。
チケットを切ってもらう前から、私が思ったことはただ1つ。
「とにかく良ポジションを取ろう!!」
まったく聴こえないのは嫌だから、ね。
「できればキリショーの近くがいいな」と虎視眈々と狙いながら早歩きで会場に足を踏み込むと、案の定と言うべきか、キリショー定位置付近にはもう既にファンでいっぱい。
うぱも人気あるのか、意外と多い人数で固まっていたよ。
思ったより手薄だったのは、キャンと樽研付近(笑)
(私が思う樽研位置というのは、キリショーとキャンの中間。DVDを観ると、何となく樽研はその位置にいることが多いから)
とりあえず、歌は少しでも逃さずにしっかりと聴きたいけ〜キリショー寄りの樽研位置付近をGET(ハァト)
前から4列目、イイ感じ☆


あ、申し遅れたが。
金爆メンバーで私が好きなのは、キリショーと樽研。
キャンとうぱも悪くはないが、キリショーはニコ動で観たイジられ役が私のツボにハマりすぎてね〜才能とか歌声とかも好きだが。
樽研はもちろん、顔!
もう、すっぴん顔だけの男!!(爆)
背が高いとか、肉体美とか、プリティ桃尻とか、全力変態バカとか、優しい面白いとか、そんなの関係ねぇ!!
(↑こんなことを言えば、ファンの方にバリ怒られそうだけど;)


以下のライブ記事やセトリは、11/5大阪ライブで『やればできる子』ツアー最終日後に解禁。


そろそろ開演時刻も近づいてきたな〜と思っていたところへ、突然のアナウンス。
それもただのアナウンスじゃない、樽研の声だ!!
えっ!?マジ?
今までのMyライブ歴(他バンド)上、女性アナウンスが一般的だったのに……「その声、樽研で間違いないよな……?」と自分が聴覚障害者だからこそ来る自信なさに一瞬不安になったが。
アナウンス「みんなぁー、俺が誰かわかるぅー?」
会場の方々「けーんじーーー!!」

などなど盛り上がったけ〜聞き間違えなかったことにホッと一安心☆


ライブ時の注意事項を樽研が軽やかな声で読み上げていく中で、「携帯電話の電源をオッフィングお願いします」を皮切りに「オッフィング!」「オッフィング!」「オッフィング!」連呼(爆)
しまいには、途中参入のキャンも会場のファンまでも一体になって「オッフィング↑↑」ハイテンション(爆)(爆)
私、最初「オッフィングって何だ?私の知らない何かの、合い言葉なのかな?」と本気で意味わからんくてさ。
それでも一生懸命耳をそばだてたら、樽研が一条一条と注意事項を言うたびに「オッフィング」でシメるけ〜「ああ!OFFのこと?」と、ようやっと理解できたわ。
しっかし!
樽研ってめっちゃ声が良いね〜滑舌が非常に良くてさ、スムーズに聞こえてきた♪♪
ちょっと早口なのがネックだけど、普段ニコ動とかDVDでのMCとかのボソボソな声よりも、アナウンスの方が私好み(ハァト)


そんな訳で。
ノリノリ☆樽研のおかげで気分的にあったたまり、最後のアナウンス「はじまり、はじまりぃ〜〜♪♪」でシメた直後に、動画上映。
開演時刻17:00にはもう始まっていたけ〜、時間にルーズなバンドが多い中、ジャスト開演の金爆にはマジ驚かされた。
帰りの交通手段の時間を考えると、バリ助かるわ〜〜〜!!
最高1時間20分押しだったり、最終便の都合で泣く泣くライブの途中で帰ったり……今までの他バンドライブ数々の押し時間を思うとね。


ともかく、動画にはマジ笑った!!
ステージ近くにいた私と巨大スクリーンとの間が至近距離で見にくかったが、それでも!笑いをこらえるのが大変だったほど楽しめたよ♪
ボーカルのキリショーに集中せず、個々メンバーをまんべんなく撮っていたのが良かったかも。
メンバー全員とも個性的なのが、ゴールデンボンバーの魅力だからな。


動画終了後の、待ちに待ったライブ本編。
幕が上がる瞬間の歓声の凄まじさに、「ライブへ来た」という感覚が久々に沸いてきたよ。
1曲目の『僕クエスト』は、イントロですぐにわかった。
エアーバンドが出す音に多少不安を感じていた私だが、それなりに聴こえてきたけ〜ホッとした。
さすがに地が揺るぎ全身を駆け巡るほどの生演奏の醍醐味はなかったが、金爆メンバーによるニクい演出の数々に、だんだんとウキウキ☆ボルテージ上昇↑
しょっぱなからノリにノリまくる周りのファンにあてらてた、というのも有り。
いや〜〜可愛いね〜〜moe
キャンとうぱと樽研がわざとらしくキリショーにぶつかっては、わざとらしくキリショーのせいにしながら、キリショーの股間を撫でたり掴んだり(笑)……生で観る面白さはDVDと違って格別☆


続いての『綺麗になりたくて』『元カレ殺ス』は、最初のシャウトですぐわかった。
やっぱ色々なDVDを観てきたかいがあったな☆
観た当時はただただ金爆を知りたかっただけだが、まさか生ライブで役に立つとは思わんかったよ。
すぐ曲がわかっただけでも助かる!!
『元カレ殺ス』で、樽研が嫌がる(わざと?)キャンを抱いて、ほっぺに「ちゅ〜」したのが笑えた。


MCで、キリショーが「Zepp Fukuokaは初めてなんだけど、暑いっ!暑いね〜!みんな大丈夫?暑くない?」と会場のみんなを気遣ってね〜巷の噂通り、すっごい気遣いようだった!!
そして、キリショーの「ゴールデンボンバーのライブに初めて来た人ー?」に多くの人が上げたんよ。
かく言う私も上げた1人。
「初めての人のためにメンバー紹介」ということで。
①キャン→「実は僕、草食系男子なんです!」という衝撃(?)告白。キャンの口から「女たらし」「(声をひそめて?)セックス」「女のコと抱き合いたい!」などの言葉がポロポロと出るたびに、きゅんきゅんmoeやべえ、生で聞くとエロいわあ
②うぱ→早口すぎて何言ってんのかわかんなかった(涙)わかったのは「歌広場の!」「う!」「歌広場の!」「た!」「歌広場の!」「ひ!」……という流れで、会場のファンとの掛け合い。
③樽研→やっぱ地元の福岡だからね〜〜「お帰りー!」とファン。Mステでタッキーに会っての感想が「カッコ良かった!」。友達になったとのことで「みんなー!タッキーに会いたいかー?」と。私自身「えー?別にどうでもええけどなあ……」と内心思ったことは置いといて……まあ、そこはお約束事なのか、ファンの「会いたーい!!」に相好を崩す樽研。「よーし、会わせてやる!!」みたいなことを……普通に無理じゃろ、天下のジャニーズじゃけ〜(爆)あと私の近くに、遠藤ティーチャー・コスの女のコ2人いてさ、樽研「ちょっと〜マズイだろ〜」みたいなことを言っていたが嬉しそうだったね。
④キリショー→お約束の「キスミー」失敗。残念。私はあらかじめ研究済だったんで、スルー成功。でも、キリショーの「せーー……のっ!キスミーーー!!」と溜めて煽れば、つい「キスミー」と返したくなるよね(爆)でも駄目なの!そこは言っては駄目!!スルーが鉄則!!ドMのキリショーが「無視されている快感がイイ」とのことで定着したが、「もうそんなルールはなくてもイイけどね、みんなに言ってもらってもイイけどね」と今さら引っ込みが付かなくなったライブルールらしい(笑)


最初のイントロで一発わかった『抱き締めてシュバイツ』。
キャンがどんなギターソロを見せてくれるかと、ワクワク☆ドキドキ期待感に膨らませたら……
!!!!!
キリン!??

す、すっげぇなあ……元気いっぱいに動き回っていたが、首大丈夫なんだろうか……(笑)
右手からは、樽研がビニール女裸5体を引っさげての「V6!」叫ぶ!
馬鹿だ……(爆)(爆)
よっぽどMステ出演がデカかったんだね。
天井からのデカイキリンとキャンキリンとのキスは不器用すぎて、見ているだけで愛らしい。きゅんきゅん(ハァト)


キャンキリンのままで『また君に番号を聞けなかった』へ突入。マジか……ギターのストラップを首からかけれなくて焦るキャン……当然じゃろ(笑)
動画も挟みながら、キャンと樽研がステージ中央でバックセックス→「おぎゃー」で子どもキリン誕生。
「おーい、中出ししたんか!」と内心爆笑。
もう曲どころじゃなかったよ……キャンと樽研に意識集中しちゃってさ(爆)


『今夜はトゥナイト』で、うぱがステージ中央でプチ振り付け講座。
よしっ!覚えた!と思ったのも束の間、ドラムセットの横でうつぶせの樽研キリン(特に尻たぶ)に食らいつくライオンキャンに意識を奪われちゃってさ〜だって、よくズレるライオンのかぶりものを必死で直したりソーセージを食らったりするキャンに何度萌えたことか……キャ
食べ切れなかったソーセージを投げるのは良いが、呑み込めなかったソーセージのカスを客席に向かって噴き出すキャン。「汚ねっ!」とキリショー(爆)
私は幸い、かからんで済んだよ。
樽研の尻たぶ、ヤバいね!
ピーチ尻すぎて、はあはあきらきら(´Д`*)……尻枕してぇ!!
でも樽研、キリン頭が重すぎたのか起き上がれずに何度も軽くあがいて、ようやっとスタッフ2人に助け起こされてはふらふらステージ袖へ消えて行ったよ、可哀相〜(笑)


『トラウマキャバ嬢』は、曲に入る前からキリショーが振り付け指導。優しいっ!
すっげぇ盛り上がるな〜この曲♪
DVDで観るより楽しいわ!!


『まさし』は観る価値あるね!
メンバー全員、ステージ中央のスピーカーをお立ち台代わりに立っては決めポーズ☆
それぞれに個性が出ていて笑える♪♪


そして、演劇。
「『なんちゃってゲイドル』お送りします」というアナウンスで、「台詞が無事聞こえてくると良いなあ」と半分不安半分期待しながら開幕。
①一番に登場したキリショーの学ラン姿にhshsmoe
 ヤベぇ!マスコットにして持って帰りたいほどの可愛さ!!愛い愛い!!
②うぱのシャツGパン&青学ジャージ姿も、ルンルン登場の樽研の赤スーツ姿も普通に似合ってたし……樽研って足長ぇ〜な!!(嫉妬Sit!)
③「キラリーーーン☆」さながらに登場したキャンの、ゴールデンボーイズのブレザー姿はジャニーズ映え萌え。
④キャンとキリショーの低レベルな喧嘩姿も可愛い。
⑤ダル研子の言う「キリリン、アンド、豊」アイドル名に、つい脳裏に先ほどのキリン姿とかぶっては吹き出してしまったよ。
⑥「男と、女が、抱き合うなんて!、ありえないっ!」と取り乱すキリショーにも吹く。
 いや、むしろ普通ですが……(爆) むしろ、男と男がありえんっす(爆)(爆)
⑦ダル研子社長に連れ去られた豊を助けるために、スローにスローに横向きに粘って走り出す流れで、マイクを取っては『いつもと同じ夜』と歌うキリショー。
 流れが自然だなあ〜天才の煌めきを見た気がする。
⑧キリリン&豊で『もうバンドマンに恋なんてしない』で感動極まり☆
 一度は生で聴きたいと思っていた曲だからさ、めっちゃ良かった〜〜〜!!
 しかも、キャンまで歌ってる!生で歌ってる!!スゴイ!!
 トキメキ急上昇で、もう2人に釘付け(笑)
⑨謝りに行くキリリンと豊の目に映ったのは、ダル研子と歌広の子どもが見てはイケない光景。
 特にうぱが色っぽくてね〜グレーのボクサー股間の盛り上がりが素敵だった(爆)
 樽研のしどけない姿もまた、サマになっていた……いちごのブラが(爆)
⑩『忙しくてよかった』に入る頃、ダル研子&顔をしかめるうぱと、ダル研子&豊のキスをちゃっかり拝ませてもらったわあ
⑪もちろん、台詞はバッチリ聞こえたよ〜良かった!メンバー全員、ハッキリとよく通る声で話していたけ〜助かった☆


演劇終了後のMCで、うぱがキリショーの白パンツにすけすけビニールの衣装を「どっかで見たことがある」「嵐がデビューしたときの衣装だろ?」みたいなこと言ってさ、「えっ!知らんわ〜家帰ってチェックしたろ!」→本当だった(笑)
この日の福岡は暑くてね、うぱの「汗かいてる!」の台詞に応えて、キリショーが背中を見せてくれたんよ。
ほんまに汗びっしょりで、水滴だらけのビニール衣装が曇っていたほど。
そんな2人に構わず、キャンは大急ぎで生着替え。
キリショーも上のビニール衣装を脱いで、黒Tシャツへ生着替えしたところ、「(衣装が)ビジュアル系じゃないよ!」とうぱのブーイング。
細かいこと忘れたけど、「いいじゃないか」「何なの、この白パンツ!おかしいよ!」とか(笑)
そんで、うぱのヘドバンの話になって、会場のみんなに「汗が飛んでもいい?いいの!?2階もいいですかー?」と確認後、「本気のヘドバンをやるよ」宣言。
「そんなん汗が遠く飛ぶわけねぇ」とタカをくくっていたら、『君といつまでも』で巨大扇風機を背後に設置したうぱは最強!
本当に汗が飛んできたわ、私の右頬に1滴。ビックリ☆
その後に虹までできていたけ〜「ヘドバンの神さまが舞い降りたんだな〜」と、とにかくうぱがカッコ良く見えた瞬間。


『酔わせてモヒート』の振り付け(?)はハート。
『イヤホン』は歌詞を覚えて来りゃあ良かったな……観客も参戦の『あぁ君にそんな歌届けばいいのにな』大合唱を、生で聴く美しさに切なくなったよ。
『ザ・V系っぽい曲』はヘドバンが多くて……普通、ヘドバンは迷惑行為なんよ。隣の人の髪が頬に目に当たって痛くて嫌なんだけど、今回はそんなことなかった。周りのファン方々のマナーの良さを再認識させられたね。


アンコールで、再登場のメンバー。
よくカむと評判のうぱ、早速やらかしたのかな?
「じゅんじゅんのカミカミ物販っ※$☆▽*……っ!!」
私がよく聞こえていなかったかもしれないが、意気込みすぎてカんでしまうところがあるような(笑)
最初に紹介されたのが、ブランケット(ピンク)。
ここで、私が一番気に入ったうぱの台詞があるから紹介するよ。
(表を見せる)「これ、ふわふわだよ!」
(裏を見せる)「ほら、もこもこだよ!」
(一回転して親指で自分を指す)「オレ、じゅんくんだよ!」
イイっ☆
めっちゃイイっ!!

もう、うぱの持ちネタにすればイイじゃんよ〜狩野英孝「ラーメン、つけ麺、俺イケメン」をもじったっぽいけど。
あと、卓上カレンダーを取り出して「思ったより売れてないから買ってください」とか「キリショーのメイクがおかしい」とか言いつつ、色々と紹介。
そして「1人5000円は買ってください。お願いします」「いいですかー?」「わかりましたかー?」とちゃっかり押さえる(笑)
はいはい、帰りに買うよ〜〜もちろん、卓上カレンダーは絶対!
ついでに、うぱの台詞が気に入ったからブランケットも買う!!(笑)


その後は新曲ということで、『いいひと』の振り付け紹介。
タオルを拳で持って振り回す……「ああ!タオルも買わなくては!」と思ったね。
『いいひと』にタオルは絶対だな。


『今夜は眠れない』振り付けが早すぎて付いていけんかった;;


「まだ飛べるかーー?」「まだ踊れるかーー?」で『女々しくて』!!
会場キャーーーー!!
テンション最高潮!!!

うぱと樽研はもうすでにくたびれて、顔面がしなびて締まりもないというのに、キャンだけは終始笑顔☆
ホントすげーーな、どんだけスタミナ残ってんだよ(笑)
最後に銀テープ発射!
私は残念ながら取れなかったが、見れば『やればできる子』のロゴ入り。いいなー欲しいなー、まいっか。


一度引っ込んだメンバーがすぐ出てきたのは、アンコールに応えてくれたかと思ったが、どうやら動画の調子が悪いらしい……笑顔で慌てるキリショー。
ファンの気をそらすためか、「今日は研二さんのご両親が来ています!」と2階席を示すキリショー。
せっかく樽研の地元なのに「このまま何もないまま終わるかなあ?」と思ったが、逆に良いサプライスになったわ。
2階席の一番前のど真ん中にご両親の姿を確認したが、もしかしてお姉さんも来てるとか?
母親の隣にいる女性がそうなんかな……?
せっかくだからと『恋人は教祖様』を演ってくれたよ。
危ねえ、チェック済の旧い曲でよかったわ。


無事に動画上映。
ここでも笑えたが、最後の告知で来年の1月に日本武道館と大阪城ホールでライブを演るとのこと。
一応知っていた情報だが、私は行かないつもり。
もちろん、武道館も大阪城も過去にライブで行ったことあるんだけど、聴覚障害者の私にとっては音が悪くて合わない。
特に大阪城は、アリーナでも音が抜けすぎなほどまったく聴こえてこない。
武道館は一番前のアリーナブロックなら何とかなるが、中ブロック以降や2階3階席になると駄目。
だから、残念だけどね……ゴールデンボンバーの大躍進ぶりを応援したいところだが、自分に無理をしたくない。
次のツアーライブには絶対行くからね♪♪
そのときまで、オ・ルヴォワール。
また会おう。


またまたアンコール。
『ドスケベ』後に、うぱが「研二さんの代わりに僕が言います。おとうさん!おかあさん!研二さんを生んでくれてありがとう!」と。
案の定、キリショーに「なんでじゅんくんが言うの?おかしいよ!」と突っ込まれていた(爆)
それに応えるかのように、樽研がステージ前に来てヤンキー座り、会場の全員を輪で囲むように指差しながら「この会場にいるみんなが俺の友達だーーー!!」と親孝行できたことの感謝を言っていたよ。
感動的だったね。


最後に、メンバーみんなとバイバイしてお別れ。
会場の照明が付いて、本当の本当にライブ終了。
終わったのが20時頃と約3時間だが、あっという間だったな!
他バンドだったら2時間弱だったけ〜ゴールデンボンバーの方が内容濃くて盛り沢山で楽しかった♪♪


いや〜〜ライブDVDを観ていたおかげで、すべての曲がわかって幻滅全滅にならないで済んだ!!
歌詞を全部覚えていないけ〜な、振り付けとサビを知ってて良かった。助かったわ。


私、キリショーと樽研のファンだが、それは『異性としてよりキャラクターとして好き』な類い。
だから、生の樽研を見てもきゅんきゅんしなかったな〜「顔がデカいな」って(爆)
でも!キリショーはちっちゃくて可愛くて頭からかぶりつきたいほど、きゅんきゅんヤッタv
キャンはとにかく顔がちっちゃくて、パワフルで、笑顔が素敵だった。
うぱはちょっとオネエキャラかと思ったが、意外と男らしかった。バンギャ要素全開なファンションは見るだけで目の保養、特に青学ジャージはマジで欲しくなったな(笑)
ちなみに、私と目が合ったメンバーは、気遣い屋さんのキリショーのみ(淋)
ま、イイんだけどね!


その後はドリンクをもらって、物販へ寄った。
込み合うことなく割とゆっくり買物できたけ〜、のんびりと夜行バスに乗って帰ったよ。明日は休む訳にはいかない仕事があるけ〜。
うん、福岡に来てよかった。
また金爆ライブへ行こう!
チケットを確実に取るためにも、来年のファンクラブの更新もしよう!


いつもの私なら、盛り上がっている周囲に流されずにただ突っ立って終始ライブを観て楽しむだけ。
振り付けたり踊ったり飛んだり跳ねたりするなんて、なんかカッコ悪いじゃん?
だけど、な。
早くからテンション最高潮な周囲の中で、直立不動でいる自分がだんだんと恥ずかしくなってきたんよ(涙目)
しかも!
会場のみんなを盛り上げようと、ハチャメチャに煽って頑張っているメンバー全員の姿に、なんか申し訳なくてさ。
んで、(うじうじ)……勇気を出して、(もじもじ)……片腕を上げて、盛り上げに参戦したよ……(赤面爆発)
何とか周囲に合わせることに慣れ、照れも落ち着いた頃には両腕を上げて!控えめにノリノリ☆頑張ってみた私を……誰かホメて!!
本当はそんなキャラじゃないんだよ私は!!(大苦笑)


ほんま楽しませ上手じゃな、金爆って。


ここまで来るのにいろんな葛藤や挫折などがあったはずだが、そんな過去もあってこその今の金爆があるってことを思うと感慨深いモノがある。


とにかく、これだけは言いたい。


福岡のファンの皆さま、信じられないほどにマナーが良かった!
私の周りだけかもしれんが……オールスタンディングライブにありがちな、押し合いへし合い揉み合いもなく、隣の人とぶつからないように振り付けも自主配慮できていたんよ。
これには本気でビックリ。
おかげさまで、ライブを楽しむことができた。


ありがとーーー、ゴールデンボンバー!!

ありがとーーー、福岡!!

サイコーーーーーに

聴こえてきたZE☆


最良の日☆ 最高の夜☆


金爆ライブMy絵


金爆、バリ好いとーよ♪♪



では!
Zepp大阪、楽しんでくるぞ☆


〜セットリスト〜2011.11.3 Zepp Fukuoka

【動画1】
僕クエスト
綺麗になりたくて
元カレ殺ス

【MC〜メンバー紹介〜】
抱きしめてシュバルツ
また君に番号を聞けなかった
今夜はトゥナイト
トラウマキャバ嬢
まさし

【演劇】
愛してると言えなくて
いつもと同じ夜
もうバンドマンに恋なんてしない
忙しくてよかった

酔わせてモヒート
君といつまでも
毒グモ女
イヤホン
†ザ・V系っぽい曲†

【EC1】
【じゅんじゅんのカミカミ物販コーナー】←だっけ?間違ってたらゴメン;
いいひと
今夜は眠れない(病的な意味で)
女々しくて

【動画が映らん…ということで場繋ぎ?】
恋人は教祖様

【動画2】

【EC2】
ドスケベ



※注※
聴覚障害者(聾に近い難聴)の私がライブを楽しめたのには理由がある。10代の頃から他バンドでのライブ参戦&遠征で、場数をこなしていたからだ。逆にライブ経験のない聴覚障害者にとって、初めてのライブ参戦がスタンティングの場合だとキツいと思う。まずはホールライブから徐々に慣れてゆけば、やがては楽しめるようになるだろう。




2011.11.03 Thursday 21:23 | - | - | 
<< 今年中の小説投稿断念&ちょっとした模様替え | main | 大掃除のついでに風水研究〜黒門&リリアン・トゥー風水〜 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache