<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

ゴールデンボンバー 樽美酒研二☆サイン会☆参加レポ〜2012.2.某日〜

すっかり旬を過ぎてしまったが、今さら感満載なレポを投下。


誰も待っちゃいないと思うが、とりあえず備忘録として……。
パソコン修理中の5ヵ月間、その気になれば頑張ってブログれたかもしれないが、いかんせんケータイを打つ時間がかかりすぎてイライラ断念!!


それでは。
薄れゆく記憶の欠片を、必死でかき集めながら綴っていこうか。


まずは、前記事『ゴールデンボンバー 樽美酒研二 サイン会整理券GETなり☆』参照。


2月某日。
ブログ本発売を記念してのサイン&握手会で、樽研が私の地元へやってきたのだ。
残念ながら雨模様の天気だったが、待ちに待った……とゆ〜か、むしろ「私が日程を完全忘却してしまう前に早く来て!!」と自分の忘れっぽさにハラハラしながら迎えた当日(笑)
(いい加減脳内メモはやめて、スケジュール帳やカレンダーに予定を書き込めよ私!(苦笑))


But!!
肌のコンディションを考えて日頃から早寝すれば良かったものを、相変わらず懲りもせず、だらだらと夜更かし生活三昧の私。
当然『目の下のクマ』『むくみ』『吹出物』という最悪の三拍子とすっかりお友達になってしまったぜ……嗚呼、人に見られたもんじゃないよ!
ほら、鏡を見てごらん!!
そんな自分にガッカリしながら仕事遂行の上、なんとか定時退社。


サイン会場では17時半から整列のアナウンスがあるが、熱狂的なファンなら待ちきれずに早めに行くはず。
「きっと大行列で混んでんじゃろ〜なあ」とすっかり諦めモード。
まあ、整理券という安心保証でバッチリ☆
樽研とは絶対会える余裕さで、自転車なら5分、徒歩なら20分先にある会場へ向かったよ。

樽美酒研二サイン会整理券

17時半すぎに着いたら案の定、多人数で固まっていた。
特に学生服の群れ群れ。
整理券を取れなかった人たちは遠巻きにうろうろ。


しかし思ったほど人は多くなかった。
そりゃあ、そうだろう。
会場の混乱を避けるためか、書店側のサイン会開催のお知らせ&整理券配布日の店頭告知は前日のみ!
また、サイン会開催日の店頭告知は前々日から!
ギリギリ告知で目立たんかったから、樽研が来ることすら知らんファンの方が多くいたと思う。
だから、一ファンならば公式サイトやメンバーブログをチェックチェックしておいた方が安全で確実
特に、うぱブログは重宝でっせ(←なにげにプレッシャー圧)。


そんな訳で。
整列のアナウンスがかかったけ〜行列の最後尾へ回ったところ、かなりの長さに。
樽研が登場するであろう、サイン会場のとの距離がハンパない(汗)
しかも!
会場の斜め後ろじゃけ〜樽研の姿がまったく見えないという死角的なポジション;;


あら〜〜これはヤバい?


も、
も、
もしかしたら……
樽研の最初の挨拶を見れんかも……
聞けんかも……
ブログ用に写メってもらえんかも……
(涙目)



まあ、そのときはそのときってことで。
『最後尾』というプラカードを持った書店員に、「ブログ本を2冊、サインしてもらっても大丈夫ですか?」と確認。
「大丈夫です」とOKをもらって一安心。


列に並んでいる間。
整理券をGETできんかった女性がサイン会場の野次馬ウォッキングをしてきたらしく、行列にいる知り合いの方に、聞くだけで面倒臭いほどの文句や不満や愚痴のオンパレード放出。
「整理券をもらえなかったコら、研二が一番よく見える場所を取ってて、アレはないわ〜!!」とか。
「なんでもらえなかったコらがうろうろしてんの? おかしい」とか。
私は元来、そうゆうヒスっぽい人間が苦手じゃけ〜気が滅入ったわ。
そういうクレームは人目のある場所でわざわざ言わなくても良いのに……今日の私、厄日かな?(苦笑)
確かに整理券をもらっていない外野の群れには気づいていたが、別段騒ぐほどじゃないと思う。
そんなことを言える私は、整理券確保者の余裕なんだろうな。きっと。


そして、18:00ジャスト。
書店のSTAFF ONLY出入口から、Sマネジャーと書店関係者とを伴って華やかに、しみったれに、樽美酒研二先生登場☆
周りから黄色い歓声が沸く沸く。
一気にキャピキャピムード一色に。


生で見た樽研の第一印象は……。
「顔、デケえな」と(笑)


「え〜〜〜そこっ!?違うだろ!もっと何かあるだろ!キモイとか!変態とか!汚っらしいとか!きゃあハートとか!カッコいいとか!背が高いとか!イケメンとか……?(モジモジ) とにかく!目の付けどころが違うぅううううう!!」
と樽研本人からクレームが来そうで来ないだろうが、仕方がないやん。
背の低い同伴者方々より樽研が頭ひとつ分抜きん出ていたけ〜白塗り顔が変に目立っていたもん。残念!


樽研よ、気にするなよ。
傷つくなよ。傷つくほどでもないよ。
考え込まんでもええよ。
所詮、一過性の事象だ。
わかりにくい愛情の裏返しさ。
( ´_ゞ`)フフッ



はじめの挨拶時の樽研はやはり、斜め後ろの行列に並んでいる私らに背を向けた状態だったけ〜何しゃべってんのかわからずじまい;;
時折気遣ってか、振り向いて声かけてきたけど……あ〜〜ん(涙目)


樽研ブログ用の写真は2枚、Sマネジャーが撮影。
1枚目→サイン会場付近。
2枚目→行列後列に気遣っての左横へ移動。
「みんな〜ッ!思いっきり手を挙げてっ!手を挙げて〜〜!!」と樽研による声かけの甲斐もなく。
私は残念ながら写メ枠内におさまるほどの距離にいなかったけ〜次の機会があればリベンジしたいな。


ただ、樽研って身長181cmにしてはあまり背が高くないな、と(爆)
いやいや数字的には高身長なんだけどね。
写メ撮影時に少しでも樽研に近づこうと頑張った、170cmの私。
それでも……やっぱ私にとって「背が高い!」と思えるのは185cm以上だわ。
(最近の樽研ブログでは182cmと書いていたが、雑誌や昔のブログでは「縮んで181cmになった」と……また伸びたの?)


その後は、サイン会開始。
じりじりと動き始めた行列にドキドキ緊張しながら、樽研になんて声をかけようかと独り脳内シミュニレーション。
何か汗かいてきたぞ私!
……やべぇ;;


順番を待っている間、先にサイン&握手をしてもらった方々の様子をウォッキング。
どうやら色白の細身で華奢なSマネジャーの感覚による時間計測で、あまりゆっくりできなさそうだ。
時間が来たら参加者の肩をたたいたり、背中を押したりと軽く強制終了!という……Sマネさん、ちょっと怖そうな雰囲気(笑)
まあ、そんなもんだよね〜ショッピングセンター内という人気の多い所でのサイン会だから、少しでも混乱を避けるために、だらだらしても良くないし。


どうしようか、なんて声かけよう……サクサクと言わなきゃ。
「地元の名物はラーメンなんで、ぜひ食べていってください」とか。
「今度ライブに行きます」とか。
滑舌よく話せるかな〜うまく舌が回るように、はっきり言えるように、声が出るように、聴こえるように……自分が聴覚障害者であるが故のいろんなプレッシャーに苛まれながら。


ああ、こんな自分が面倒臭い。


気が遠くなるような約30分後にようやく、生の樽研とご対面☆


ど緊張climax!!!
ヒートアップ!!オーバーヒート!!あちちッ!!


Sマネに整理券を渡してはちょっと聞かれて……樽研にブログ本を2冊渡す


「え〜〜〜っ!2冊も!??」


ビックリする樽研……素なのかわざとなのか知らんが。


それだけでもう焦っちゃってね私!(((@Д@;)))```


「あれ?駄目なんかな?書店員さんはOKったけど……」と戸惑いつつ、気持ちモジモジ「お願いします」と小声の私。
樽研がなんかブツブツ言っていたけど、周りの雑音に聴力を奪われちゃってさ、聞こえんかったのね。


ますますパニクっちゃった私!(((@Д@;)))```


話の継ぎ穂すら見失い、気まずくなりかけた雰囲気を打ち消すように……。


なんか言わなくちゃ私!(((@Д@;)))```


慌てて「今度、岡山と広島のライブに行きますので、楽しみにしてます!」と言ったんよ。
But!!
緊張でパニクったあまりに、舌がもつれカミカミの私の発音発声がおかしかったのか、樽研が一瞬考え込むような表情を浮かべては理解できたのか「お待ちしてま〜す」と。


と、とりあえず、話は通じたようだ……(((^_^;)))```


無事2冊の本にサイン、右手で握手してもらったが!


すでに頭真っ白フリーズの私……(○Д○;)```


燃え盛る前に精根尽き果てたぜ私……(○Д○;)```


あああああ!!
なんてこった!!!
握手の感触すらもう思い出せん!
せっかくの無二のチャンス!
記憶に焼き付くほどもっと強く、樽研の手を握れば良かったあああああ!!



一生の不覚!!!(号泣)


……………まあ、終わってしまったたことは仕方がない。
軽い握手だったが、樽研の手は乾いていたよ。
手のひらに汗をかく人が多いだけに、意外だったな。
でも、本人に会えて握手できて、それだけでも私は嬉しかったよ。
ちょい未練は残ったが(苦笑)


次回もあればリベンジ!!


その後はそのまま会場に残って、残り行列のサイン&握手の様子を眺める。
生の樽研がしゃべったり笑ったりする姿を見ているだけでも物珍しい(笑)
参加者は若いコだけじゃなく、おじいちゃんおばあちゃんやオバタリアン(古ッ)やオヤジって方もいて、やっぱ「テレビの影響かな?」と思ってしまったよ。


また。
『嫁(あるいは彼女)』志願者が多く、あっさりと「いいよ〜」と公認した樽研は罪なヤツ。
そうやって、どんどん地方妻を量産していく樽研は軽いヤツ。
でも逆に、そうした柔軟な対応の方がファン方々も喜ぶことを考えると致し方ないよね。人気バロメーターにもなるけ〜。
「私も言えば良かったのかな……?」と一瞬思ったが、年甲斐もなくアイタタ恥ずかしいけ〜言わなくて正解だね(笑)


さすが樽研、手練てんな〜〜。
リア充スキルが高い(笑)

内心緊張とか、繊細な樽研もぐるぐる思うトコロはあったかもしれんが、私が見ていた限り交流スキルは抜群☆
見習いたいね。


すべてのサイン終了後、樽研から終わりの挨拶。
細かいことは忘れてしまったが、印象に残った台詞だけを……樽研、ライブでも「うるさいッ!!」って結構言うよな〜?
サイン会でも抜かりなく3連発していたけ〜にまにま。


「広島県は何故か3回……何故か!、3回!(きゃあーーーと黄色い歓声)……うるさいッ!!……サイン会をやらせてもらって○○で無事に終了しました」
「春にはまたツアーで、広島へライブしにメンバーと来ますので、皆さん応援お願いしまーーす」


そして、Sマネや書店関係者の動く包囲網で樽美酒研二先生退場
名残惜しい……。
また来てね〜樽研!!
もう本当っ!こんな田舎の、小さい地元に来てくれただけでもラッキー☆


樽研やSマネは、怒濤のサイン会の連続で、この日の出来事すら忘却の彼方かもしれないが……!
フライング弩級な心持ちの、素敵な一日をありがとう☆


明日も明後日も、これからも、頑張れる♪
ゴールデンボンバーに出会えて、本当に良かった。
もちろん、応援し続けるよ♪♪♪


↓記念のサイン本。しっかし、サインが読めん……なんて書いているんだろ?
樽美酒研二サイン本


↓サイン会場。
樽美酒研二サイン会場


↓書店でのゴールデンボンバー特集。
樽美酒研二サイン会1

樽美酒研二サイン会2


オバマブログ本『ベスト オブ オバマブログ』
(著)ゴールデンボンバー樽美酒研二
扶桑社(2012/2/2)
980円


余談1)後にTVで樽研の『人妻好き』アピールに「あのとき『近くに人妻ヘルスがあるんで、もし興味があれば……』と言えば良かったなあ……樽研の美味しそうな反応が期待できたのにぃ」と思ったよ(笑)


2012.07.04 Wednesday 21:23 | - | - | 
<< 天然塩パワーで耳鳴り解消! | main | 拍手メッセージ☆ありがとうございます☆part.ピクピクン >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache