<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆11☆深くおぼれるFLOWER HOLICレポ

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


先日GREE『王子様のプロポーズ2』にて開催されたイベが終わったので、ジーク通知表という名のもとの公開処刑は以下のとおり。

ジーク通知表11
※2018年6月『獣感度』追加。

誠に残念ながら。
イベントストーリー初の、全滅評価。
(ハートハントストーリーはショートな上に、手紙やスチルがないため対象外)

つまり、0点

今まではどんなにつまらんストでも、手紙やスチルでなんとか救われてきたが、今回ばかりはさすがに無理だった。

待ちに待った大人色っぽいジークじゃなかったから。

胸を震わすラブストーリーじゃなかったから。


1回読んだだけで失望したね。
ジーク姫も口を揃えて「ストが薄い」「ジークだけが色っぽくない」「スチルも微妙」などなどと情状酌量すらもない。

これを書いたライターさん。
いつまで『分からず屋のアホ』を続ける気なんだ?

ライターとしてのプライドを持って、全力で面白く萌え書いてほしかった。

私がライターさんの立場なら。

『0点』という結果に屈辱を感じるより先に、こういう結果を出してしまった自分が情けなくて恥ずかしくて、今まで書いてきたジークがどれほどの間違い(自惚れ)だったのかと思うといたたまれなくなるよ。


なんでこーなった?



今まで配信済みの過去イベントストーリーやユーザー姫からの膨大なアンケートをいつでも読める、私よりも恵まれた立場にいながら――。

ジーク姫

ニーズ

何故

汲もうとしない?



ジーク深くおぼれるFLOWER HOLIC

まず、GREE『王子様2』にて3月イベントスケジュールが発表された時点で、私の知るジーク姫ほとんどが『大人色っぽいジーク』を期待した。

特にジーク夢小説の読者さんの場合だと。
「イベタイトルが『※女の子の恥じらい』っぽいから、えっちなジークが読めるのかな(//∇//)ワクワク」とか連結した期待を込めては、それはそれは楽しみにしていたんよ。
(注:夢小説『※女の子の恥じらい』最後のシーンで「狂おしく溺れて」という文章表現があったため)

長いことジーク☆獣感大全開☆を読めていなかったからね〜〜…
他王子の色っぽいシーンを読むたびに「なんでジークだとこういう大人っぽいラブシーンを長く書こうとしないんだろう?」「ジークのラブシーンはいつも瞬間瞬間で終わるから不完全燃焼」「娘にするような、可愛いだけで薄〜い萌えにはもう飽きた」とか、募りに募った不満が膨らむばかり。
もちろん、それらは。
ジーク姫共通の切実な想い。
(2018年のBEASTイベジークはいじいじうじうじと女々しく、ジーク姫が納得ゆくような、勢いのある男らしさや色っぽさがなかったからノーカウント)


それが!

蓋を開けてみたら!

なんじゃそらーーー!!



全然色っぽくねぇ!!!

Σ(´Д`;|||



このライターさん、私のブログ夢小説チェックしているのがバレバレだが、色んな意味でニーズをわかっていない!!

「ヒロインにがっつくジークが読みたかったのに、またかよ……(´;ω;`)」

などなど、待ちくたびれているジーク姫の嘆きもわからんの?



早速、起承転結の『起』で滑りまくり。
ケヴィンの問いに対して、ヒロインが「ジークのオトメン力は尊敬しますし、誰よりも魅力的ですから」と笑顔で答えるシーン……


はあ!??Σ( ̄∇ ̄;|||

根本的に

間違えてやがるーーー!!



ヒロインがジークに

惚れた決め手

オトメン力

じゃなく

男らしさだ!!



そこはこんなふうに書いてほしかったよ……ガックリ。
「まあ、ジークのオトメン力にはいろいろ助かっていますけど……どちらかと言えば、普段が男らしいので、そこに頼もしさを感じますね私は」と答えては、昨夜の情熱的なメイクラブを思い出しては「えへっ」と両手で口元を隠しては一人勝手にニヤけてしまいそうになるのを何とかこらえるヒロイン。
その様子に6王子達は「あちゃー思いっきりノロケられたな」「なんか見てはいけないものを見てしまった気分だ……」呆れ顔やら、「ラブラブだねー」からかったりとか。

……まあ、「えへっ」は見逃してくれw


それから。
オトメン力がなくなったジークがいつまでも落ち込んでばかり……。

また、うじうじしてやがるーーー!!

ライターさん、なんでジークを
男として情けなくも女々しくしたがるのか?

違うだろ!!

こういううじうじジークの姿を、祖父のジョジュアが見たら絶対!怒るよ!!

「何をたるんでいる?男だろ!!」と。


それに、頭の回転が早いジークなら『オトメン力』がなくなったらなくなったで時間を無駄にしない。
長年少女漫画を読んできたジークなら「ヒーローはどんな時でもこうであれ」などと、ブレずに貫いている理想像があるはず。
少女漫画を読んでも胸きゅんしなくなったなら、逆にチャンスだと発想を切り替えて合理的に行動するはず。

「せっかくだ。今まで興味が持てなかったこと、苦手だったことを、今のうちに試してみよう」

『厳格な国出身の堅物王子』『政治にも経営にも精通している』『仕事が早い・隙がない』という、ジークの初期設定忠実に踏まえてほしかった。


例えば。
妹のジルからいつもプレゼントされる、むさくるしい書籍『男の美学』シリーズを試しに読んでみると「むっ?なかなか面白いではないか……!」とどんどん読み倒したり、筋トレを始めたり。
今までヒロインに甘えるのが下手だったジークが、急に甘え上手になったりとか。

ヒロインはヒロインで。
今までジークが世話焼きだった分「しばらくは『亭主関白』を楽しんでみては?」とからかったり。
「オトメン力が無くなっても、まだ私のこと可愛いとか好きとか……キスしたいとか、思っています?」など、ジークの気持ちを試すようなことをしたり迫ったり(笑)

いくらでも萌エロいシーンは作れる。

ただの同居ストーリーにしないでくれ。
家族ストーリーにしないでくれ。
設定が恋人でも夫婦でも、ちゃんとしたLOVEストーリーを書いてほしかった。



そして、またしても。
ジークの嫉妬がショボすぎる!!

去年12月Xmasと今年1月BEASTイベを書いたライターさんと同じ人?
嫉妬の仕方がのっぺりと棒読み感ハンパない!!

過去記事『ジーク通知表☆10☆』で「ジークは嫉妬するとわかりやすく不機嫌になる人」と私が書いた文章をチェックしたのは良いが、それをそのまんま書くな!って。

ひとひねりもふたひねりもない、何の深みもない「嫉妬してわかりやすく不機嫌になったジーク」で終わってやがる……進歩がない。

ノーマルルートのジークは平坦で抑揚もない嫉妬の内訳が続いて、めっちゃ退屈だった。
年末のハート集めスト『王子と執事の年越しハプニング』ジークみたいに、感情的にもなっていない。

嫉妬と呼ぶには、

ジークが冷静すぎる!!


話にならないよ……。
その後に続いたラブシーンも、ラブシーンらしくないまま一瞬で終わって、萌えなかったね。

それに。
自分がリップを塗ったヒロインの唇に色気を感じたジークが「キスしたい」と思いながらも結局「せっかくのリップが取れるから我慢しよう」と……

何もしなかったジークなんて
ジークじゃない!!

キスしたいと思ったらキスするのが
ジークなんだよ!!


だってヘアメイクもできるジークだから、「リップが取れたらまた直せばいい」と何度だってキスできる。
過去イベでもそうだったし、続編のお忍びデートでもそうだった。
そういうジークに私らは萌えたのに、なんなん??
FLOWER HOLICジークは昔みたいな強引さもなく消極的……

ガッカリだ。

課金する価値もない超駄作



あと、ジークヒロイン……
だんだんとヘンリーヒロインぽくなってきてるね?
やたらに張り切っている女なんて面倒くさい。妙な違和感。
違うよ。
ジークヒロインは気は強いが、ちょっとズボラで抜けていて、垢抜けないぶてぶてしさがあるんだよ。
本編を読めばわかる。


スチルは目閉じ横顔だったため、私の気持ちは最初から「×」確定。
しかし。
全評価全滅というのもちょっとなあ……私の独りよがりかもしれん」と思って、ジーク姫にジャッジしてもらおうと話を振ってみたよ。

すると。
「良いけど、家族だねw」

……なるほど〜〜感心してしまった。
さすがジーク姫、目の付けどころが違う。

つまり、通訳すると。
「絵崩れがなくて良いけど、LOVEスチルではなく家族スチルだから萌えないねw」

続いて、ジーク姫はこう言ったよ。
熟年夫婦じゃないストが読みたいね」と。
もう……ストレートに心に来たわ。
長いこと思い続けてきたことを、言葉にかえて的確に答えてくれる。
心折れそうなジーク愛のモチベーションを保ち続けていられる。
本当にありがたい存在だよ。


ということで、今回は申し訳ないけど。

全評価全滅確定。


なんだかなあ……。
自分で書いてみて萌え面白かったのか、逆に聞きたい。

あ、ちなみに。
このライターさんは私の文章の影響か、ジーク編で「逆に聞きたい」と書いていたから、どういう意味かわかっているはずなんだけどなあ。

もし私の職場の上司が、今までのジーク通知表をひと通り確認することがあれば即「努力をしていない証拠」とバッサリだよ?
「本当にユーザーのことを考えているなら、今までの失敗を踏まえて何度でも繰り返し調べておけば、おのずと結果は出る。いつまで経っても結果が出ないのは、やる気がない証拠。お給料のために義務的に、嫌々書いているだけ。だったら、最初から駄作を書かせない方がマシ。経費の無駄」


つまるところ。

長らく続くジークイベスト不作

イコール

ライターさんの映す鏡



もうライターさんをチェンジしてくれ。

いつまでも

ジーク姫

幸せにできないなら、

ジークを書く

資格はない。


私らはお金を出す利用者側、ライターさんや運営さんや絵師さんはサービスを提供する側。
ユーザー姫のニーズに反したジークイベストなんて誰も読みたかないし、課金もしたくない。
プレイ意欲も低下↓↓

もっと商売上手になれ!!

今のままではただの怠慢だろ?


今後はラブシーンに強く、男らしくて大人色っぽいジークを書けるライターさんにしてくれ。

その方が時間も金も無駄につかわなくても済む。

夢小説読者さんが何故、
「こんなジークを待っていました!」
「萌萌萌」
「ソシャ本家を超えた面白さ」
などなど
私が書くジークを気に入ってくれたのか?

答えは至って単純。

オトメン要素を踏まえつつ、
男らしくて色っぽいから。

家族熟年夫婦ではなく、
ちゃんとした男女関係

萌えラブラブだから。


特に『ふたり睦みごと』は反響が良かった。
「遠距離で1回も会っていないのに、ジークとヒロインのラブラブぶりがすごくて感動した。上手い!!」とか。
言われてみて「あれ?会ってなかったっけ?」と再読み返してみて「本当だ!」と(笑)
あれはジークだから書けたんだよ。
私が読みたいジークを、夢小説へ思いっきり投影させたからね……いくらでもラブラブは書ける。


最後に。
ジーク夢小説を閉鎖したことを、私は後悔していないよ。
何故ならジーク愛を守りたいから、他の誰にも荒らされたくない。
私が書いた萌えはすべて私のもの、ジーク以外のキャラクターには譲れない許さない。
だから簡単に再公開はしない。
GREE『王子様2』ジークイベストやスチルが最低でも9ヵ月連続萌え萌えだったら、その時に検討しよう。

本当は今日、夢小説の続き『隠れ野獣系ジーク』を公開する予定だったが、イヴァンBDでのミハイルルートを読んで逆に「公開せず閉鎖して良かった」と安堵したね。
何故なら私のブログ記事『専属執事は王子様』ジーク萌え語り☆や夢小説からのネタを使われていたからだ。
禁欲ネタは他王子等や他アプリ等に使わないでくれと書いたのに……どうせ書くならジークにしてほしかった!!
私が全身全霊で書いたジーク最萌え作品をお蔵入りにしてでも、別に痛くも痒くもない。
私だけのジーク愛だから、ライターさんに萌えネタをパクられ他キャラに使われるよりはまだマシだ。

たとえ私のワガママだろうと、ジークストで長いこと結果を出せていない運営さんやライターさんには言われたくない。


私の願いはただ1つ。

ジーク下克上↑↑

2018.03.23 Friday 20:26 | - | - | 
<< 【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク夢小説閉鎖のお知らせ☆ | main | 足元に舞い落ちた羽根は幸運の前兆〜ピンクの羽根〜 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache