<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

【GREE】王子様のプロポーズ2『魅惑のシャハラザールNight』ジークを斬ってみる☆

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


前記事『真夏のシークレットMEMORY』に続いて今回も『王子様のプロポーズ2』のイベントストーリーで、いかにしてジークが不遇な扱いをされているか、徹底的長文で暴露レポ(ネタバレ)してやんよ(ノ`・з・)ノ


2016/8/12〜8/24イベント
『魅惑のシャハラザールNight』
王子様2(魅惑の)

7王子の中でまたもやジークが一番酷かった……前回のタイムスリップよりはマシだったけど(´;ω;`)
しかも、同じライターさんと思われ・゜・(つД`)・゜・
ほんまわかっていないよ……。

一番きれいに筋が通った話が書かれていたのはイヴァン王子。
ヘンリー王子については前記事で書いた通り、ジーク続編を彷彿させるような台詞がちりばめていたから複雑な心境。
一番の萌えVIPはケヴィン王子だったな(前半のツッコミどころは多かったけど)。


では、ここからイベントストーリーについて遠慮なくレポって行こう。
ジークの名誉のために(`・ω・´)キリッ


ノーブル・ミッシェル城の会議室にて、ジークと出席していたヒロイン宛に届いた招待状。
差出人は、7王子達同盟国と敵対関係にある連合国の一員であるアスラン王子の、兄であるヘイダル王子

パーティー招待に応じることは、イコール敵対するテリトリーへ危険を承知で乗り込むようなもの。
また、結成されたばかりの連合国の実態は未知数。
しかし、アスラン王子は元々同盟国の7王子とは親密関係であったため、まさかの連合入りが信じられない。真意を探りたいのもある。
ヘンリー王子曰く「喉から手が出るほど欲しい」情報収集も兼ねて、罠かもしれないと知りながらも、社交辞令上応じることとなる。
ヒロインに何があった時は当然の如く「俺が必ず守る」というジークの心強い宣言とともに。


―――とまあ、ここまでは良いんだよ。
酷いのはそっからだね。


旅立ちの前日。
ヒロインの荷造りに、ジークが「日焼け止めは?」と聞いてきたが……。
「今入れようと思ってたところ!」と慌てる。

いや、ヒロインなんで「ふう……何とかごまかせた」と身構えちゃうの!??
ジークに怒られるから??Σ(´Д`;|||


いやいや、ライターさん!!
全然わかっていない!!
そこは「ちょうどいい。この予備も入れとけ」と、すでに日焼け止めを山盛り胸に抱えていたジークにお世話を焼いてもらえって。


付き合って3年やろ?
もうすぐ結婚するんやろ?
ガミガミ怒ったりしていたジークは最初の頃だけ!
ヒロインへの愛情に素直になってからのジークはそれほど怒っていないよ。
小言もあまり言わなくなった。
怒るとしたら、短気や癇癪を起こすのではなく、いつも正当な理由から怒っている。
例えば、ヤキモチ故の不機嫌さとか、心配性故からとか、照れ隠しからとか、ヒロインが女子力を怠っていたときとか、ヒロインを守るための外野への威嚇とか、どうにもならない不可抗力からとか。


むしろ、愛することに遠慮がなくなった

「ふっ、まあいい」
とか、ちょっとズボラで抜けているところも含め、ヒロインの強さも図々しさも欠点も丸ごと愛しい、可愛いと思うようになったから。

たとえ口では怒っていても、内心では本気で怒っていない。
甘々と理解し受け止めた上で、
ヒロインのために世話を焼くのが、ジークにとってはストレス発散でもあり良い気分転換でもあるんだよ。



だって。
「そのままの、お前が好きだ」
ジークの名台詞を活かさずにしてどーするん?

(ただし、ジークが教師役・指導役となると、打って変わったようにかなりのスパルタになるが(笑))


なんだかなあ……。
このライターさんが書くヒロインは、何かあればジークに怒られる前提で身構える卑屈っぽさがあるから気に入らない。
前回のイベ『真夏のシークレットMEMORY』でもそうだった。

こういう関係を3年も続いていたら驚きだよ。
普通疲れるよ……かなりのストレスになるし、読む側もイラッとするね。


レオンハルト王子との関係も微妙。続々編とは辻褄が合わない。
続々編では、連合発表後からジークとの結婚までの間は、レオンハルトと深く関わってはドタバタしていたのに。
このイベント上での時系列で言えば、ジークとの結婚間近の時に起こったストーリーらしい。


ジークが占い好きについても、ちょっと待った――――!!
てか、おい。
オリバー王子の専属執事であるウェルナーとキャラがかぶるやんΣ(´Д`;|||
(ウェルナーも男らしい言動に似合わず、ジークと同じくオトメンで占い好き。本編参照)

なんだかなあ……(2回目)。
ジークまで『占い好き』設定されてもねえ……まあ、少女マンガ好きな王子だから、まあ、占い好きもアリだとは思うけど、ウェルナーとキャラがかぶるのが……はあ。

わざとじゃなくても。
ひねりがなさすぎ(´・ω・`)


あと、ヒロインがジークの占い好きについて、他人事のように最後までからかうのはいただけない。

例えば、ジークはネコが好き。ヒロインもネコが好き。よって、俺達は相性が良い。
揚げ物が下手なヒロインに代わって、ジークが揚げ物担当、ヒロインがタネ作り担当ならば、俺達総菜屋でも開けるんじゃないか?
お前はパン担当、俺は米担当で俺達は良いコンビになれるな。
ドラマ鑑賞で、同じところで一緒に泣いたりして、ツボが一緒で気が合うな。
―――とか、今まで何かあればジークはヒロインを色々と持ち上げてくれたのに、ヒロインは逆に突き放してからかうんだね?

冷たすぎやしないか?



価値観が違う2人だとしても、何かしら共感共有で、お互いに歩み寄ったりしていたやん。


それから。
シャハラザールの街に出たアスラン・ジーク・ヒロイン一行による、占いについての会話もあべこべだった。
ジークがらしくもなく、占いやジンクスを信じるなんて馬鹿げているみたいなことを言って…
ヒロインがジークの占い好きを指摘して反論、口ごもるジーク。
その後に男前な台詞を吐いたが……

歯切れの悪い言い訳するなんて、らしくない。
他王子曰く「隙がない」ジークは、常に間を置かないしゃべり方をする人だから。
つまり、打てば響くように迷いのない答え方をする人だから。
そこは「なんだ、バレていたのか(赤面)」とジークを開き直らせようよ!

そもそも水晶占いの時点で、ジークが占い好きってことはバレていたんじゃないの?
話がブレまくりの矛盾さ。


そのついでに「君の兄上に紹介された水晶占いをやったが、相性最悪と告げられた」とアスラン王子相手に笑い話でもすれば良かったのに、砂漠のど真ん中で「今さら?」と蒸し返すようなタイミングの悪さで説明したり。
しかも、アスラン王子の野ション発言についてもあり得ない。下品すぎる。

色々と会話も、タイミング的にも噛み合っていない不自然さ……。

なんか変!

とってつけたような内容でキモかった。



それから。
ジークは過保護じゃない(`・ω・´)キリッ(←何度だって言ってやる)
せめて『世話焼き』か『心配性』と表現してほしい……つか、それ以前にジークの心配は男性として当たり前の感情なんだけどなあ。
慣れない土地に来て、しかも危険の増した砂漠の夜にヒロイン1人で外へ黙って行かせるなんて、本来のジークの性格上ありえんって。
なんで『過保護』にしちゃうの?


ケンカも実にくだらない理由。
アスラン王子を疑うジークに、「私は信じる」というヒロイン。

おいおい、ヒロインよ;;
シャハラザールへ出発する前に、自分が言った台詞を忘れたのか??

「表向きの事実だけで、その人のすべてを量るようなことはしない。私が好きになった人は、そういう人だ」

……なんて素敵な台詞なんだ(*´Д`)ハァハァ

と思ったのに……、ケンカになっちゃうの?(´;ω;`)シクシク

それに、ジークもだよ。
アスラン王子との付き合いはジークを含め7王子の方が長いのに、なんで今さら疑うの?
他の6王子達はアスラン王子を信頼しているからこそ、連合入りに納得できないでいたのに。
そもそも一国を担う王子で、義理人情深いジークこそが、たやすく判断を狂わせて良いの?

むしろ、そこは付き合いの浅いヒロインにアスラン王子を疑わせた方が、話としては面白かったはず。


それにしても、このライターさん。
よっぽどこの2人をケンカさせて、気まずい一夜を過ごさせるのが好きなんだね〜アホらしい。
これ、前イベ『真夏のシークレットMEMORY』でもそうだった。

いい加減してほしい。
この2人は最初からケンカップルじゃない。
本家と混同するな。
GREE版ジークのキャラ解釈を間違えるな。



ジークとアスラン王子との会話もすっきりとしない。
特にアスラン王子の連合入りの理由について、あいまいに笑顔で「察してくれ」とか沈黙の応酬で終わり。
何のためにわざわざ、遠方のシャハラザールへ来たのか。
「喉から手が出るほど欲しい」という情報も成果も得られずに、すごすごと引き下がったのが納得できない。
他王子達のイベントストーリーでは澱みもなくアスラン王子と話ができていたのに……特にイヴァン編では流れるような筋書きだったのに。


ヘイダル王子の企みもよくわからんかった。
ジークとヒロインを亡き者にしたかったのか?
他王子編では
『幸運の女神』であるヒロインを欲した上での策略だったけど、ジーク編だけはなぜか『幸運の女神』という言葉すら出なかった。



しかも。
ヘイダル王子との対決前に、ヒロインが「ジークに怒られちゃうな」と言ったけど、そこはせめて「ジークを心配させちゃうな」にしてほしかった。

なんでジークが怒るの?
何回も言うけど、ジークはでたらめに怒るような人じゃないよ。
1回は怒るだろうけど、ヒロインの無茶ぶりも理解した上で
「まったくお前は……」とか最後には許してくれる人だよ。

ヒロインもわかっていて、あえてヘイダルとの対決に臨もうとしたんじゃないの?


このライターさん、ジークのことまったくわかっとらん。
ついでに、少女マンガ節も理解できとらん。


そして、最後の最後まで『占い結果:相性最悪』のままで終わりやがった。
いや、そこはあえて「やっぱり相性最高だったか!」ドラマチックなどんでん返しでお願いしたかった……はあ。
暗い話が続いた後の楽しい!ハッピー!何も憂うことはない幸せ!で締めた方が、物語としては最高なのに。
ジークみたいな男性はね、小さなアンハッピーにいつまでも気にするタイプかと思う。
いくら「占い結果に振り回されることはない」とカッコ付けても、根っからの占い好きだと、忘れた頃にふと思い出して憂うことになるからな〜私もそうだし(笑)

ハンスのフォローも含め、あの締めでENDは悪くないと大半の人は思うかもしれないが、私は納得できない。
とってつけたような台詞に思えて、最後までしっくり来ない。

言霊は大事だから、せめて相性最悪を全力で払拭したENDにしてほしかったのに、どうにも締まりがなかった。

萎えるわ〜〜…(´・ω・`)


例えば、いくら占いで相性最悪と言われても。

俺達の体の相性は間違いなく最高なはずだ(笑)チュッ
お前とのキスは大好きだ。チュッ
お前の匂いも大好きだ。チュッ
いくら抱いても抱き足りない。チュッ
3年経っても味わい尽くせない。チュッ
お前に夢中だ。チュー
お前との一体感はいつだってたまらない。アッ合体
夫婦円満の秘訣は最低限これに尽きる。アンッ
愛している。アッアー

(……すまん。擬音語は補足としては絶対に外せない(笑)(笑))

キス魔のジークを遺憾なく発揮させて、少女マンガのような甘々な台詞盛り沢山で締めてくれたら、読者としては「やっと報われた(ハァト)」とメロキュン萌えしちゃうぞ(//ω//)
今までの意味不明な話をなかったことにして、「ジーク最高!」と身悶え幸せに浸れること間違いなし!!


以上、違和感満載なジークストーリーでしたな(´・ω・`)


最後に、スチルも酷かった件(泣)
ジークが老けてるぅううううΣ( ̄□ ̄;|||
ジークの頭頂部が盛り上がりすぎて、異形に見えてキモいぃいいいいΣ( ̄Д ̄;|||

……せっかくの素敵な色合いだったのに、残念すぐる(´;ω;`)

次回はリベンジとして、ジークをもっとカッコ良く描いてほしいな(ハァト)



この場を借りて物申す―――。

ライターさん、あなたが書けば書くほどジークをわざと貶めているとしか思えないので、もう二度と書いてほしくない。
ケンカばかり、つぎはぎだらけで辻褄の合わない話ばかり書いて、ジークファンを悲しませないで
いい加減な気持ちで書かないで。
『王子様のプロポーズ2』を続けるモチベーションをなくさないで。
今一度、過去に自分が書いてきたジークストーリーを読み直して、本当に面白かったのか、本当に楽しかったのか、本当に幸せな気持ちになれたか、再確認していただきたい。

何回読んでも気持ちが温かくなる、幸せになれるジークストーリーを熱望!切望!!

あと、私がジークのために語った言葉すべては、ジーク以外絶対不可侵領域ネタでお願いします!

絶対に他の王子や他のキャラにネタを回してくれるな。
言葉というのは、自分の魂の分身でもあり、魂そのものでもあるから、書く身としてはわかっていただけるかと。



運営さんも、リュオやヘンリーという『人気キャラ推し至上主義』は勘弁して。
オリバーやクオンやジンなどの『お気に入り推し』も控えていただきたい。
この頃のロイヤルトークにジークがほとんど登場しなくなったし……ジーク不足(´;ω;`)
急な配信終了やスマホ移行の猶予もなく、中途半端なお知らせで慌てるガラケー姫を追い出し、スマホ姫限定にするなんて鬼畜すぎる。
(かくいう私も、慌ててガラケーからスマホへ機種変更したよ)

せっかくのご縁があって、リア合間合間にやり続けてきた方々だ。
そんなユーザー姫1人1人を癒し、幸せにできないでどーすんの???


☆夢小説サイトにてジーク夢小説公開中☆
↓以下リンクをクリックすると別サイトへ飛びます。
R18『思うがままに、我がままに愛して』
ありがとう ごめんなさい 許してください 愛しています

モンテ・クリスト伯爵

モンテ・クリスト伯爵

 

2016.09.02 Friday 20:34 | - | - | 
<< 【GREE】王子様のプロポーズ2・ジークを萌え語ってみる☆5☆ | main | 【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク&リュオ分析☆ >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache