<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2009年☆Best5☆

もうすぐ国家試験なのに、まったく勉強していない紫煌どす。
はあ〜母の病気と大掃除で……ブツブツ……まあ〜全力を尽くすよふふっ。


さて、昨年2009年は、諸般の事情であまり読書も視聴もできなかった。
そんな訳で、部門別に語りたいところだが、今回は総合でソーリー汗


以下、BL(ボーイズラブ)含む。

冠5冠イルーナ戦記(docomoアプリゲーム)
本来非ゲーマーの私だが、久々に泥ハマり。
ストーリー等はツッコミどころ盛り沢山だが、何かの合間に片手でできるのが良かったのか?
(2010年現在、退会済)


冠4冠烏城あきら(小説家)
仕事と恋愛との両立加減が良いワーキング小説。
また、サブキャラクターも魅力的で、笑いあり涙ありハラハラドキドキワクワク一気に読める。
そして何より、伏線を張る&回収のタイミングが、絶妙すぎてお見事ヤッタv

放水開始『放水開始! 』許可証をください !6
(著)烏城あきら
(画)文月あつよ
二見書房(2009/11/24)


冠3冠奈良千春(挿絵家)
デビュー以来の5年間の変遷を見ると、確かに残念かもしれない。
絵が変わりすぎ、劣化が激しすぎと賛否両論もある。
しかし、彼女の描く挿絵はただの挿絵じゃない。
ドラマだ。
小説家の意図以上に汲み上げ、1ページのすべてに込められた表現力はまさに神業!
以下、4作品は私好みの表紙moe

新宿退屈男3『新宿退屈男 愛欲の交叉』
(著)愁堂れな
(画)奈良千春
竹書房(2009/11/25)

愛しているにも『愛しているにもほどがある』
(著)中原一也
(画)奈良千春
二見書房(2009/4/23)

龍の初恋『龍の初恋、Dr.の受諾』
(著)樹生かなめ
(画)奈良千春
講談社(2009/8/5)

龍の宿命『龍の宿命、Dr.の運命』
(著)樹生かなめ
(画)奈良千春
講談社(2009/8/5)
※2冊で合わせ絵heart


冠2冠末次由紀(漫画家)
『ハルコイ』で初めて読んで以来、ずっとずっと気になっていた。
読むのに躊躇っていた『ちはやふる』……面白い漫画を読みたい!という強い欲求に負けたところ、どっぷりハマってしまった手
これ、マジで少女漫画!?
少年か青年漫画とちゃう!??
笑いあり涙あり真剣勝負ありと、絶妙なさじ加減!
かるたをスポコンと言うには微妙なのに、描かれている世界はまさにスポコン!
他の絶版漫画、読んでみたいな。

ちはやふる5『ちはやふる 5』
(著)末次由紀
講談社
(2009/6/12)


冠1冠水城せとな(漫画家)
弱さ・狡さなど、人間の美醜をあますことなく表現している。
追い込んで追い詰めて、間違えながら、それでも人間は選択し続ける。
曖昧ではいられない、愛さずにはいられない究極の結末。
何も選択しないでいられるのも良いかもしれない。
傷つかずに済むから。
でも、その現実は酷く空虚で退屈だ。
だからこそ、求めてしまう。
たった一片の可能性に、じたばたしながら。
愛とは何か……性別すら超越した共感や色気がそこにある。

窮鼠は『窮鼠はチーズの夢を見る』
(新装版)
(著)水城せとな
小学館(2009/5/8)

俎上の鯉は『俎上の鯉は二度跳ねる』
(著)水城せとな
小学館(2009/5/8)


以上。
2010.01.05 Tuesday 21:23 | - | - | 
<< 2010年抱負 | main | ドラマ『筆談ホステス』 >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache