<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆12☆執事交換〜ひめごとスキャンダルレポ

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


GREE『王子様のプロポーズ2』にて開催済のイベントについての『ジーク通知表』は以下のとおり。

ジーク通知表12

今回の通知表からは『獣感度』の項目を追加。

一番の理由としては。
やはりジークの
「我慢できない」定番台詞『隠れ野獣系』完全復活切望。


他王子では色っぽいシーン展開なのに、いつまでもジークだけが色っぽくない。
恋人としてではなく、娘にするような萌えに成り下がってばかり。
そういった格差が広がれば広がるほどジーク姫の鬱憤は徐々に高まる一方。
(リュオは18歳のため、26歳ヒロインとの色っぽいシーンは逆に引く……年齢的に不道徳だから)

ジークはただ優しいだけじゃない。
オトメンだけど、意外と激しい
気性だけじゃなく、愛し方も。

『氷王子』『乙女王子』といった
二面性を合わせ持つ
『猫かぶり王子』だからこそ!

ジークが
弾けたときは


萌え最強!!


それがいつの間にか
ただの優しくて淡白な、
草食系男子ジークに成り下がって
ジーク姫が納得できる訳がない。

一度ジークの
激しさハマってしまえば、基準以下の萌えで満足できる訳がない。

もっとそれ以上望み期待し続ける

推し姫の立場になってみれば解る

単純なことだろう?



壁ドンからの〜合体とか、破れるまで愛し合ったりとか。
優しい微笑みで「我慢できない」「我慢したんだ、いいだろう?」ヒロインの許可もなく押し倒したり、キスしたり、容赦なく服を脱がせたりと、獣感全開の手際の良さ(///∇///)(///艸///)(///∇///)
「キャー」「イヤー」「待って待って」と最初は口だけ抵抗するヒロインも、本音では嫌じゃない。ジークの甘い台詞や押し切るような愛撫に「んも〜…好き」ただただ流されてしまうのもイイ(///∇///)(///艸///)(///∇///)

ほんのちょっとの、キスシーンも書くのが上手かったし……少女漫画みたいできゅんきゅんしたほど(///∇///)(///艸///)(///∇///)

はあ〜〜……あの頃のジークは良かったなあ(///∇///)(///艸///)(///∇///)
初期ジークのイベはやったことないけど、購入イベストだけでも萌え効果絶大。
あれでジークのことがますますズプズプ好きになったんだよね。

一度発情したら場所など関係なくサラッと強引昔の隠れ野獣系ジーク復活に、姫は待ち焦がれている。

それ以下の萌えなんてぬるすぎて、ジークじゃないよ。



さて、本題。


3月末のハート集めキャンペーンストーリーについて。
執事交換によって、ジークに就いたのがオリバー専属執事であるウェルナー。

But!!
ジークの良さをもっと掘り下げることなく、「さあ、これからが面白くなるところ」で突然!ウェルナーの男泣きでストーリーがプッツン切れ……。
「えっ?これだけ!??」と自分でも驚いたね〜〜あんな尻切れとんぼで終わるなんて……酷すぎる。
他王子編では初日〜最終日までを勤め上げた内容なのに、ジーク編だけが初日でネタ切れ。

もっとなんかあるだろ!
例えば、ウェルナーの武術を見込んで「稽古に付き合ってくれ」とジークが誘って、ドレスヴァン城の地下でも何でもいいから、体育バカのハンスが揃えたトレーニングジムやら稽古場やらで一戦を交えるとか。
ジークの本格的な武術に対してウェルナーが「ジーク様、細身なのに意外と鍛えていらっしゃるのですね……」と驚けば、「ヨガもやっているからな。ただのマッチョだとむさくるしいだろう?」と快活に笑って応える。
あるいは、少女漫画の影響で「俺はただ強く逞しくマッチョになりたいのではなく、愛する者も守れるためのヒーローでありたい。だから一通りはこなせる。バカげたことだと笑われるだろうが」と潔いほどの開き直りで笑い返すジーク、とか。

あ、ジークは割と好戦的なキャラだよ。

イヴァン×ジークおしどりコンピ

ケヴィン×ジーク特攻コンビ

ジークが先に仕掛けてケヴィンがトドメを刺すポジション


『オトメンなのに漢らしい』と何度も言っている通り、意外と引き出しが多いんだよジークは(笑)(笑)
ドレスヴァンは元々軍事国家だったから、多くを言わなくてもわかるだろ?
ジークの祖父・ジョジュアの専属執事ジャンが元スパイだったように……。
調べたらわかるのに、運営さんもライターさんもまったくジークの魅力を生かそうとしていないのが残念すぎる。

おっと、話がズレたな。

あと。
お互いに料理が得意だから、一緒に料理をして親睦ランチを楽しむとか。
そして、執事交換最終日には「さすがジーク様……!隙がない!!」とウェルナーが尊敬の眼差しとか感動とかで、ちゃんと筋にそったストーリーで終わらせた方が理想的。

いくらでもネタはあるのに、初日で終わらすなよ〜〜ガックリ。
他推し姫も「せっかく面白かったのに、アレで終わりなんて短すぎる。ジークの魅力をもっと読みたかった」と。


続いて、4月イベ。
ジークひめごと

タイトルを見た瞬間に、私が書いた夢小説『秘めごと』を思い出したね。
もちろん、私だけじゃなく夢小説読者さんも「色っぽい話かな〜〜楽しみ!」とワクワク期待していた。

ところが!
いざ読んでみたら、肩透かしの連続。

全然色っぽくね〜〜(´;ω;`)


ジーク姫も「獣感ないね……」溜息溜息

ハッピーエンドルートのラブシーン、ライターさんが頑張って書いたのは伝わったけど、ジーク姫にとってはやっぱり違う;;


他推し姫にも言われたよ。
「安定の物足りなさだね」


不平不満が溜まるばかりのジーク姫……。
スト評価(見方)が厳しくなってきているから、思い込みや独りよがりで書かないでほしい。なあなあではなく、自分で「萌え面白い!」というストをちゃんと書いてほしい。
いつまでもジーク姫のニーズに反した駄作ばかり押し付けられても大迷惑なだけ!!

ヒロインみたいに、お客さまの喜ぶ顔が見たい、笑顔が見たい、感謝の言葉をもらうと嬉しい、そのためならもっと頑張れる……そういった気概心や向上心がライターさんにはないの? 何のためにライターになったの?

これでは課金ジーク姫に対しても失礼だし、不公平だろう?


私が書いた夢小説『ヒロインフェチ』の影響だろうけど。
『妊活』を『ひめごと』と呼ぶにはネタが弱すぎる。
ここはジークの家族をも巻き込んでほしかった。
それに、未来の次期国王だから、世継ぎについてはプリンセスになった時点で期待されることなのに、何も話題にならなかったのは普通に考えておかしい。
ドレスヴァンの大臣って保守派で口うるさいヤツが多いやん。
あれは一般人の思考回路だよね……ストを読んで一番に感じた違和感。

妊活のキッカケは、皆共通していることだろう。

『愛する人の子どもが欲しい(生みたい)』

これをまず、強調してほしかった。


そして。
「赤ちゃんの頃のジークはどんなだったんだろう?」
「ジークはどんな子どもだったのだろう?」
将来の自分達の子どもを想像するうちに、ジークのいろいろが気になり出して、ジーク妹のジルや義父母・義祖父母に話を聞いたり、もう一度アルバムを見返したりと、忙しいジークの知らないところで楽しく妊活、という話にしてほしかった。

それなのに。
ヒロインがやたらにうじうじしていて、ひとり妊活なんてつまらなすぎる!!
前回イベまではジークがうじうじしまくっていたが、今度はヒロインかよ……なんだかなあ。

風邪という仮病を使う羽目になって、何でもないのに世話されたり、どうでもいい嘘をついたり、というヘタな茶番劇にあくびの連続。
特にStage3は、同じことをぐるぐる言ってるようなメリハリもない内容で、読むのが苦痛だったね……結局、何が言いたいのかわからんかった。
ノーマルエンドルートも同様に読み応えがなかった。

まさに。
迷走の如く。

私の好きな萌え「脱げ」さえも空回り。
夫婦になって2年なのに、なんで付き合いたての初心な反応するのか……慌てふためくヒロインの心の声にめっちゃ違和感。
そこは長年の付き合いによる妻らしくどっしり構えて、「もう、ジークったらえっち!」とか気心の知れたあしらいをしてほしかった。

一言断っておくが、ジークイベストでの失敗を他キャラでリベンジしないでほしい。EK版向けにイベストをすぐ書き直してほしい。
2017年ジークBDストでの失敗について書いた私のブログ記事を参考に、
ヘンリーイベストでリベンジしたライターさんのあざとさにイラッとしたよ。



スチルは言うまでもなく大不評だったね。
絵師さん、どうしたんだ……頑張ってくれよ……。


ただ1つだけ良かったのは。
「おい、笑うな」というジーク台詞の復活。
小気味の良いヒロインとの会話のやり取りで、昔よく使われていたの。
あの頃のストはテンポ感が良かったな〜〜会話も含めワクワクドキドキと早く次を読みたくなるような……本当に笑いも萌えも読み応え抜群だった。2014年と2015年のジークBDも良かった……。

思い出したついでに。
ボイス付のプリンセス誕生日BOXで『ヒロインがジークに向かって思いっきり抱きつく』行為も復活したな、と。
あれも昔のジークヒロインらしさの1つ。
過去記事『ジーク&リュオ分析☆』で書いた通り、ジークヒロインは『意外とくっつきたがり』だから、何かあればジークに抱きついていたんよ。
ここ2年ほどのジークヒロインは、別人みたいに大人しくて物足りなかったり、ヘンリーヒロインみたいな変にしっかり者だったりと違和感があったから、「ジークが大好きでたまらない」というちょっとズボラで負けん気があって、ちょっとツンデレで、雑草根性さながらに元気無邪気なヒロインに、再び出会えて嬉しかった。
ニマニマしながら読んだね〜〜これを書いてくれたライターさんありがとう♪♪


果たして。
5月以降のイベジークストはどうなんだろうな。


ジーク課題おさらい。
1)ジークスチル。
   (横顔や他キャラ既出構図のトレースという手抜きは×)

2)ジークの嫉妬大爆発。
3)ただ優しいだけのジークに終わらせない。
  引き出しの多い、意外性に富んだジーク。

4)ヒロインの魅力。
5)私基準でいう◎パーフェクト評価◎
6)ジーク下克上↑↑


もちろん、以下ストーリー要素も忘れずに。
1)テンポ感。メリハリ感。
2)ジークの大きな笑顔。
3)隠れ野獣系ラブシーン。

  (少女漫画好きなジークらしい、さらっと強引系)
4)ジーク定番の萌え台詞「我慢できない」
5)時たまに魅せるアホっぷり。

6)漢らしさ。大胆さ。

軽い毒さえもスパイス、
笑いあり萌えあり涙あり、
ヒロインは雑草根性で生き生きと、
そして
常に猫かぶりな王子が
垣間見せる『無自覚さ』こそが最大の醍醐味!!

(ジーク本人にはまったく悪気がないのが萌えポイント)



執事交換特典の背景アバと手持ちを組み合わせたら可愛くできたので、備忘録変わりに貼付♪
執事交換アバ

ひめごとイベアバと手持ちの組み合わせが可愛くできた例♪
深くおぼれるアバ
2018.04.29 Sunday 20:28 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆11☆深くおぼれるFLOWER HOLICレポ

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


先日GREE『王子様のプロポーズ2』にて開催されたイベが終わったので、ジーク通知表という名のもとの公開処刑は以下のとおり。

ジーク通知表11
※2018年6月『獣感度』追加。

誠に残念ながら。
イベントストーリー初の、全滅評価。
(ハートハントストーリーはショートな上に、手紙やスチルがないため対象外)

つまり、0点

今まではどんなにつまらんストでも、手紙やスチルでなんとか救われてきたが、今回ばかりはさすがに無理だった。

待ちに待った大人色っぽいジークじゃなかったから。

胸を震わすラブストーリーじゃなかったから。


1回読んだだけで失望したね。
ジーク姫も口を揃えて「ストが薄い」「ジークだけが色っぽくない」「スチルも微妙」などなどと情状酌量すらもない。

これを書いたライターさん。
いつまで『分からず屋のアホ』を続ける気なんだ?

ライターとしてのプライドを持って、全力で面白く萌え書いてほしかった。

私がライターさんの立場なら。

『0点』という結果に屈辱を感じるより先に、こういう結果を出してしまった自分が情けなくて恥ずかしくて、今まで書いてきたジークがどれほどの間違い(自惚れ)だったのかと思うといたたまれなくなるよ。


なんでこーなった?



今まで配信済みの過去イベントストーリーやユーザー姫からの膨大なアンケートをいつでも読める、私よりも恵まれた立場にいながら――。

ジーク姫

ニーズ

何故

汲もうとしない?



ジーク深くおぼれるFLOWER HOLIC

まず、GREE『王子様2』にて3月イベントスケジュールが発表された時点で、私の知るジーク姫ほとんどが『大人色っぽいジーク』を期待した。

特にジーク夢小説の読者さんの場合だと。
「イベタイトルが『※女の子の恥じらい』っぽいから、えっちなジークが読めるのかな(//∇//)ワクワク」とか連結した期待を込めては、それはそれは楽しみにしていたんよ。
(注:夢小説『※女の子の恥じらい』最後のシーンで「狂おしく溺れて」という文章表現があったため)

長いことジーク☆獣感大全開☆を読めていなかったからね〜〜…
他王子の色っぽいシーンを読むたびに「なんでジークだとこういう大人っぽいラブシーンを長く書こうとしないんだろう?」「ジークのラブシーンはいつも瞬間瞬間で終わるから不完全燃焼」「娘にするような、可愛いだけで薄〜い萌えにはもう飽きた」とか、募りに募った不満が膨らむばかり。
もちろん、それらは。
ジーク姫共通の切実な想い。
(2018年のBEASTイベジークはいじいじうじうじと女々しく、ジーク姫が納得ゆくような、勢いのある男らしさや色っぽさがなかったからノーカウント)


それが!

蓋を開けてみたら!

なんじゃそらーーー!!



全然色っぽくねぇ!!!

Σ(´Д`;|||



このライターさん、私のブログ夢小説チェックしているのがバレバレだが、色んな意味でニーズをわかっていない!!

「ヒロインにがっつくジークが読みたかったのに、またかよ……(´;ω;`)」

などなど、待ちくたびれているジーク姫の嘆きもわからんの?



早速、起承転結の『起』で滑りまくり。
ケヴィンの問いに対して、ヒロインが「ジークのオトメン力は尊敬しますし、誰よりも魅力的ですから」と笑顔で答えるシーン……


はあ!??Σ( ̄∇ ̄;|||

根本的に

間違えてやがるーーー!!



ヒロインがジークに

惚れた決め手

オトメン力

じゃなく

男らしさだ!!



そこはこんなふうに書いてほしかったよ……ガックリ。
「まあ、ジークのオトメン力にはいろいろ助かっていますけど……どちらかと言えば、普段が男らしいので、そこに頼もしさを感じますね私は」と答えては、昨夜の情熱的なメイクラブを思い出しては「えへっ」と両手で口元を隠しては一人勝手にニヤけてしまいそうになるのを何とかこらえるヒロイン。
その様子に6王子達は「あちゃー思いっきりノロケられたな」「なんか見てはいけないものを見てしまった気分だ……」呆れ顔やら、「ラブラブだねー」からかったりとか。

……まあ、「えへっ」は見逃してくれw


それから。
オトメン力がなくなったジークがいつまでも落ち込んでばかり……。

また、うじうじしてやがるーーー!!

ライターさん、なんでジークを
男として情けなくも女々しくしたがるのか?

違うだろ!!

こういううじうじジークの姿を、祖父のジョジュアが見たら絶対!怒るよ!!

「何をたるんでいる?男だろ!!」と。


それに、頭の回転が早いジークなら『オトメン力』がなくなったらなくなったで時間を無駄にしない。
長年少女漫画を読んできたジークなら「ヒーローはどんな時でもこうであれ」などと、ブレずに貫いている理想像があるはず。
少女漫画を読んでも胸きゅんしなくなったなら、逆にチャンスだと発想を切り替えて合理的に行動するはず。

「せっかくだ。今まで興味が持てなかったこと、苦手だったことを、今のうちに試してみよう」

『厳格な国出身の堅物王子』『政治にも経営にも精通している』『仕事が早い・隙がない』という、ジークの初期設定忠実に踏まえてほしかった。


例えば。
妹のジルからいつもプレゼントされる、むさくるしい書籍『男の美学』シリーズを試しに読んでみると「むっ?なかなか面白いではないか……!」とどんどん読み倒したり、筋トレを始めたり。
今までヒロインに甘えるのが下手だったジークが、急に甘え上手になったりとか。

ヒロインはヒロインで。
今までジークが世話焼きだった分「しばらくは『亭主関白』を楽しんでみては?」とからかったり。
「オトメン力が無くなっても、まだ私のこと可愛いとか好きとか……キスしたいとか、思っています?」など、ジークの気持ちを試すようなことをしたり迫ったり(笑)

いくらでも萌エロいシーンは作れる。

ただの同居ストーリーにしないでくれ。
家族ストーリーにしないでくれ。
設定が恋人でも夫婦でも、ちゃんとしたLOVEストーリーを書いてほしかった。



そして、またしても。
ジークの嫉妬がショボすぎる!!

去年12月Xmasと今年1月BEASTイベを書いたライターさんと同じ人?
嫉妬の仕方がのっぺりと棒読み感ハンパない!!

過去記事『ジーク通知表☆10☆』で「ジークは嫉妬するとわかりやすく不機嫌になる人」と私が書いた文章をチェックしたのは良いが、それをそのまんま書くな!って。

ひとひねりもふたひねりもない、何の深みもない「嫉妬してわかりやすく不機嫌になったジーク」で終わってやがる……進歩がない。

ノーマルルートのジークは平坦で抑揚もない嫉妬の内訳が続いて、めっちゃ退屈だった。
年末のハート集めスト『王子と執事の年越しハプニング』ジークみたいに、感情的にもなっていない。

嫉妬と呼ぶには、

ジークが冷静すぎる!!


話にならないよ……。
その後に続いたラブシーンも、ラブシーンらしくないまま一瞬で終わって、萌えなかったね。

それに。
自分がリップを塗ったヒロインの唇に色気を感じたジークが「キスしたい」と思いながらも結局「せっかくのリップが取れるから我慢しよう」と……

何もしなかったジークなんて
ジークじゃない!!

キスしたいと思ったらキスするのが
ジークなんだよ!!


だってヘアメイクもできるジークだから、「リップが取れたらまた直せばいい」と何度だってキスできる。
過去イベでもそうだったし、続編のお忍びデートでもそうだった。
そういうジークに私らは萌えたのに、なんなん??
FLOWER HOLICジークは昔みたいな強引さもなく消極的……

ガッカリだ。

課金する価値もない超駄作



あと、ジークヒロイン……
だんだんとヘンリーヒロインぽくなってきてるね?
やたらに張り切っている女なんて面倒くさい。妙な違和感。
違うよ。
ジークヒロインは気は強いが、ちょっとズボラで抜けていて、垢抜けないぶてぶてしさがあるんだよ。
本編を読めばわかる。


スチルは目閉じ横顔だったため、私の気持ちは最初から「×」確定。
しかし。
全評価全滅というのもちょっとなあ……私の独りよがりかもしれん」と思って、ジーク姫にジャッジしてもらおうと話を振ってみたよ。

すると。
「良いけど、家族だねw」

……なるほど〜〜感心してしまった。
さすがジーク姫、目の付けどころが違う。

つまり、通訳すると。
「絵崩れがなくて良いけど、LOVEスチルではなく家族スチルだから萌えないねw」

続いて、ジーク姫はこう言ったよ。
熟年夫婦じゃないストが読みたいね」と。
もう……ストレートに心に来たわ。
長いこと思い続けてきたことを、言葉にかえて的確に答えてくれる。
心折れそうなジーク愛のモチベーションを保ち続けていられる。
本当にありがたい存在だよ。


ということで、今回は申し訳ないけど。

全評価全滅確定。


なんだかなあ……。
自分で書いてみて萌え面白かったのか、逆に聞きたい。

あ、ちなみに。
このライターさんは私の文章の影響か、ジーク編で「逆に聞きたい」と書いていたから、どういう意味かわかっているはずなんだけどなあ。

もし私の職場の上司が、今までのジーク通知表をひと通り確認することがあれば即「努力をしていない証拠」とバッサリだよ?
「本当にユーザーのことを考えているなら、今までの失敗を踏まえて何度でも繰り返し調べておけば、おのずと結果は出る。いつまで経っても結果が出ないのは、やる気がない証拠。お給料のために義務的に、嫌々書いているだけ。だったら、最初から駄作を書かせない方がマシ。経費の無駄」


つまるところ。

長らく続くジークイベスト不作

イコール

ライターさんの映す鏡



もうライターさんをチェンジしてくれ。

いつまでも

ジーク姫

幸せにできないなら、

ジークを書く

資格はない。


私らはお金を出す利用者側、ライターさんや運営さんや絵師さんはサービスを提供する側。
ユーザー姫のニーズに反したジークイベストなんて誰も読みたかないし、課金もしたくない。
プレイ意欲も低下↓↓

もっと商売上手になれ!!

今のままではただの怠慢だろ?


今後はラブシーンに強く、男らしくて大人色っぽいジークを書けるライターさんにしてくれ。

その方が時間も金も無駄につかわなくても済む。

夢小説読者さんが何故、
「こんなジークを待っていました!」
「萌萌萌」
「ソシャ本家を超えた面白さ」
などなど
私が書くジークを気に入ってくれたのか?

答えは至って単純。

オトメン要素を踏まえつつ、
男らしくて色っぽいから。

家族熟年夫婦ではなく、
ちゃんとした男女関係

萌えラブラブだから。


特に『ふたり睦みごと』は反響が良かった。
「遠距離で1回も会っていないのに、ジークとヒロインのラブラブぶりがすごくて感動した。上手い!!」とか。
言われてみて「あれ?会ってなかったっけ?」と再読み返してみて「本当だ!」と(笑)
あれはジークだから書けたんだよ。
私が読みたいジークを、夢小説へ思いっきり投影させたからね……いくらでもラブラブは書ける。


最後に。
ジーク夢小説を閉鎖したことを、私は後悔していないよ。
何故ならジーク愛を守りたいから、他の誰にも荒らされたくない。
私が書いた萌えはすべて私のもの、ジーク以外のキャラクターには譲れない許さない。
だから簡単に再公開はしない。
GREE『王子様2』ジークイベストやスチルが最低でも9ヵ月連続萌え萌えだったら、その時に検討しよう。

本当は今日、夢小説の続き『隠れ野獣系ジーク』を公開する予定だったが、イヴァンBDでのミハイルルートを読んで逆に「公開せず閉鎖して良かった」と安堵したね。
何故なら私のブログ記事『専属執事は王子様』ジーク萌え語り☆や夢小説からのネタを使われていたからだ。
禁欲ネタは他王子等や他アプリ等に使わないでくれと書いたのに……どうせ書くならジークにしてほしかった!!
私が全身全霊で書いたジーク最萌え作品をお蔵入りにしてでも、別に痛くも痒くもない。
私だけのジーク愛だから、ライターさんに萌えネタをパクられ他キャラに使われるよりはまだマシだ。

たとえ私のワガママだろうと、ジークストで長いこと結果を出せていない運営さんやライターさんには言われたくない。


私の願いはただ1つ。

ジーク下克上↑↑

2018.03.23 Friday 20:26 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク夢小説閉鎖のお知らせ☆

誠に勝手ではございますが、
本日3/11付で
ジーク夢小説『思うがままに、我がままに愛して』
を閉鎖いたしました。



最大の理由は、
GREE『王子様のプロポーズ2』でのジークイベントLOVEストーリーが連続して面白くなかったから。
萌えきゅんしなかったから。

私が好きになった本編『恋のはじまり』のようなテンポ感・ラブコメ要素があって、
オトメンだけど漢らしい、
メリハリのあるジークじゃなくなったから。

いくら他王子推し姫が「良かった」と言っても、ジーク姫にとっては違う。

そんな私の切実な想いに反して、
ジーク愛で書いた夢小説やブログ記事から得たインスピレーション(影響)や萌え等を、ジーク以外の他キャラにネタ転換(アレンジ)するといったボルテージライターさんによる迷惑行為が未だ散見される始末。

なんでジークで書かないの?
それが一番許せない。
自惚れるな。

肝心のジークイベントLOVEストーリーは色気も獣感もテンポ感も無く、上っ面だけの内容になってきている。
少なくとも私が書いた夢小説のジークを超えるほどの魅力も努力も見えてこない。

せっかくの萌えさえも棒読み感が否めない。

私は昔から狼男子の甘言に慣れているため、ちょっとやそっとの小さくて可愛い萌えには心動かされない。
特に、使い回しの激しい「あーん」なんてくだらなすぎてクソ食らえだね。
「ベタ甘」と評している有川浩氏の恋愛小説でさえも、私にとっては普通すぎたほどに。

ガツン!と心を揺さぶるほどの、子宮まで震えるほどの強力きゅん萌えでないと、私には通じない。
それくらいの独特さ(オリジナリティー)で、
萌え倍返しジークイベLOVEストを書いてほしかった。


また、ボルテージライターさんへの不信感不愉快感等が拭えなくなり、執筆意欲もモチベーションもなくなってしまったのもある。

失望しかない。
続ける意味がない。
私は他キャラのためにブログ記事や夢小説を書いてきた訳じゃない。
ジークのために書いたのに、何故他キャラで書くのか?
ボルテージライターさんに裏切られ、ネタ利用されるばかりではもううんざりだ。
黙って看過できるほど私はお人好しではない。


元々、夢小説を書き始めたキッカケは
ボルテージライターさんによる私のブログ記事を媒介にしての迷惑行為防止のためだった。
「私が読みたいLOVEジークはこうなんだよ」と一例として示すためのツールでもあった。
夢小説読者さんのことは一切考えずに、ただひたすらジークが好きでジークが好きで、ジーク好きが高じた末の自己満足のためでもあった。

それでもボルテージライターさんは懲りずに、そんな私のありったけの想いすべてを裏切るんだね?


よって、夢小説連載途中という中途半端な形となり、心苦しく忸怩たる想いもあるが、
やはりGREE『王子様のプロポーズ2』でのジークイベントLOVEストーリーでのハズレ(不作)続きにはもう疲れてしまった。
ブログ上で何回も警告しても懲りないライターさんの厚顔無恥な迷惑行為にも疲れてしまった。

2年は長い。
2年もハズレLOVEストを読まされてきた。
未だにジークというキャラクターを掴み切れずにブレまくりの2年間。
当たりLOVEストが1作あればラッキーなんて、そんな都合良さを私は望んでいない。
ライターさんの「ジークを良くしよう、ジークを萌え面白くしよう」という、腹の底からの気概や向上心が伝わって来ない。

結局「この程度かよ」と涙が出てくる。
涙が止まらない。
私が好きになったジークはもういないんだな、と。

萌え色気獣感ラブコメ要素漢らしさもない、今のイベントLOVEストーリージークはぬるく、残念すぎてイライラする。
優しいだけで何の変哲もないジークなんて『その他大勢』並みの魅力でしかない。


申し訳ないが、ご理解いただけると幸い。


最後に。
ここブログや数人の姫友さん以外はまったく宣伝していなかったのに、想像以上に夢小説閲覧者がいて私自身も大変驚いた。
そして、同時に大感謝している。

今後は気が向いた時に自分の好きなジークを書いて、自分1人で楽しむことにするよ。

ただし。
以下2点の条件が満たされた時点で、もしかしたら……ジーク夢小説復活はあるかもね。

1)GREE『王子様のプロポーズ2』でのジークイベントLOVEストーリーやスチルが「今イベで1番に良かった」「萌え面白かった」というユーザー姫評が連続して安定した場合。
2)私基準での『ジーク通知表』による全パーフェクト評価が連続して叶い「まぐれ当たりじゃない萌え面白さ」と証明できた場合。


たとえ読者さんから復活希望があっても、まずはGREE『王子様2』ジークLOVEストやスチルが良くなってからの話。
そして、私の書いたジーク萌えネタを他キャラで一切書かずに、すべてジークストやスチルへ萌え還元されていると確認確信できてからの話。


こちらジークブログについては、4〜5月のジークイベ如何によっては放置か、特筆したい時のみ不定期更新の予定。


9ヵ月と短い間でしたが。
ジーク夢小説『思うがままに、我がままに愛して』
ご愛読ありがとうございました。


2018年3月11日
真仲彩水

2018.03.11 Sunday 12:28 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆10☆Xmas・年越し・BEAST・Vtレポ

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


GREE『王子様のプロポーズ2』にて開催された、ここ3ヵ月のイベについての私的評価『ジーク通知表』は以下のとおり。

ジーク通知表10
※2018年6月『獣感度』追加。

ボルテージライターさんによる、私のブログや夢小説からのネタパクリは多少落ち着いてきたものの油断大敵。
特にオリバーは要注意。
次点がヘンリーとジン。
マックスもイヴァンもちらっとあるな。
何故なら、私のブログ記事や夢小説を読んで影響を受けた&インスピレーションが沸いたというネタ等がちらほらと散見されているからだ。
例えば、去年11月イベ『ターゲットは幸運のプリンセス』マックス編で、マックスのことを『男らしい』ではなく、わざわざ『漢らしい』と表現されていたのには頭に来たね。
なんでまずジークで使わないの?
過去記事『ジーク通知表☆4☆2017年度上半期イベント編&迷惑行為について』にて、せっかくジーク姫が忙しい合間を縫ってまで語ってくれた
ジーク萌えマックスに横取りされたんだよ?
もう……呆れて、ライターさんの無神経さに腹が立ったね。

今後も抜かりなくチェックだ……まあ、そういうことは私より読者さんの方が敏感だから助かっている。


カードイベント『ヒストリー of ノーブル〜雪どけの約束〜』はジークとイヴァンの物語だが、私のブログ記事と夢小説からインスピレーションを得たのがバレバレ。
ジョジュア時代で決着がついているはずのネルヴァン問題を今さら蒸し返すのは意味不明だが。
ジェットコースター・ヘリコプター・交通手段・シャルル城のヘリポート……と来たら、私の言葉に粘着している方ならもうわかるかと。
過去記事『ジーク二次創作更新のご案内&交通手段について☆』を参考にした上で、夢小説『ひとり秘めごと』25ページのジーク台詞「今すぐにヘリを用意しろ。マックスに連絡だ。朝一で戻る」で大体を察したんだな。


ちなみに。
ドイツの高速道路は速度制限なしだから、200kmのスピードを出してもOKらしい。
だから、ジークはスピードにも強いし、基本的に怖い物知らず。
でももう、ヒロインという愛する人ができてしまえば、一人勝手に無茶はできないだろうね……まあ、常に安全運転のジークだが。


さてさて、本題のジークイベストについて。


まだまだだな〜〜ジーク姫が好きになった『ジーク・リーベン』というキャラクターを完全に掴みきれていない。
いくらストーリーが良くても、ストーリーで頑張っていても、肝心ジークというキャラ解釈を間違ってしまうと、すべてが『超駄作』になる。


以下、ネタバレ感想。


2017年12月イベ。
ジーク201712イベ

ヒロインが、ジークへのサプライズとして、行き先を誰にも告げずに珍しい花を探しに雪山へ踏み込み迷子になる。
「もしかして、遭難……!??」

一方、ジーク側にしてみれば、ヒロインが『失踪』したことになる。もしかしたら『誘拐』かもしれない。
プリンセスという立場上、そう思うのが当たり前。
窓の外は降りしきる雪。由々しき事態。
元来心配性のジークなら、連絡も無しにヒロインがいなくなっただけでも取り乱す取り乱して怒る心配しすぎてつらいから怒って、誰かの制止を振り切ってでも「俺が探す方が早い!」と自ら探しに出かける……そういう人。
基本的に
即断即動せっかちじっとしていられないのがジーク


それなのに、このイベストのジークは心配はしても、自室で項垂れながらウロウロ、ハンスたちの捜索結果を辛抱強く待っているだけ。
結局ヒロインが見つからなかったと知れば「自分で探す」と雪が舞う外へ飛び出すジーク……行動を起こすまでがワンテンポツーテンポ遅い。
オトメンなのに漢らしい本編ジークと比べると『失望しかない』ほどに頼りない印象。

やがてヒロインを見つけたジーク。
ストーリー上で言えば、ここぞ!というべき山場のシーン。
見せどころ。
それなのに、ジークは怒るどころか、ヒロインを満面の笑顔で無条件に許したんだよ??

ありえんわーーーΣ(>Д<;|||絶叫

違うだろ!!


ここは「バカやろう!!」と怒鳴ってほしかった。
そして
「心配したんだぞ!ヒロイン……」とヒロインの身体を引き寄せては強く抱きしめる方がジークらしいよ!!

ヒロインの無事を、体温を確認するために、感極まって頬ずりするのも有り。
激しいキスするのも有り。
「黙っていなくなるな……」と安堵のあまりに涙目ジークも有り。

せっかくの感動が最高潮になるところを、ジークをわかっていないライターさんがすべてを台無しにしてしまったんよ。

7王子の中で二番に、怒れるキャラクターであるジークがまったく怒らなかった……

もう悲しくて、涙が出たね。
呆れて、涙が止まらなかった。
私を含むジーク姫が
好きになったジーク像から遠くかけ離れてしまった

酷い
『ジーク劣化』だよ……。

なんで『優しいままのジーク』にしたがるのか、ライターさんが理解できない。

怒ることもジークの一部であり、キャラクターとしての旨味なのに。
普段はクールぶっているけど、ヒロインが絡むと感情的になりやすいのが、ジークの良さ(面白さ)なのに。


この致命的なシーンに、ジーク姫からはブーイング、他王子推しの姫に至ってはドン引き。
「なんで怒らないの? 絶対違う……」
「ジークらしくない……」
「溺愛っぷりは理解できるけど、普通なら激オコだよ」
「生死に関わることなのに、あっさり許すのは間違っている」
「プリンセスとしての自覚がないヒロインの勝手な行動に呆れる。ここは怒ってほしかった」

しかも、遭難のことが最初から無かったかのように、ヒロインのサンタコスに下手な嫉妬しては甘い夜を過ごして『 END』なのも納得いかない。
普通『失踪』『遭難』等で受ける心理的ダメージは絶大、後々まで痛みを引きずるほどなのに、なんで無かったことにしてしまえるの?
消化し切れない心配をそのままヒロインにぶつけてほしかったのに……。
ベッドで
ヒロインの無事を再確認という形で情熱的に表現してほしかったのに……。
なんであんなに薄〜〜い夜にしてしまったの?

私がもしヒロインの立場だったら
「本当は怒ってほしかった」「不安と恐怖を忘れさせてほしい」「無事に帰ってきた喜びを分かち合いたい」ジークの情熱を切望するね。
優しいジークなんてつまらん。
不完全燃焼。


逆にライターさんに聞くが、もし自分の愛する人(あるいは子ども)が突然いなくなったら冷静でいられるの?
失踪? 事故? 誘拐? 事件?
たとえ無事に見つかっても、無事に帰ってきても、今までの不安や心配等を無かったことにできるの?
できる訳ないやん!!
自分の立場になってみたらわかる。
そういう葛藤もうやむやにしてまで、優しいジークのままで甘く終わらせるなんて都合が良すぎる!!

ジーク姫も「どーーんと来る男らしさがなかった」等と不評だったし。
スチルは神レベルだったけど……ほんま最初からスト書き直してほしい。
でも、イベアンケートにはそういった不平不満を書かないジーク姫が多いのも事実……「神スチルで誤摩化されてあげる」みたいな……そんなんでは、ライターさんがつけあがって努力を怠る羽目になる
ジークストを良くしたければ、厳しく言う方がユーザー姫としての『優しさ』と思うけどな〜〜(溜息)

ふと思ったけどさ。
これを書いたライターさん、去年の8月イベ『真夏のハネムーン』ジークストの高評価を意識しすぎたのかな?と。

また、ライターさん。
『カレンダー』をジーク編ではなく、ケヴィン編で使われていたこと。
『ヒロインを閉じ込めて』『ソファに並んでDVDを見る』をジーク編ではなく、オリバー編で使われていたこと。
私の夢小説の影響が見受けられた箇所を、ジークではない他キャラに使われると、マイナス評価になることも肝に銘じていただきたい。


2018年1月イベ。
ジークBEAST

ステータスが『付き合いたて』という割には、時系列が不明瞭
これは私ではなく、ジーク姫の意見。
他王子ルートでは「付き合いたてほやほやで、キスもえっちもまだ」という時系列設定がハッキリとしていたのに反して、ジークルートではそれが書かれていなかった。
But!!
キスもえっちも済ませた、お互いに抱き抱かれ慣れているような雰囲気だったから、どの程度の『付き合いたて』なのか?
却って「わかりにくかった」と。

言われてみて「なるほど〜」もやっと感が解消されたよ私(笑)
さすがジーク姫。

あと、オリバーとヒロインがトイスターゲームをやることになったけど、そこでも間違ってる。
理解のある男のフリをしていても、実は嫉妬深いのがジーク
(2017BDの、まったく嫉妬しない神対応のジークは完全に間違っている。感情的になりやすいのが本来のジーク)


オリバーとヒロインの距離が近いだけで「ダメだダメだ!近い近い!俺が相手になってやる」とか、オリバーを押し退けてまで2人のゲームを断固阻止する方がよりジークらしいよ。
というか。
むしろトイスターゲームという無粋なネタをぶっこむより、どの程度のお付き合い段階なのか、ジークとヒロインの時系列設定をしっかり書いてほしかったな。
ああ、ちなみにジークヒロインは処女だよ。

また、久々にジークのむっつり(隠れオオカミ)が読めたので、「なんか昔のジークに戻ったみたいだね」とジーク姫に話を振ってみたらイマイチな反応(笑)
「まだまだ。こんなもんじゃない」「昔の方がケダモノ感があった。ごく自然に、漫画みたいにさらっと強引で、萌えパンチがあったよ」とか。

つまり、要約すると。
一番大事なジーク萌え以下2点を満たしていれば理想的。

ガツン☆と来る漢らしさ。

ガツン☆と来る獣感。


そうなんだー;
難しいな……;;
どの程度すごいのか、私は初期ジークのイベをやったことないからわからんけど、ジーク姫曰く、今イベのジークは「全然スマートじゃない」と。

イベストでは「ヒロインに嫌われるかもしれない」と変にうじうじしていたジークだが、そもそもが違う。
気になることがあると、そのまま曖昧にせず堂々とヒロインに直接聞いたりと突き詰めて、事実を知った上で「嫌われた訳じゃなかったか」等と安堵するのが、ジークというキャラクター。
ああ、言われてみれば、本編のジークはそんな感じだったな。

また、ヒロインに避けられている訳でもない、すぐ傍にいるのに、直接ガツン!と聞かずにいつまでも1人でうじうじ悩んでは遠慮するのはジークらしくない、とも。
なるほど。
「さすが古参姫だなあ」と妙な感心をしてしまったよ(笑)

……てか、たった今思い出したけど、私も夢小説『※女の子の恥じらい』でジークをそういう風に書いていたな!
アレ会話シーンは読者さんが大変気に入っていて大好評なんよ〜「デリカシーの無さが、すごいジークらしくて大好き(はぁと)」とか。
あの、あれか。
「私が萌えるジークはこういうジークなんだよ」という至極真面目に、ありったけの想いで書いたんだったな私。
一度気になったらどストレートに聞くのが、ジークらしいよね。
うんうん、確かに。

やっぱり、ジーク姫は『優しいだけのジーク』には萌えないんだよ(笑)
GREEジークに失望した末に放置、EKで昔のジークを楽しみし直しているジーク姫が何人かいるらしい。
実際、2017ジークBDでのジークルートに失望したジーク姫……私の知る限り数人が卒業&隠居&体力参加になったもんな。せっかく話せるジーク姫を探してはプリ友までなったのに、その労力がパアになって凹んだよマジで。
やっぱり、あの神対応ジークは絶対違うよね!!(←いつまでも根に持つ私(笑))

ハッピーエンドルートで、ジークが「襲いたくなる」と言うと、ヒロインが慌てて距離を置こうとする……これも間違ってると思うな〜萌えマイナス。
何故かと言うと、ジークヒロインは『意外とくっつきたがり』だから。
今まで構ってほしかったのに逆に距離を置かれてきた反動から、ジークの台詞には喜んで「どうぞ襲ってください」更に身体をくっつけていくはず。
そんなヒロインに胸きゅん→ガバッ!!☆BEAST☆全開☆なこと請け合い(ハァト)

ただし。
ジークが楽しみながら
ヒロインの浴衣をほどくシーンは花◎

「リアでやってみたかったことの1つ」だと思えば、オトメンで漫画好きなジークらしくて、こっちまで興奮したね〜もっと読みたかった(笑)


しかしながら。
通知表での評価が低い理由はいろいろあるが、主なマイナスポイントは3つある。

まずは。
『むっつりスケベ』をジーク編ではなく、イヴァン編で使われていたこと。
私の夢小説の読者でもあるユーザー姫にとっては、がっくりと来るマイナスポイントなんだよね。
「ジークで使ってほしかった」という想いは、私も読者さんも共通している。
例えば。
去年9月のアニバーサリーイベのジークスチルがキッチンでの2人。
「あっ!『※女の子の恥じらい』だ!まさかスチルまで見れるなんて思わなかった!わ〜〜感動っっ!!」と評価ポイントが一気に跳ね上がる。
私はジークの横顔続きにうんざりしていたから最初は『×』としていたが、そういう読者さんの声を鑑みて『△』としたんだよね。
だから去年の11月イベで、オリバースチルを見た読者さんのガッカリ感がどれほどだったか。
『ヒロインフェチ』で大好きだったシーンが、まさかオリバーで使われるなんてショック……ジークで描いてほしかった」と。

2つ目は、オリバーとヘンリーの2人がお邪魔虫すぎた。
あれはやりすぎだろー!!
嫌がらせレベル!!

ジークとヒロインの2人が、せっかく取れた休みを利用してイチャイチャ温泉旅行に来たことくらい察しろよ、ほんまに〜……。
しょーもない理由をつけて、しょっちゅうイチャイチャ部屋へ寄ったり、電話やメールをいっぱいかけて邪魔するの?
私がジークやヒロインの立場だったら、即ブチキレだね。
だって!
遠距離恋愛だから!!

お互い忙しいからこそ、せっかく会えた分、休日を時間いっぱい有効活用したい。想い出を作りたい。
浴衣を着て温泉街を散策したり、足湯を楽しんだり、おやきとか名物ソフトクリームとか美味しいものを食べ歩いたりしながら、2人のこれまでの振り返り(恋人になった経緯)を書いてほしかったのに、なんでお邪魔虫とトイスターゲームをやんなきゃなんないの?
それこそ無粋だよ。
ほっとけ!って話。

なんだかな〜ジーク編のお邪魔虫2名が、他王子編よりタチが悪くてイライラしたわ。

3つ目は、宿泊先の寝室……同じ部屋なのに立ち絵が洋室と和室とで混同していて、読むだけでも混乱。
編集を統一してほしかった。あれはマジで気が削がれた。
ジーク洋室ジーク和室

せっかく、ジーク定番の萌え台詞「我慢できない」が復活したというのに残念だ。


ただし、ノーマルルートのタイトルは好感度アップ↑↑
ジークBEAST2
夢小説『※女の子の恥じらい』で、私も読者さんも大好きな文章表現「恥じらいを脱ぎ捨てて」をアレンジして使われていたから。
「きゃーーー!!」と喜び悶えまくっていたね、ほんまに(笑)

そんな感じで、夢小説の読者さんの声も通知表の評価に繋がっているため、ライターさんが私のブログ記事や夢小説で得たインスピレーションはそのままジークストで使用・還元してほしい。
そのために私は書き続けているのだから。


そういえば、GREE『鏡の中のプリンセス』とか他ボルテージアプリでのイベスト扉から『章タイトル』が無くなったね。
あれはちょっと感情移入しづらい……昔のように楽しめなくなったから、やっぱりGREE『王子様2』は楽しみが多くてプレイしやすいなーと改めて痛感。


2018年2月イベ。
ジークバレンタイン大作戦

GREE『王子様2』をプレイしているユーザー姫皆が皆、配信開始時からのお付き合いではないことを、ライターさん自身が認識してほしい。
中途ユーザー姫もいることを踏まえた上で、初期設定をまず書いてほしい。


恋愛ステータスが『カレが片思い』のため、ストーリー上で言えば『恋のはじまり』に該当する。
よって、ジークがアパートの隣人である理由が、今回のイベストではまったく書かれていなかった(本編では婚約者探しのために一時的に滞在していただけ)。
ヘンリーヒロインがフイリップ城に住んでいる理由も、クオンがパン屋でバリスタのアルバイトしている理由も、本編と同じ。
But!!
ジークだけが本編とは違う設定。
なんでアパートの隣人なのか、その理由から始まらないと、ストの善し悪しも、萌えすべて左右される



ハンスだとしっかりした設定でわかりやすかったのに。
ジークだと初期設定も、お互いがお互いのどこを好きになったのか?も不明で、スムーズに感情移入できなかった。
よって、せっかくの萌え興をそそられないまま、低評価に終わってしまったよ。
ハンスに負けてはダメだ。


実にもったいないことをしたな、ライターさん。


もっと中途ユーザー姫の立場に寄り添って、ストを考えてほしい。

去年の7月イベ『ドキドキミステリアスNight』でもそうだった。
後半の話が訳分からなくて、ちんぷんかんだった当時がフラッシュバックしてきたね。
初期設定を書かなくても通じるという間違った認識を、今後はまず!捨ててくれ!!
甘えるな!!

それができないなら、初期イベのジークストを販売してくれ。


あと、大量のチョコについて。
ジークが王子様であることを考えると、それはまさしく『国民の税金が無駄に使われている』という好感度ダウンな行為。
ライターさんにとっては頑張って思いついた『とっておきの萌えネタ』だろうけど、根っからの貧乏性な私には受け入れられなかったよ……。

それに。
じいちゃんばあちゃんっ子で料理が趣味のジーク自身が「食べ物を粗末にするな!」と食を大切にする人だからこそ、大量チョコのオチ(行方)をちゃんとつけてほしかった。



ヒロイン「国民の税金でチョコを買い集めたのかと思うと胸が痛みます」
ジーク「安心しろ。俺のポケットマネーだ」
ジーク「それに……」
ジーク「チョコと言っても、見た目のインパクトだけで中身は空箱だ」
そう微笑んでは、大量のダミー山から可愛くラッピングされた1箱を掴み、ベランダにいる私に向かって差し出すジーク王子。
ジーク「本当にお前に受け取ってほしいチョコはこの1箱だけだ」

……こういう萌えオチだったら救われるのにな。
胸きゅん、できるのにな。

……うーん、ツメが甘い。
実にもったいない……。



また、内容的に矛盾してる箇所を発見。
チョコ大量作戦について、ジークが「寝ずに考えた」と言っていたのには違和感。
前夜酔いつぶれた彼がどうやって「寝ずに考えた」ん?
そこは「数日かけて考えた」にしてほしかったな。
もっと推敲を重ねてほしい。


本当は★ゼロ評価にしたかったが、ジーク姫から「ジークのブツブツがちょっと復活していたから嬉しかった」の感想を受けて、★1評価に修正。
あと、ジーク台詞「なんて可愛い生き物なんだ……」も好感度アップ。
何故なら、私の過去記事『『王子と交わす愛はじめ』ジーク斬り☆』からの影響だとわかるからだ。
去年の5月イベ『ケダモノ王子とイケニエ姫』でもジークが言っていたんで、今回で2回目だね。
私は無意識に書いたけど、あの台詞は二次元では既出ネタなんだね〜知らんかった。自惚れかもね。


スチルについては『もう最悪』しかない!
せっかく色もジークも悪くはなかったのに、ハンスの表情がキモい!!
これ、私の夢小説『ひとり秘めごと』ジークからの影響を、間違ってハンスに向けたんだな……。

ジークで描いてほしかったのに、なんでハンスなん!??
ハンスらしくなくて、ゾワッと寒気がしたね。
ほんまに白ける……。


私の夢小説からの影響はそのまますべてジークに反映させた方が、読者さんは喜ぶんだよ。
他の誰でもない、ジークに萌えぶつけてほしかった。
はあ……『迷惑行為』の何たるかわかってないなー。
本当、大迷惑。



文句なしに一番良かったジークストは、ハート集めイベント『王子と執事の年越しハプニング』のみ。
ジーク年越しハプニング

もうまさに、私の大好きなジークそのものだった(///艸///)
他のジーク姫も同じ想いだったよ。

忙しい合間にやっと!
見つけた!!
究極の癒し(///∇///)(///艸///)(///∇///)


今までのイベで空振りだったジークの嫉妬どストライク上手く表現されていて、「そうそう!ジークってこんなふうに嫉妬するよね〜今までのが駄作すぎた」とか。


これを書いたライターさん、ひょっとして過去記事『ジーク二次創作更新のご案内&重大発表斬り☆』を読んで参考にしたの?
クールぶったり、厳しかったり、優しかったり、怒ったり、甘やかしたり、毒ついたり、笑ったり、ブツブツ小言を言ったり、泣いたり……表現的に忙しい声だよ?

でも、ショートストーリーだから、萌え堪能するのに物足りないんだよね。
もっと
長いラブラブイチャイチャストーリーで読みたい


いつか、ジークらしい嫉妬大爆発イベストーリーを書いてほしいな。
2017BDのジークルートが超駄作だっただけに……リベンジだ!!

(★ゼロ評価としなかったのは、私の夢小説『ふたり睦みごと』に影響された台詞が書かれていたから)


ちなみに。
ジークは嫉妬するとわかりやすく不機嫌になる人(笑)

以上。


最後に、おさらい。

今回の評価を踏まえて、ジーク課題を1つ追加。
1)ジークスチル。
   (横顔や他キャラ既出構図のトレースという手抜きは×)

2)ジークの嫉妬大爆発。
3)ただ優しいだけのジークに終わらせない。
  引き出しの多い、意外性に富んだジーク。

4)ヒロインの魅力。
5)私基準でいう◎パーフェクト評価◎
6)ジーク下克上↑↑


もちろん、以下ストーリー要素も忘れずに。
1)テンポ感。メリハリ感。
2)ジークの大きな笑顔。
3)隠れ野獣系ラブシーン。

  (少女漫画好きなジークらしい、さらっと強引系)
4)ジーク定番の萌え台詞「我慢できない」
5)時たまに魅せるアホっぷり。

6)漢らしさ。大胆さ。

軽い毒さえもスパイス、
笑いあり萌えあり涙あり、
ヒロインは雑草根性で生き生きと、
そして
常に猫かぶりな王子が
垣間見せる『無自覚さ』こそが最大の醍醐味!!

(ジーク本人にはまったく悪気がないのが萌えポイント)



私の願いはただ1つ。

ジーク下剋上↑↑


2018.02.16 Friday 20:25 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆9☆ハロウィン〜ターゲットは幸運のプリンセスレポ

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


GREE『王子様のプロポーズ2』にて、この10〜11月にあったイベントについての『ジーク通知表』を投稿。

201710ハロウィン
201710ハロウィン仮装
201711幸運プリンセス

ジーク通知表9
※2018年6月『獣感度』追加。

相変わらずの迷惑行為が散見されたので、今回も詳細感想はなし。


例えば。
11月イベ『ターゲットは幸運のプリンセス』オリバールートで、私の夢小説『ヒロインフェチ』を彷彿させる萌えネタがあった。
特にオリバースチルが、私にとっても読者さんにとってもお気に入りの萌えが描かれていた(55ページ参照)。
あれはほんまに勘弁してほしい……私はジークのために書いたのに、なんでジークに使わずオリバーで使ったの?
読者さんにとっても思い入れが深かっただけにショックだったらしく、「本当にこのままでいいの?」と言われてしまったわ。
んな訳がない……こんなふうに読者さんまで裏切ったライターさんは酷いなと思ったよ。
ライターさんがたとえ「オリバーは片手、ジークは両手で、ネタが違う」といくら言い逃れしても、スト読みをしたら一目瞭然。
ライターさん自身がわかってて私の夢小説から萌えネタをパクってアレンジした時点で、それは完全に迷惑行為となる。いい加減に自覚してほしい。
ジークには萌えとして終わっている、どうでもいいネタを使っておいて、なんでオリバーでとっておきの萌えをぶつけたの?
というか、ジークで勝負せずに、他キャラ他アプリへ私のジーク萌えネタをアレンジして使った時点で既に裏切り行為、ただの『二番煎じ』でしかない。「バレない」という思い込みも勘違いも甚だしい。

オリバーパクリ
↑この台詞は『ヒロインフェチ』54ページ参照「そりゃあ、私の大好きな人だから、ちゃんと見ていますよジーク」の台詞を加工したかと思われ。その文章前後を読んだ読者さんが「なんか似てる……」とすぐに気づき、オリバースチルでパクリを確信したとのこと。


実を言えば、以前からオリバーへの萌えネタパクリ疑惑はあった。
夢小説『ヒロインフェチ』up後に、ロイトーで『凝り性』、イベストで『別格』とジーク萌えネタをいちいちオリバーにあてていたから。
なんでジークじゃないキャラに、私の萌えネタを使うのか?
8月イベでも「なんとなくジークっぽい」という声があり、「やっぱり気のせいじゃないかも」と書き手の自意識過剰による思い込みじゃなかったことを複雑に思いながら。
ドライヤーとかいろいろあるうち、私のブログ記事『ジーク通知表☆3☆』からアレンジ引用したかのような文章を発見……いつかジークイベで生かしてほしい、と自分でもお気に入りの文章だったのに、オリバーで書かれていて地味にショックだった。
それ以来、何となく懸念していたところ、今回11月イベで案の定ってな話。
オリバーパクリ2


10月ジンBDでも同じく、私の夢小説からインスピレーションを得たとわかりやすいほどにバレバレ。
「誰のせい」という台詞で如実に出ている。


また、10月ハロウィンリュオでも、私のブログ記事と夢小説『ふたり睦みごと』からインスピレーションを得たかと思われ。
すっごいデジャブ感があったから、「私の書いたヤツか!!」と気づいた時はほんまにビックリした!!
だって、ライターさんの迷惑行為について書いた『ジーク通知表☆4☆2017年度上半期イベント編&迷惑行為について』記事からも単語単語を拾って、あのイベストを書いた(書き直した)かと思うと……2週間あれば大丈夫。
すっごい図太い神経していると思わねえ?
「まったく反省の色がないな」とあきれてしまったね。
リュオ


一体いつになったら、ライターさんの図々しい迷惑行為(商業利用)がおさまるのだろうか?

つくづく運営さんもライターさんも商売が下手だと思う。
すべては自分で蒔いた種だ。
私がジークを通じてGREE『王子様2』をブログ布教していると知った時点で、ありがたく受け止め、素直にジークの魅力を伸ばせばよかったのに、変に欲をかきすぎてしまったのが最大の失敗。
私の想いを悪利用した上で、私の萌えネタや文章表現等をジークではない他キャラ他アプリにアレンジ使用(商業利用)した末の迷惑行為。
挙句に『ボルテージ』という看板を傷つけてまでも反省の色がない。
相変わらず、私の言葉にネタに依存して私利私欲化している。
逆にライターさんに聞くが、ボルテージ社長や副社長に迷惑をかけてまで、ジークのために綴った私から、言葉や萌えネタ等を奪ってでも書きたかったことなの?
このまま迷惑行為を続けると取り返しがつかなくなるよ?
バレた時が不名誉、自分で自分が書いた作品を台無しになることを痛感した方が良い。
まったく話にならない。

そのくせ、肝心のジーク・リーベンという魅力は未だに低迷中。
キャラクターを掴みきれずに、ジークを『ただの優しい人』として殺し続けている。
今まで何のための2年だったの?
ジークというのはただ優しいだけじゃない。
クールなのに、実は熱い漢(おとこ)。情熱的なキャラクター。
怒る時は怒ったりするが、理由もなくデタラメな怒り方はしない。
当たり前のことを当たり前に怒っているにすぎない。心配性のあまり怒ったりもする。
こういう怒り方を、私なら「んも〜細かい!」と半分聞き流すか、「はいはい、ごめんね〜テヘッ☆」と笑って流すな。
本気で怒っている訳ではないとわかっているから怖くないし、ジークも引く時は引くからね。
毒も吐いたりするが、一般的な事実を述べただけ。正直すぎて逆に余計な一言にすぎない。
真面目堅物故からの反動で、衝動的にも情熱的にもなれる。
リア男子に当てはめて物事を考えてみたらわかる。何も難しいことじゃない。
ケヴィンと2人で特攻を張れる程の度胸はあるが、ケヴィンのような短気や癇癪という俺様、そしてポリシーという名の元に展開する持論とはまた違う。
『真面目で厳格な国出身』『俺が一人前の女にしてやる』から導き出される結論は至ってシンプル。
常に正当な理由と理論を持ってちゃんと怒れる、筋を正して育て、導いてくれる初期ジークのような大胆で正義漢としたキャラクターはどこへ行ったんだ?
落ち着いたジークは求めていない。
出会ってから何年経っても変わらずに、ヒロインのことになると、はちゃめちゃくちゃで漢らしいジークでいてほしい。
たまに真面目堅物をこじらせすぎて、暴走したりドジを踏んだりするけど。
講師や先生役になると、自分基準で怒ったりスパルタになったりするけど。
クロワッサンの復讐とか、意外と食の恨みをもったりする、小さいところもあるけど(笑)
ただし。
去年夏イベ『真夏のシークレットメモリー』で理不尽な怒鳴り方をしたジークのような二の舞を演じてくれるな。
まったく話にならない(2回目)。

ジークを良くも、萌え向上もできていないのに、甘えは許されない。
11月イベストで綺麗事を言っている割に、私に対しては何らかの誠心誠意の欠片もない。結果も伴っていない。
すべてはただの偽善だ。
よって、ジーク以外の異論は認めない。

何度も言う。
私が書いてきた萌えネタ等はすべて、他キャラ他アプリのためではなく、ジーク・リーベンのためにある。
絶対不可侵領域だ。

ジーク・リーベンこそが私の唯一であり、巷にあふれる恋アプリキャラの中での絶対的存在だ。

これ以上私を失望させないでくれ。
新鮮味にあふれたジーク萌えで、私やジーク姫を幸せにしてくれ。


私が望むのはただ1つ。

ジーク下剋上↑↑


2017.11.18 Saturday 20:42 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク夢小説更新のご案内&交通手段について☆

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


長らくお待たせしました♪
以下、夢小説(二次元)1本を更新。

ジーク夢小説『思うがままに、我がままに愛して』内の
R18『ひとり秘めごと』連載中
(夢小説タイトルをクリックすると、別サイトへ飛ぶよ)


12ページ分更新。
やっと公開できたぜ……
ジークの激情。

ジークが本気で怒った時について。
顔がめちゃくちゃに歪むのではなく、表向きの氷の仮面がますます無表情に。
だけど、目だけは炎のように激しく、殺気立ったオーラが全身から発する感じ。
相手が「本気で殺される!!」と恐れをなしてトンズラっちゃうくらいの。
「相手の胸ぐらを掴んで、地面に叩き潰してやる!!」くらいの気迫さと、逆に「どうやって潰そうか」と激情にのまれても冷静に算段できるくらいの二面性。



断っておくが、ジーク夢小説はフィクション。
完全実話ではない。リアをベースにした妄想に頼って書いている。
たまに、実話エッセンスを垂らす程度。


すまん、まだまだ続くよ……。
いいトコロで終わっているけど、さ。

いや、言い訳させてもらうと。
私は一点集中型だから、エネルギー消耗の激しい官能を、まとまった時間が取れ次第一気に書きたいタイプなんで。
しっかし、集中したい時に限って、LINEがばんばん入ってくる……( ̄∇ ̄;|||
スト構想はまだブレずに脳ミソの中に残っているんで、完結までにもうしばらく時間をください。


一体いつになれば萌えジークストが読めるんだろうか……。
今イベもまたもや期待外れ。
いつもの『いい人』ジークで終わっている。
ただ「我慢できない」を書ければいいもんじゃない。
おざなりすぎて白ける。
ストーリーの筋は悪くないけど、上澄みだけすくったように綺麗にまとめられていて、逆につまらなかった。
萌えがない。
色気もない。
テンポ感がない。
嫉妬大爆発もない。
というか、あれを嫉妬と呼ぶには下手すぎる。
これを書いたライターさん、リア経験値あるんだろうか?
本当にやる気あんの?
本当にジークを良くしようと努力しているの?
私が望むジークストは常に☆萌え第一☆で書いてほしいのに、なんで毎回『いい人』で終わってしまうんだろう。
違うだろ!!
恋アプリで、萌えもなく綺麗なだけのストーリーは要らない。
ユーザーは、忙しい合間にトキメキと癒しを求めている。
読むのが面倒くさい&1回読めばもうお腹いっぱいなストより、何回でも読みたくなるような萌えストが読みたかった。
ジーク2017BDでもそう、本編ジークに比べると神対応すぎてつまらなかった。

落ち着いたジークは求めていない。
出会ってから何年経ってもヒロインのことになると、はちゃめちゃくちゃ漢らしいジークでいてほしかった。


厳しいと思われようが、私はただ当たり前のことを言っているだけ。
あんだけ迷惑行為をしておきながら、結局その程度なの?
やるからには、私が書く夢小説のジークを!
最低限!超えてくれ!!
ライターチェンジしてくれ。
でなきゃ納得できない。
このままではボルテージライターさんにネタをパクられ、ジーク以外のキャラに使われ、文章引用や文章加工等で荒らされてきた傷跡は癒えない。

私が求めているのは

劣化ではなく、

枯れでもなく、

ジーク萌え向上↑↑

ジーク下剋上↑↑


まったく話にならん。


また、11月に『王子様2』にてカードゲームがリリースされた。

誰だ?
カードゲームを思いついたヤツは……
私はカードゲームに疲弊して引退、自分の好きなタイミングでまったり楽しめるストーリーアプリへシフト転換したのに……なんでまた、カードゲームをやらんとあかんの?
面倒くせぇ(´Д`;|||
『お待ちかねのカードイベント』と運営さんは大々的に謳っているけど、ユーザー姫のほとんど誰も楽しみにしていない。
かくいう私もそう。
むしろイベントストーリーをしっかり書いてほしいという声多し。


そう言えば、以前から気になっていたけど。
『王子様2』での交通手段、めちゃくちゃおかしくねえ?
矛盾している。

私は本編と続編、購入イベントストーリーを元に確認しているんだが。
なんか最近のイベストでの交通手段がめちゃくちゃ。


シャルルからドレスヴァンへの主な交通手段は、飛行機で数時間。
本編や続編、購入イベストでも『空港』『飛行機』『プライベートジェット機』と確認できている。
実際に私がフランス←→ドイツの交通手段を調べたところ、ドイツへの目的地が国境に近い場合は、飛行機で1時間20分。列車で3時間超。
国境から遠い場合は、飛行機で約3時間。列車で6時間超。
車で行く場合は、時間と体力と相談のこと(つまり精神的にも肉体的にもキツい)。
東京〜京都間の場合、車で片道6〜8時間かかる。

陸続きで近いように見えても、実際は遠い。

よって。
ドレスヴァンの場合、国境から遠いところに城があるため、シャルルから飛行機で行っても3時間はかかる。
(以前、どっかのサイトで王子様世界地図を見かけたため)

ちなみに。
『数時間』の意味を調べたところ、2〜3時間もしくは5〜6時間であって、2時間未満や7時間以上には該当しないとのこと。


それなのに、最近のイベストでは何故か車で行ける距離になっている。
ヒロインがパン配達に行けるほどに……。


おかしいわ!!

運営さん、ライターさん、ちゃんと調べたの?
『王子様2』の世界観を理解しているの!??


雑すぎる!!



あのさ。
ライターの基本は『調べる』ことなの。
ただ
『書く』だけじゃない。


どんな小説家であれ、エッセイ家であれ、プロならばまず『調べる』ことを土台にした上で、初めて『執筆』ができる。
偉大な推理小説家の松本清張氏は、自分が得た印税のほとんどを小説を書くための資料(本)代に使ったと言われているよ。
そこまでして『調べる』ことは基本でもあり、大事なことなの。

現に、私はジーク夢小説を執筆する上で、まずは調べることから始めているよ。

ただの思いつきで書いている訳じゃない。

ジークというキャラクターを大事にしたいから、調べて調べて調べまくった上で書いている。

私が持てるボキャラブリーも豊富じゃないため、思いついた言葉が本来書きたい意味として合っているかどうかさえも、いちいち辞書で調べたりもしている。


割合で例えると。


執筆37調べる



だからさ。
ボルテージライターさんの大人げない迷惑行為に、私がどれだけ怒ったか、理解できる?
膨大な時間と労力を費やしてまで調べた上で、執筆してきたからだよ。


フランスはどんな国か?
ドイツはどんな国か?
食生活は?
生活習慣は?
お店は?
使った言葉は正しいか?
文法は適切か?
etc……

最低限の努力もせずに
二度と安易にパクるんじゃない!!

萌えネタ依存するな!!



という訳で。
『王子様2』での交通手段の再確認、そしてイベストやジーク☆3カード会話での交通手段についての文章訂正を求む。


参考までに。
イギリスとフランス間は、電車で2時間くらい。
現に、フイリップとシャルルの交通手段は『電車』と、どっかのストーリーに書かれていたよ。


2017.11.06 Monday 20:00 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク通知表☆8☆2017年度上半期イベント編レポ&迷惑行為について

※注※
『王子様のプロポーズ鵺』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様鵺…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


GREE『王子様のプロポーズ2』にてプレイしてきたジークイベントの詳細感想について。
私が今まで書いてきたジークブログやジーク二次小説からの、ボルテージアプリのライターさんによるネタアテ・文章引用・パクリ等の迷惑行為拡大に警戒し、ここ半年は様子見として書くのを控えてきた。

しかしながら。
ライターさんによる迷惑行為は収まるどころか、まだまだ改善されていない模様。
よって、迷惑行為が完全になくなるまでの間はイベの詳細感想を控え、以下のとおり『ジーク通知表』として一括簡潔にまとめることにした。

ジーク通知表8
※2018年6月『獣感度』追加。

結論。

未だに、イベントストーリーによる

◎パーフェクト評価◎なし。

(基本的に、無課金でもある程度楽しめるスチル付きのイベストが評価対象。ガチャスト等の課金タイプは対象外)

ジーク下克上↑↑期待できるほどの劇的改善がまだまだ見られない。

この半年間、一体何をやってきたんだ……。
まだまだジークというキャラを掴めていない証拠だな。


おい、ジークの大胆さ情熱さはどこへ行った!??
本気で取り組んでいるのか??



2月『あまく溺れるショコラKiss』3月『トライアングルCandyウォーズ』での魅力的なジークはまぐれ当たりだったのかと思うほど、4〜7月・8月BDのジークルート・9月のイベントストーリー内容があまりにもしょぼかった。

どうしたんだ?
何故たるむ?

ジークイベントが続くのは嬉しい。大変ありがたい。

でも、私が一番に求めているジークの魅力が伴っていないイベストを読むたびに期待が外れ、気持ちが滑っていくばかり……報われんわ。

そこで。
最近知り合ったジーク姫と、彼の魅力について語り合ったところ、萌えポイントはまったく同じだが、それを上回るほどの面白い発見があったよ。

私にとってのジークの魅力は、
オトメンだけど男らしい

最近知り合ったジーク姫にとってのジークの魅力は、
乙男(オトメン)だけど(おとこ)らしい


なるほど〜〜
あてる漢字が違うだけで、ジークの魅力がよりわかりやすく伝わってくる。
盲点だったわ。



という訳で。
ここ2年のジークに足りないのは漢らしさ
今後はそれを強化してくれ。


そして、おさらい。

今後のジーク課題は以下の5点。
1)ジークスチル。
   (今後、横顔や他キャラ既出構図のトレースという手抜きは×)

2)ただ優しいだけのジークに終わらせない。
  引き出しの多い、意外性に富んだジーク。

3)ヒロインの魅力。
4)私基準でいう◎パーフェクト評価◎
5)ジーク下克上↑↑


もちろん、以下ストーリー要素も忘れずに。
1)テンポ感。
2)ジークの大きな笑顔。
3)隠れオオカミ的なムッツリ満載のラブシーン。
4)ジーク定番の萌え台詞「我慢できない」
5)時たまに魅せるアホっぷり。

6)漢らしさ。大胆さ。

※夢オチ以外の「我慢できない」定番台詞を1年2ヵ月もジークに言わせていないのはどうしてなん?これこそがジークの漢としての最大の魅力なのに……。

軽い毒さえもスパイス、
笑いあり萌えあり涙あり、
ヒロインは雑草根性で生き生きと、
そして
オトメン堅物王子が
無自覚に見せる、男前でムッツリ言動こそが最大の醍醐味!!



とにかく、私をガッカリさせないでくれ。
多くの時間やエネルギーを費やしてまで、今まで何のために私はジークブログやジーク小説を書き続けてきたんだ?
意味がなくなるじゃないか。
ボルテージアプリのライターさんにたくさんネタをパクられ荒らされ、結局はジークの魅力向上に生かさず、他キャラや他アプリに使われる。
商業アプリなのに、私のブログや二次小説のURLリンク開示という最低限の処置さえもなく迷惑行為の連続。著作権侵害だよ。

これほどの侮辱はないわ。
課金が絡んでいるだけに。


逆に、運営さんやライターさんに何度も聞くが。
「悪いことをした」「恥ずかしい」と思わんの?
良心が痛まんの?
私を傷つけたいの?
私を怒らせて楽しいの?

私から奪うだけ奪っておいて、一体何を与えてくれた?
我が物顔でネタをパクり迷惑行為をして楽しいの?
ジークというキャラクターを良くする努力も続けずに今まで何をやってきた?

本当に申し訳ないと思うなら、即刻!迷惑行為を止めてくれ!!

そもそも商業アプリが何故、私のネタや文章表現等を使って商業利用しているんだ??
ライターとして一番やってはいけない
違反行為だろ!!



バレない。
パクリじゃない。
などなど。

自分で勝手に判断するな。
思い上がるな。
軽い気持ちで悪用するな。
私利私欲化するな。
私のネタ等に依存するな。


こういうことは、書き手の私より読者さんの方が敏感なんだよ。

何故なら。
運営&ライターさんが
萌えツボだと思った私の言葉や文章表現等は、同時に、書き手の私や読者さんにとっても萌えツボでもあるから
バレるもんはバレる。
パクリはパクリだ。



私が今までに一番怒りを感じた迷惑行為は『Nudie JOKER』レオンハルト。
ジーク二次小説『ふたり睦みごと』『思うがままに、我がままに愛して』からポイントポイントを集めてネタアテにした末のイベントストーリー内容。

その中で特に、超弩級に頭に来たのが以下の『俺も会いたい』。
パクリ(レ).png
『ふたり睦みごと』39ページ参照。

ジークの「俺も会いたい」にたどり着くために、私が何日もかけて苦労の末ぶつけてきた想いを、何故レオンハルトに使った!??
たとえ第三者から見てありふれた台詞だろうと、私にとってはとっておきの切り札で、渾身の台詞だった。

それを選択肢にしてまでレオンハルトに使うとは言語同断!!
ふざけんな!!
クソくらえが!!

書き手としてはあまりにも無神経すぎる!!
非常識すぎるわほんまに……何考えてんの??
何故ジークに使わなかった??


読者さんからも「彩水さんの小説と似ていたから、いくらストが良くてもモヤッと感が残った」と。


私は今まで、ジーク以外の他キャラや他アプリに使用するな、と何度も言ってきた。
それが何故守れない??


それから、8月イベの『意地悪王子のAnniversary Promise』ジンもそうだ。
パクリ(ジン)
『ふたり睦みごと』32ページ参照。

紹介するのは一例にすぎないが、私が二次小説の所々で楽しく書いたジークの隠れオオカミS・無自覚変態成分を、ジンの変態に置き換えて書く辺りが既に最低なやり方。
何故ジークで勝負せず、他キャラに使うのか。
そして、私にとっては思い入れの深い大切な文章「離れていても〜」を、ジンに使ったのも許せない。
一体いつからジンとヒロインは離れていても想い合う関係になったんだ??
私のジーク二次小説『ふたり睦みごと(45ページ参照)』を読んだのをキッカケに、軽はずみな気持ちで7月末のジンイベ『意地悪な熱帯夜』からネタ設定に使った魂胆が見え見え。


それから、8月イベの『真夏のハネムーン』ヘンリーもそうだ。
パクリ(ヘンリー).png
『※女の子の恥じらい』51ページ参照。

私の文章表現を加工してまで、ジーク以外の他キャラに我が物顔で使われている。
本当に何考えているの??
非常識すら超えているよ……私の想いを踏みにじっている。

これらは読者さんが教えてくれたよ。
私はヘンリーが苦手で生理的に受け付けないから、いつもスト読むのは後回しにしているが、読者さんから「いちいち小節がきいていて、彩水さんの小説がフラッシュバックしてきたよ」と感想があったので「ん?何のことやら?」と。
実際に読んでみてなるほどなー、と。
9月イベ『プリンセスのAnniversary鶤』ヘンリーでも「むくれた顔のスタンプを送る」とか、私の二次小説に影響された箇所があるね。


それから、9月イベの『プリンセスのAnniversary鶤』マックスもそうだ。
パクリ(マックス).png
ブログ『最近の不思議現象〜舞い落ちる羽根は幸運の前兆〜』二次小説『ふたり睦みごと』37ページ参照。

これは模倣だな。
わかりやすいほどの迷惑行為ではないが、読んでいると私の文章を彷彿させる、影響されている雰囲気があるという読者さんの声があったので。
『顔のむくみ』『教え導いてくれる』『ぷんぷんと怒るスーちゃん』とか……あと、黒縁眼鏡が何故か普段使いになっていたので、「彩水さんの二次小説を意識してるー!!」とも。
ただし、5月マックスBDでのガストンハッピーエンドルート最後のシーンが『秘めごと』14ページの雰囲気トレースという前科はあるがな。

他にもいろいろあるが、挙げればキリがない。


あと、GREE『誓いのキスは突然に』での迷惑行為も一部アップ。

7月大和BDから。
パクリ(大和1).pngパクリ(大和2).png
『ふたり睦みごと』44ページ参照。

たとえありふれた台詞『愛しているぞ』を『愛してんぞ』と文章表現を加工しても、萌え効果が同じなので、私の小説の影響だとすぐわかる。


8月イベ『コイビト以上夫婦未満』大和から。
パクリ(大和3)
『ひとり秘めごと』18ページ参照。

これはわざとトラップを仕掛けた。
私が書いた『きゅんきゅんセンサー』……絶対『誓キス』あたりがパクってきそうだな。書くのを止めておこうか……いやいや、あえて『センサー』に罠を仕掛けてみるか……そんなパクリ予感がしたから、試しに(笑)
そしたら案の定、この大和を書いたライターさんがめでたく引っかかってくれたわ(呆)(呆)
やることががめついわ……もうこの件で、ボルテージアプリライターさんによるパクリは『クロ』決定。


8月イベ『コイビト以上夫婦未満』佐伯から。
パクリ(佐伯1).png
『思うがままに、我がままに愛して』4ページ参照。

スケールの小さい『ジェットコースター』の使い方だなΣ(´Д`;|||
ジェットコースターって、自分ひとりで楽しむのではなく、多くの人と体験を共有する乗り物だと思うの。
だから私は『ジークが先陣を切り、世界有数企業を巻き込んだ復興策からの様々な経済効果…(略)』と『ヒロインがジークと出会ってから、周囲をも巻き込みいろいろとペースを乱されてきた日々』を表現するために、かけて使ったんだけどな。
『誓キス』の場合、ヒロイン自身が一人ジタバタしただけの出来事を『ジェットコースター』と表現したのって……カッコ悪いくらい使い方を間違ってると思うよ?
多分これを書いたライターさん、単純にミーハー思考で使いたかったんだと思う。
それだけではない。
やたらに『スキンシップ』も使われていたので、このライターさんはわかりやすいほどに私の二次小説からの影響をばんばん受けまくっているなー、と。


同じく『コイビト以上夫婦未満』佐伯から。

『ふたり睦みごと』45ページ参照。

私にとって理想とするヒロイン像が凝縮した台詞を佐伯に使われて、頭に来たね。
なんなん?
ライターさん、てめえが思いついた台詞か?
私が昨日今日で思いついた訳じゃない、ありったけの想いを込めて書いてきたのに、何故台無しにしやがるんだ?
ふざけんなよほんまに。


それから極めつけが、この課金ガチャスト『セクシーダーリンはハニーに夢中』佐伯。
パクリ(佐伯3)
『無自覚』とか、私のブログや二次小説からポイントポイントを集めて書かれた迷惑行為満載なストーリー。
いろいろヤバい内容でツッコまれたくないが、書きたくて仕方がなかった末の課金ガチャスト、って感じ。
私のネタを悪利用し、課金誘致に突っ走り、商業利用という名の私利私欲化している。
でなきゃ、人気キャラの大和や彰斗を差し置いて、佐伯onlyガチャストなのが解せんわ。


本当に迷惑だ……商業アプリなのに、ユーザーに対して害を及ぼす存在に成り下がって……。
大人としても社会人としても情けないし、みっともない。
こういうコンプライアンス遵守もできていないライターさんを野放しにする運営さんも共犯だよ?
リスク管理もできていないままで大丈夫か?


以上。
ライターさんの
迷惑行為非常識も甚だしい。
即刻止めていただきたい。

私が書く言葉や文章表現すべてはジークのため、ジーク以外使用禁止。
人のネタ等に頼らず、自分のネタで自分の言葉で書けや本当に。
大人げない。



逆に私がライターさんの立場なら、ユーザーからのジークに対するクレームや要望があれば、それを真摯に受け止める。
むしろ、自分でも気づかなかったジークの魅力について詳しく教えてもらってありがたい。感謝大感謝。
クレームをまたとないチャンスに変えて、改めて本編や今までのイベントストーリー等を読み漁り研究、ジークの魅力を箇条書き&再確認した上で、次に繋ぐストーリー&ジーク精度向上に努めるね。
せっかくユーザーが提示したネタを、他キャラや他アプリに回そうとは思わない。
何故ならユーザーの好きキャラクターに対する思い入れが痛いほどにわかるから、ジーク以外で悪用する気になれない。そんな強い念を裏切るようなマネをしたら、バチが当たりそうで怖いわ。
自分は自分、他人は他人、と常に第三者的立場でモノを考える。
だから、私はボルテージアプリライターさんが書いたストに対して、参考やネタパクリしようとは思わないね。
元々負けず嫌いな自分だから、ちょっとでも、たまたま偶然でもネタが被るとイラッとする。
むしろ、一つの読み物として楽しむ程度にとどめる。
書き手としてのプライドがあるから尚更。

よって。
私が全身全霊で書き綴ってきたジークのための言葉や文章表現等という聖域を、追い剥ぎの如く土足で侵し、踏み荒らし、汚してきたライターさんに対しての怒りがどれほどのモノかわかっていただきたい。
自分のお給料はどこから出ているのか。
ユーザーによる課金を主な出所として恩恵にあずかっていることを、もっと自覚していただきたい。
他キャラ他アプリへのネタ回しやパクリは厳禁徹底の上で、今後はジークというキャラクターに対して、萌え特化に全力で努めてほしい。誠心誠意を見せてほしい。
私が一番に望むのは『ジーク下克上↑↑』だから。


読者さんも、最初はライターさんの迷惑行為を面白がっていたが、最近ではさすがに「パクりすぎ!」「大丈夫なの!?」と呆れ心配し始める始末。

それくらい目に余ってきているんだよ。


2017.10.01 Sunday 20:24 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク柿原ボイス初公開感想☆

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


前記事【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク声優発表斬り☆参照。

9/16(土)にニコ生中継の声優イベントパーティーがあり、その時に『王子様のプロポーズ2』メインキャラクター9名分のボイスが公開されたという話を聞き、早速YouTubeで聴いてきたよ。
(ユーザー姫情報により、9/25付で動画削除された模様)

待ちに待った声優・柿原徹也によるジークボイス初公開だからさ。
期待せず楽しみにしていたのさ(*´ω`*)


さて。
初で聴いてみての感想は……

↓この画像をクリックすると、王子様2公式twitterへ飛ぶよ。
ジーク柿原ボイス公開
ジーク柿原ボイスは50秒〜53秒。


めためたイイじゃん☆

(///∇///)(///艸///)(///∇///)


まさに想像以上☆

あの
高音ボイスをよくぞ低音にできたな……目から鱗

しかも
滑舌がいい……さすが柿原徹也

ありがと!!


これは期待できそう☆

(///∇///)(///艸///)(///∇///)


ユーザー姫の大半も「違和感なく受け入れられた」と大好評☆


But!!
まだまだ気は抜けられんぞ、柿原。
残りのユーザー姫からは「なんとなく違和感がある」「うーん、やっぱりカッキーだわ……癖がある」「イメージとしては合ってるかもしれないけど、梅原の方がジーク向きだと思う」という声も有り。


ん?
梅原裕一郎?



早速、ボイス視聴巡りしてみたさ。
私、自分が納得行くまで徹底的に調べないと気が済まないからさ(笑)

結果。

あ〜梅原、いい感じの低音ボイスだね♪

ただ、残念なことに梅原には致命点2つある。

1)ボイス。

2)
何を言ってるのかわからんw

 (特にフリートーク。滑舌が悪いんだろうか……聴覚障害者の私にはほとんど聞き取れんかったよ)


結論。

柿原の方がマシw



なんでかと言うと。

私の好きなジークは、
見た目が
クールで、
基本は
優しい男らしい
地味キャラかもしれないけど、

『意外と気性が激しい』ところ。
そこがツボ!
大好物!!
(///∇///)(///艸///)(///∇///)



だから、梅原では役不足なんだよね〜融通(表現)がきかなそう。

柿原なら、ジークのはちゃめちゃくちゃなところを上手く声で融通(表現)できると思う……。



例えば、ジークとリュオが絡む場合。
上司にあたるリュオを、ジークはまったく頓着せず上から目線でしゃべること多々。
そして、仕切る(爆)
ドレスヴァンの弱点等について突っ込まれても、屈せずに吠えて切り返すジーク(笑)(笑)
とにかくリュオに対しても恐れを知らない……ドレスヴァン王国モデルのドイツって『議論に強い国』だからさ、その辺は納得できる。

ジーク(おいリュオ)
ここでのポイントは「おい!リュオ!お前もだ!」と怒鳴るのではなく、「おいリュオ、お前もだ」と淡々と傲慢さが無自覚ににじみ出てくるところ(笑)(笑)

これが、私の好きなジークなんだよね。

んで、ジークとイヴァンが絡む場合。
俗世間知らず(?)なイヴァンに、ジークがいろいろと指南しているあたりが、すでに師弟関係のような雰囲気(笑)
よって、ジークがイヴァンに何かを教えている時は。
男らしさを崩さない低音で、内心『乙女スキップ』しているかのような砂糖を含んだ声で表現するとか。
そんな感じの(笑)


それくらい、ジークボイスというのは繊細で難しい役柄なの!!(力説)

だから、そんな七変化な表現ができる声優さんがいるんかな〜?」と心配していたけど、柿原ならやれそうかもね。


柿原はね、ジーク声優追加発表があって以来ずっと、手当たり次第聴きまくったよ。
ボイスも歌もラジオも、ほぼ全部聴いたかも。

下ネタ関係は早口すぎてわからんかったけどね。
彼は基本的に高音&独特ボイスで、大声&滑舌がイイからさ、小声&ダミ声&早口以外はほとんど聴こえた。
BLにしても『あかないとびら』は良かったけど、『酷くしないで』はありきたりな声で私的にはハズレだったな(笑)(笑)
(両方とも私の好きな漫画なんだよね〜特に『酷くしないで』は白ブリーフのポーチを持っている(爆))

彼についての記事も読んで、「柿原ならジークを上手く演じられるんじゃないか」とだんだん希望が持てるように至ったよ(笑)

何故かと言うと。
柿原は自分が演じる役の本質を見極め魅力を汲み上げることができる人だから。
なかなか上手いことを言うよ彼は。

もしかしたら『王子様2』運営やライターさんがまだまだわかっていないジークの魅力を、柿原が的確に声で表現してくれるかもね。

ただし、柿原。
ジークのことを意識するあまりに演じすぎて気取ってしまわないように気をつけてね!!
自然体、自然体。


ジークボイス実装化。
期待せず←
楽しみにしている☆

よしっ、スマホ用のヘッドフォンを買いに行こうヽ(`・ω・´)ノ

あ、そうだ。
柿原が12月にオールドイツロケの写真集を作るらしいけど、どうせならジークのコスプレをしてほしいなー。
ドレスヴァン城のモデルがもしリアにある場合、王子服は無理でも、ジャケットスーツや私服のコスプレはしてほしい(笑)


ちなみに。
ボイス実装化するなら、できれば『ミラプリ』と同じように、本編・続編・続々編(ジーク編は書き直し希望)・裏ストーリーにボイス√追加が理想的。

挨拶程度の短すぎるボイス付インテリアガチャは要らんけど。
リュオ×ヘンリー、リュオ×ジーク、リュオ×クオン……etc、コンピによる絡みボイス付書き下ろしストーリーガチャなら課金するかも。

爺王子でのボイスは、課金制で失敗&不評だった話をよく聞く。
なので、色んな人に興味を持ってもらうには、無課金でも楽しめる本編でのボイス√追加による実装を足がかりにいろいろ試してみればええかな、と。


最後に、ちょっとしたぼやき。
2017BDのジークルートがあまりにもぬるすぎてガッカリした(´;ω;`)
ジークの『意外と気性が激しい』を生かした上での、Jealousy大爆発を期待していたが、最後の最後まで理解のある神対応に落胆……そんな意外性のないジークなんてジークじゃない!!(´;ω;`)
オバサンが理想とするネタ発想だよあれは(´;ω;`)
これを書いたライターさん、男の欲望をわかっていない。リア情熱をわかっていない。
落ち着いたジークなんて求めていない(´;ω;`)
前から何回も言っているように、せっかくの引き出しの多いジークを『ただの優しい人』にしないでくれ(´;ω;`)
5月のケダモノ王子や6月のマリアージュを書いたライターさんも含め、イベストのジーク担当の見直しをしてほしい。
今イベにしても生ぬるい。私の回想小説の方が面白いという読者さんの声有り。


2017.09.18 Monday 20:00 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク声優発表斬り☆

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


本日9月7日と言えば、GREE『王子様のプロポーズ2』キャラクターであるオリバー・バトンの誕生日。
おめでとん(*´ω`*)

……よし、さらっと流したで←


そんなことよりも。
先月『後報』となっていた、私にとっての推し王子であるジーク・リーベンの声優が、ようやく本日発表とのことで、それをメインに楽しみにしていたのだ。

ジーク声優後日発表

あの引き出しの多いジークの声を演じられる声優がいるのかまったく想像もつかんかったけ〜〜、それはそれはワクテカ情報解禁を楽しみにしていたのさ。


すると!

まさかの柿原徹也!!Σ(´Д`;|||


ジーク声優発表
※このジークは色気したたる神絵。また違う色気ジークを描いてほしいわ。

マジかー!!Σ( ̄∇ ̄;|||


私やあ、柿原なんて最初から

「ないナイない」候補すらのぼることなく一番に消去していたのに……!!

NO。

×。

チェンジ。

ありえない。


なんで柿原なんだーーー!Σ( ̄∇ ̄;|||



だって彼、演技派というか……気取った声なんよ。

しかも、地声が高くチャラい

「きゃぴきゃぴ☆」という効果音が聴こえてくるような、フレッシュさ漂う遊び人のような声が、あの堅物ジークに合うのか!??

オトメンだけど男らしい。
お母さん王子と呼ばれようが、基本男言葉でブレることがない。
一見クールで落ち着いているようでも、実は暑苦しい性格のキャラクターだよ?

オカマじゃないんだよ!??
むしろ……いや、絶対に!
一歩間違っても
ジーク『オカマ』にしてくれるなよ……!!
こればかりは許せない激怒レベルだから。

(実際「オカマと一緒にするな」と怒る姫もいるいる)


大丈夫か!??Σ(´Д`;|||


ジーク姫だけじゃなく、他王子姫までも「ジークと柿原が結びつかない……」「ジークにカッキーはないね」「ガッカリ;」とか不安視しているよほんまに……。


というか、不安しかない。


一言断っておくが。
私にとって一番大事なのはジークであって
声優・柿原徹也なんぞ人気も知名度もミジンコ程度の興味でしかないから、まったくの遠慮も配慮もせぬぞ(`・ω・´)キリッ


なぜ私が柿原を知っているかというと。
GREE『鏡の中のプリンセス』でも、ファリスというキャラクターのボイス担当されているから。

そこでのファリス柿原は☆キラキラ声☆で、まさにイメージ通りで「すごく上手いなー」とじみじみ思っていたんよ。
まあ、元々ファリスは腹黒チャラいキャラだから、似た属性ボイスである柿原にはアタリ役、ってのは理解できる。
ボイスのサンプルがあるから、下記ファリス画像をクリックするとミラプリ公式サイトへ飛ぶから、ぜひ聞いてみてね。

ファリスボイス

そのエセ天使ファリス真逆堅物ジークを……
柿原!

やれるのか!??Σ( ̄∇ ̄;|||


私としては、浪川さんとかもっと落ち着いた声優さんを想像していたけどなあ。
滑舌が良くて、ハキハキとしていて……。
まさか、高いトーンで若々しい声音が来るとは思わんかったぜ。
果たしてジーク姫の期待を裏切ることなく、ジークの「おい」「脱げ」などを淡々と男っぽく言えるのだろうか??


見た目はクール。不動。
でも、実は『活動的で情熱的』なジークをカッコ良く、ちょっと傲慢に淡々(基本)と、声アテしてほしいなあ。

他キャラよりも喜怒哀楽の激しい声かもしれないけど、『基本は淡々と男らしく滑舌良く』を徹底してほしい。

「俺が一人前の女にしてやる」という台詞のとおり、ジークはオトメンだけじゃなく、教師役・指導役・講師役も兼ねているから。

ほんま頼むで柿原。

(「カッキー」と呼んでくれと言われても知らんわ)


× 甲高い声。
× トーンが高い声。
× きゃぴきゃぴ☆

◎ 滑舌が良い。
◎ 声のトーンが落ち着いている。
◎ ハキハキとしっかりした声。

× 高音。
◎ 低音。
(←イヴァンより明るい低音)

× 気取り屋。
× ウィスパーボイス。

× カッコつけ。
◎ 無自覚。
(←本能。俺様ではない)
◎ 無計算。(←真正直。天然すぎていない)
◎ 自然体。(←大事!)

× オカマ。
◎ 男らしい。
(←絶対!大事!)



例えば。
『王子様2』運営がイメージしているジークの筆跡……。
絶対!
丸文字じゃない!!


だって、ジークは可愛いものが好きだけど、それは人の目に触れないところで愛でるタイプ。
基本は『隙がない』。
筆跡なんて、まず人の目に触れやすいやんか。
規律の厳しいドレスヴァン王国だからこそ、ジークの乙女趣味に否定的な人達が「絶対に表沙汰にしないように」と禁じられていたから余計に。
それに仕事のできる人なら、あんな丸文字の筆跡ではあり得ないもん。
なんで丸文字なの?
字は体を表すというのに。
あきれた……基本が男らしいジークなのに。
運営さんはまだまだジークのことをわかっていないな〜〜と思ったよ。


それと同じくらい。
ジークに、気取り屋の柿原ボイスはあり得んって……(´Д`;|||



ドレスヴァンの王国モデルがドイツ、という繋がりから。
柿原がドイツ生まれという安易さでCV決定したとしか思えない……。
Wikiでは『ベルベットボイスの持ち主』と評され、色んな柿原ボイスを聞いてみたが、やっぱり高音だったし。


どうなんだ?Σ( ̄∇ ̄;|||


果たして。
ジーク柿原ボイス初公開の感想はいかに!??
⇒次記事【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク柿原ボイス公開感想☆へGO。


2017.09.07 Thursday 20:20 | - | - | 

【GREE】王子様のプロポーズ2・ジーク夢小説更新のご案内&重大発表斬り☆

※注※
『王子様のプロポーズ2』の配信元であるボルテージ関係者の方々(運営さん・ライターさんも含む)も当ブログや夢小説を閲覧されます。つきましてはライターさん、私こと真仲彩水が書き綴った言葉や文章表現全般において『ネタ帳』扱いとして得たインスピレーションを『ジーク・リーベン』以外の他キャラ他アプリに利用・文章引用・文章修正(加工)・模倣といった、商業アプリとしてあるまじき迷惑行為は止めてください。まったく同じ内容で書かれていなくても、当ブログや夢小説を媒介(ネタのアテ)にした上で影響を受けた執筆は『パクリ』と同然です。今後一切、私の文章表現・二次創作等で得たネタをアレンジした上での私利私欲に用いないよう重ね重ねお願いします(最低限のネタ元開示等の処置もなく無断での『商業利用』は著作権侵害にあたるため、社会人としての常識をわきまえた執筆姿勢・ジーク魅力向上努力等を切に望みます)。
<現時点迷惑行為確認済アプリ:王子様2…etc、特に誓キスは重度のネタアテ依存症>   2017/7/21

(2018/3/11閉鎖)R18夢小説リンク⇒『思うがままに、我がままに愛して』


大変お待たせしました♪
以下、夢小説1本を更新。

ジーク夢小説『思うがままに、我がままに愛して』内の
番外編ストーリー
R15『ヒロインフェチ』
完結
(夢小説タイトルをクリックすると、別サイトへ飛ぶよ)


番外編2本の時系列設定について。

『※女の子の恥じらい』えっちして間もない頃。
  ↓
『秘めごと』
  ↓
『ひとり秘めごと』
※旧タイトル『秘めごと〜後日談1〜』を改称。
 まだ未完で申し訳ない……。
  ↓
『ふたり睦みごと』
※旧タイトル『秘めごと〜後日談2〜』を改称。
  ↓
『ヒロインフェチ』付き合って半年後くらい。


かなりのベタベタ甘々砂糖漬けラブラブなふたり、といった感じに着地できていれば理想的。


夢小説にて『あとがき』を書いたが、ここでちょっとした補足。
『王子様2』ジーク本編と、続編+続々編の違和感について。
本編では引き出しの多かったジークが、続編+続々編では変に優しいだけでつまらなくなった。
それだけではなく。
気が強いはずのヒロインも言葉遣いが丸くなったり……、なんか違うなあと以前から思っていたんよ。

その原因がやっとわかった。
ジークヒロインの言葉遣いは、
他王子ヒロインと違い
『敬語半分、タメ口半分』が正しい。

詳細は忘れたが、本編によると。
ジークが「俺たちは家族だから敬語はいらない。直せ」
と言ったところを、
ジークヒロインが「王子相手に急なタメ口はできません。少しずつ慣らさせてください」
といった内容のやり取りがあったよ。

これはライターさんの確認不足だな。

なので、私が書く夢小説でのヒロインの言葉遣いは、
『敬語半分、タメ口半分』
本編に沿って書いていく。ご了承を。


他にも、ジークはただ優しいだけじゃない。
時には強引さ(荒々しさ)も兼ね備えている。
例えば、本編で言うと。
ジーク本人は普通にヒロインを「連れて行く」「迎えに来た」つもりでいても、ヒロイン側にしてみれば「ま、また、拉致……!」といった温度差がある(笑)
つまり、
無自覚なんだよね。
または
本能とも言える(笑)

知れば知るほど、ジークってめちゃくちゃなキャラクターだよね〜笑える(///∇///)(///艸///)(///∇///)



あと、ドレスヴァンの王国モデルはドイツ。
ドイツでは『好き』『恋人』になるまでのプロセスが非常に長い。
これは本編ジークにも当てはまっているから問題ない。
しかし、ひとたびえっちしてしまえば、どんどん相手にハマり込む。
つまり。
『愛することに遠慮がなくなった』というジークを、私は今後も二次小説で表現していくつもりだ。


また、技術大国でもあるから、ジークがITに強くて当たり前かと。
経営にも精通しているなら尚更。
実際のリア世話好きな堅物男子もITに強いから、あのパソコン作業ネタは決して不自然ではないと私は思っている。


本当は、2017/7/21に更新予定だったが。
ボルテージアプリ・ライターさんによる様々な迷惑行為に頭に来て、その対応に追われてしまい、それどころじゃなくなってしまった。

自分から運営へ抗議というかクレームを入れようかと思ったが、友人から「デリケートな問題だから簡単に謝って済まされるような、なあなあになりそうな予感。それよりもユーザー姫などの第三者から運営へ厳しい指摘(タレコミ)等をしてもらう方が一番効果的」という忠告をいただいたよ。
しかし。
ユーザー姫は基本的に、リア多忙の合間の癒しとしてアプリゲーをやっているから、そこまでは期待できない。
こじれそうな問題を、貴重な時間を費やしてまでの迷惑はかけられないからなあ。

ということで、しばしは様子見。


あ、断っておくが、ライターさん。
今回の夢小説『ヒロインフェチ』もネタアテにしないでくださいね。
(8/26後日談→読者さんからのリクにより、ムフフ続編『一時停止→再生』を書くことに決定。『ひとり秘めごと』完結後に投稿予定)

また、私は数年前のブログ記事でも、自分で書いた内容はほとんど覚えているんで、『王子様2』以外の記事をさかのぼってまでのネタ探ししても無駄。
どの記事をネタアテにしたかなんてすぐわかる。
『1人ファッションショー』『旅の恥はかき捨て』などなど。
我が物顔で迷惑行為常習犯になりすぎるなよ、ほんとに。

(後日談:結局またネタアテにされた……10月ジンBD『深夜0時に素顔を見せて』を読んですぐわかった。特に私が気合いを入れて書いた「誰のせいだと思ってる」が使われたこと。しかもジンを書いたライターさん本人も気に入っているのか、萌え効果狙いで使われている。人間として最低だよ……私にとってはとっておきの台詞を何故ジークストに使わずジンに使ったの? 私、あとがきで「一言一句がお気に入りで執念を込めた」と書いたよ? その結界を破ってまで人の萌えネタが欲しかったの? なんで私のジークに対する想いを裏切り、踏みにじるの? ……こういう最低限の常識を守れず、軽はずみに商業利用するライターさんがこの世にいるのかと思うとやり切れんわ)


そういえば、最近気づいたことだが。
当ブログは世界中にもぼちぼち読まれているみたいだから、ヘタなことはしない方がいい。
(UKがイギリスって初めて知ったわ)


話は変わって。


8/16に『王子様2』で重大発表があったが。
なんのことはない、ただの『ボイス化』だった。
私も含め、ユーザー姫のほとんどがコソコソ無音プレイのスタイルのため、「意味がない」「ボイスいらぬ」「いつどこで聞けと?」不要派が圧倒的多数。
本当に需要あるのか甚だ疑問。


まあ、とりあえず置いといて。
私が興味を感じたのは、ジークとオリバーの声優が後日発表なこと。
ユーザー姫大半は「大物来るか?」と期待しているみたい。

私としては、あの引き出しの多いジークを演じられる声優が本当にいるのか、想像できないんだけどね(笑)

ヒロイン曰く「表と裏の顔のギャップがすごい」
クールぶったり、厳しかったり、優しかったり、怒ったり、甘やかしたり、毒ついたり、笑ったり、ブツブツ小言を言ったり、泣いたり……表現的に忙しい声だよ?
大丈夫かなあ……。
七変化な声が出せる方なら理想的。


私は声優さんあまり知らんから、ジークの声として理想的なのは『大沢樹生』さん……と思っていたが、実際の声を聞いてみたらイメージと違っていた。ん〜〜……。
私が知っているリア世話好き堅物男子の声の共通点は、滑舌が素晴らしく良く、ハキハキ声の通りも良い。
仕事にも強く、社交にも長けているから、声は少し大きいかな。
とにかく、よどみがない。


ちなみに。
『ミラプリ』ジョセフのボイスは、私的には大ハズレ
なんでウィスパーボイス
普通に話してほしかった……わざとらしい上に聞き取りにくい。


2017.08.19 Saturday 20:20 | - | - | 
<< | 2 / 5 PAGES | >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache