<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

アクの強い火星人(敬称略)

ここ数カ月間、メルマガやTV番組のニュースを何となく見ていると、良くも悪くも目立つ方々が気になってしまった。
何故なら、彼らの発言や一挙一動がわかりやすいほど『火星人』していたからだ。


試しに『六星占術』で調べてみたら案の定、み〜んな火星人(笑)


火星人を一言で例えると。
細木さんの言葉なら『奇人変人』。
私が言うなら『ゴーイングマイウェイ』『独特な世界観』『陰気なオタク』と極端。
もっとわかりやすく言うなら『アクの強い人物』だね(笑)
だからと言って、それら火星人の性質を十把一絡げにしてはいけない。
真面目で良い火星人もいるからだ。


まあ、ともかく。
ただいま世間をホットに騒がせている『ゴーイングマイウェイ型火星人』の方々は以下の通り。

・元金融・郵政改革担当大臣、亀井静香
・ブログ市長こと阿久根市長、竹原信一
・名古屋市長、河村たかし
・安全地帯、玉置浩二
・とんねるず、石橋貴明


亀井静香は昔からハッキリ物を言う方だったから、わかりやすい。
だけど、申し訳ないが、私は『郵政国営化』には反対。
何故なら、せっかく貯金したお金が、国営という隠れ蓑で先の見えない『バラマキ政策』が加速化してしまうのが心配だし、信用できないからだ。
また、国営という後ろ盾にあぐらをかく職員が増え、サービス質の低下・横領等で問題あると思うから。
それに、火星人は『お金を大きく遣う』『おごり癖がある』タイプ故に、できれば金銭問題に絡んでほしくない。
だから、亀井静香が大臣を辞めた時はホッと一安心したね。


まだマシ、良さそうな火星人は……
・くりぃむしちゅー、上田晋也
・ナインティンナイン、岡村隆史
・志村けん
・イチロー
・松井秀喜
・ダルビッシュ有
・東国原英夫
・田村正和
・深田恭子
・小倉優子
・藤原紀香


見ているだけでウザイと思われがちな、アクの強い火星人の方々。
・小島よしお
・出川哲朗
・マツコ・デラックス
・野村沙知代


『陰気なオタク型火星人』は、わかりやすく挙げるなら、古い方で申し訳ないが宮○勤。


そんな訳で、ちょっとした忠告。
『大きくお金を遣うのが大好き』『おごり癖・貢ぎ癖がある』火星人は、金銭問題には気を付けて。
特に、甘い儲け話には乗るな!
「ギャラは高くなくてもいいから仕事をくれ」という今田耕司みたいに、金銭問題には常に謙遜な気持ちでいた方が、今後の人生がより豊かになる。
欲張らない方が幸せだよ。
欲張ったら不幸だよ。

何度も失敗している板東英二、目立ちすぎた堀江貴文、独立騒動で活動休止した野久保直樹……などなど。
強欲になればなるほど明日は我が身。
だから、楽して稼ごうとせず大きく買おうとせず、謙遜に慎ましく。


最後に。
私は火星人は嫌いではないよ、頭の良い人が多いけ〜。
島田紳助みたいなキレの良い仕切りは感心するな、いろいろ問題はあれど。
ネットで『松本人志はお笑いの天才、島田紳助は努力の天才』というのがあったが、それはそうだろうよ。
水星人と火星人、という対照・対極者だからね。
もし、島田紳助が金銭的なこだわりを捨てたら、お笑いだけじゃなくいろんなことにももっと一皮剥けるだろうな。
2010.06.23 Wednesday 21:23 | - | - | 

大殺界の影響

弟が久々に実家へ寄ってきた。
同居していた弟嫁の実母が、先週亡くなったそうな。
えっ!?
なんですぐ教えてくれなかったん??
「いや、お姉にメールを入れたんだけど、アドレス変わったろ?」
あーーー!!
しまった!すまんすまん!
思い当たる限りすべての人に送ったつもりだけど、洩れとったんだな。私の馬鹿馬鹿。
しかし、安心していいんだそうな。
弟にとっては姑さんだが、その彼女が死ぬ直前に実娘(弟嫁)に「家族葬でお願いします」と遺言を残したそうな。
んな訳で、参加しなくても大丈夫と。
弟も通夜・お経(葬式?)には参加せず、納骨のみ参加したそうな。
こんな葬式スタイルもあるんだなあ……私もいずれ死んだときはそうしてもらおうかなあ。
ただ香典はどうすれば良いんじゃろ?
何しろ初めてだからな家族葬ってのは……でも一応、縁族に当たるから出した方が良いよなあ。
弟に聞こうと思ったが、多忙の合間だったらしく、お知らせに来ただけですぐ帰っちゃったわ。
(後日談→香典は要らないんだってさ。まあ、助かるけど……なんか申し訳ないよな〜)


その弟嫁の実母は天王星人(+)、今年の年運は『安定』と吉運。
しかし、4月の月運は『停止』……大殺界月間中に逝っちゃったんだな。
癌だとは聞いていたけど、6年は長くもった方だよね。
彼女はとにかく『妻』『母親』にまったく向いていない人間だった。
まあ、天王星人だからね、基本『だらしがない』んだよ。
結婚した当初から一切のお手伝いもなく、家事全般は夫に任せっきり。
夫にも自分の仕事があったというのに、妻のワガママに辛抱しながら家を切り盛りした挙句、病気で亡くなった。
しかも、夫が亡くなったら亡くなったで、今度は実娘に家事全般を押し付けて、自分は悠々自適。
「母親だけど母親とは思えない」と苦々しく思ったほどの、実娘(弟嫁)さんの気苦労は計り知れない。
だから実母が病気になってからは、介護・妻・母親・仕事という四足のわらじで、私も母も「(弟嫁さんが)いつか体調を崩しやしないか」とハラハラ心配していたんよ。
だってさ、彼女は水星人(−)、今年の年運は大殺界『減退』。
『陰影』で出産、『停止』で職場復帰と、大殺界中に色々と頑張りすぎちゃってんのね。
だから、この時期に実母が亡くなったことはつまり、実娘(弟嫁)の大殺界中の厄(因縁)を身代わりで持って逝った……とも言える。
来年で大殺界が明けても、きっと弟嫁さんは病気等という大殺界の反動を受けずに大丈夫でいられるかと思う。
どうぞ安らかに、ご冥福をお祈りします。


さて、弟夫婦には1人息子(私から見て甥っこ)がいる。
その彼は水星人(+)霊合、今年の年運は『種子・再会』と大殺界が明けたばかり。
そこで!
早速来たよ……甥っこにも大殺界の反動が。


弟嫁の実母が亡くなった日に、甥は引きつけ・痙攣まで起こすほどの体調を崩してしまった。
しかし、息子の異変に気づいてはいても、やはり家中がバタバタしていて病院へ連れて行くどころではない。
元々が大人しい子だから頑張って我慢していたらしく、納骨時にとうとう耐えられなくなったのか、父親(弟)に弱音を吐いたんよ。
「わかった」と慌てて病院へ連れて行った結果、緊急入院。
検査の数日後『ロタウィルス』と判明。


危ねえところだったな〜!!!
ロタウィルス』を調べてみると、乳児にかかりやすく命を落とすこともあるそうな。
ゾッとしたわ……!


それにしても大変だなあ、弟一家は。
手伝ってあげたいけど、忙しい時に限って逆に足手まといとなるから様子見しかできることはない。


昔から言っているように、私にとっての『種子』とは『清算期』『正念場』
つまり、3年間の大殺界中に派手なアクションを起こした場合、反動が一番に来やすい時期でもある。

細木さんは「12運気のスタート!」と楽天的に言っているが、あまり真に受けない方が身のため。
たとえ『種子』を無事に過ごすことができたとしても油断するな。
大殺界の反動に『時効』はない。
自分にとって一番ダメージが大きい時期に巡り巡って反動が来るけ〜ご用心を(考えられるのは、年運が『立花』『達成』『財成』『安定』、次の大殺界中辺り)。


まあ、とりあえず。
水星人(+)生まれとして……
私は大殺界『陰影』のときに、小説執筆に頑張りすぎた。
甥っこは大殺界『減退・乱気』のときに、母親の職場復帰のためにやむなく保育園に預けられる身となった。
だから今年『種子』で、大殺界の反動という『洗礼』を受けた。
要は『厄落とし』が済んだと思って、これからは元気に前向きに恐れることなく、楽しく悔いなく生きよう!!
2010.04.26 Monday 21:23 | - | - | 

宿命大殺界明け

今日の誕生日で、20年という長きに渡る『宿命大殺界』が明けた。
そして同時に、10年間の『静雲星』明けでもある。


『宿命大殺界』『静雲星』って何?……という方は、下記書籍で詳細を参照いただけたら幸い。
細木数子2最新版『六星占術宿命大殺界』
あなたの人生を左右する恐るべきパワー

(著)細木数子
日本文芸社(2008/05)


まあ、わかりやすく言えば……
『宿命大殺界』とは、人生120年のうちの20年間が、生きていながらも魂だけが幽体離脱しているような空洞期間のこと。
そして『静雲星』とは、10もある宿命の中でもっとも孤独な星回りのことだ。
興味のある方は早速、自分の宿命大殺界を調べてみよう!(PC限定)(データが重いので気長に)


いや〜しんどかった。
ひたすらにしんどかった。
『宿命大殺界』は人によっては陽転陰転もするらしいが、私の場合は陰転しちゃったんだな。
特に『静雲星』に入ってからは、友達がまったくいなくなったもん。
絶交したり、亡くなったり、疎遠になったり、出会いがなかったり……いろんな人が私の元からいなくなったよ。
『静雲星』の前の10年間は『光美星』だっただけに尚更。
『光美星』というのは、多くの出会いに恵まれ、飲めや歌えや踊れやとワイワイと楽しく過ごせるという交遊期間なんよ(その頃の経験が、今の小説を書く原動力)。
だからさ、あ〜〜んなにいっぱい楽しく遊び回った後に来た『静雲星』のどうしようもない孤独さが、かなりキツかった。
当時は『六星占術』を知らんかったけ〜「なんで私、こんなに独りぼっちなんだろう」などとすんげえ悩んだね。鬱になるほど。
だけど『宿命大殺界』を知ったおかげで、救われたよ。吹っ切れたよ。


私にとっての『静雲星』期間中はもう、ひたすら独りでいたがった。
独りは嫌だな〜と思いつつも、人付き合いが面倒で億劫で、誰かと話すだけでも煩わしく、結局独りでいることに安心してしまう。
こんな自分は駄目だ!
何とかしなくちゃ!
しかし淋しがるよりも、やること・やらなければならないことがたくさんありすぎたから、孤独を紛らわすのに不自由はしなかった。


でもでもさ!
何も人生で一番若く光輝く年代に限って『宿命大殺界』や『静雲星』は巡ってほしくなかったな〜苦難・試練の連続だったけ〜。
……勉強になったと思えばいいか。
たかが占いでも、人によっては人生の羅針盤になれるほどの絶大な効果はある。


とにかく。
今日でようやく『静雲星』という孤独の支配下からの脱出!!
肩の荷が降りた気分で、出会いにも恋愛にも前向きに積極的に頑張るよ。
別に私は『恋愛=結婚』と焦ってはいないが、ご縁があればしたい。
ただ、男性は私の年齢を知ると、即『結婚』と連想してはドン引きするのは難点で失礼で迷惑だが。


ちなみに、『宿命大殺界』に入る前・明ける前に、自分の環境を思いっきり変えた方が、その後の人生が陽転するそうな。
私の場合、それに備えて4年前に大苦手だった小説を書き始めたが、結局無駄足だったかな?
今になってみると、ちょうど良いタイミングで職場環境が激変したもんな。
……まあ、せっかくだから執筆も頑張る。


今日からの私は一皮むけた気分で、幸せな人生を目指して何事にもチャレンジするぞ☆(←ギザ)
2010.03.23 Tuesday 21:23 | - | - | 

早速来タヨ……大殺界ノ反動

『六星占術』で言えば、今年2010年の私の年運は『種子』。
つまり3年間に渡る大殺界が明けたばかりだ。

しかし「大殺界が明けたーー!やったーーー!!」と喜んではいられない。
何故なら『種子』というのは、大殺界の反動が来やすい時期でもあるからだ
細木さんが言う「さあ、12運気のスタート!新しいことを始めるのに適している時期!」を真に受けてはいけない。

何度も言うが。
『種子』とは『清算期』『正念場』だと心得よ。

だから、大殺界が明けたのは嬉しいが、とりあえず用心しておこうと。

すると!
早速来たよ……天変地異なほどの衝撃が!


私……転職活動した方がいいのかな……?


もう本当にね!
3月になっての突然だから、まだショックから立ち直れん……。
それは他の事務員さんも……上司までも知らなかったらしい。


つまり、私の勤め先である支社が来月4月1日付でなくなるのだ。


大手企業だからね、名目としては『統合により効率促進を図るため』だろうけど、結局は体のいい『経費節減』『消極的なリストラ』だろうよ。
そんなことになったら、めちゃくちゃになると思うけどな。
『お客さまのために身近で親近感のあるサービスを』を謳っているなら尚更、地元の支社は残しておくべきだよ。
それが広島と統合なんて……電車で片道2時間だよ?
信じられん……身近どころか親近感すらもなくなるよ。

もちろんしばらくの間、地元の会社(支社の残骸?)は残るんだけど、事務拠点が広島へ移行となるから、今まで支社としてやってきた仕事がまったくなくなるの。
そんな訳で、私も含め支社事務員さんは4月から営業所へ配属となるけど……どうなんだろ?
営業所事務をやったことがない不安もあるけどさ。
元々1〜3人で回ってきた営業所だから、いきなり2〜6人も膨れ上がったら、1人あたりの仕事量もたかが知れているよね。

参ったな〜。
昔「支社が無くなるかもしれない」という噂は聞いていたが、ここ数年間はそんな気配がなかったからさ。
こんな突然すぎるってないよ〜。

久々に、顔から血の気がなくなる感覚を味わったよ……まさに顔面蒼白。


でもまあ。
今年で『大殺界』『宿命大殺界』『静雲星』を抜ける私にとってはある意味、大きな転機だよね。
ショックだけど、自分の運命にとっては良いキッカケなんだよね。

今までの大殺界の3年間こそ、無事に仕事を続けていられたのはラッキー☆
うん、ありがとう。

だから、4月から営業所配属となっても踏ん張るよ。
仕事量や自分が聴覚障害者という心配は、その時になってみなきゃわからんよね。
今まで仲良くやってきた先輩と離れ離れになるのは淋しいけど……何より『宿命大殺界』を抜けるタイミングとしてはちょうど良かったんだよ。

うん、私はラッキー☆
とりあえず、自分に言い聞かせているが。
うん、私は大丈夫。
私を取り巻く幸運すべてにありがとう。


……嗚呼、HP移転作業に身が入らん。
モチベーション失くしちゃったよ……でも1日でも早く立ち直って励まないとな。
登録した日から90日を越えてもHP非公開のままだと、自動的に削除される前に!


だから私この頃、モバゲータウン小説コーナーで『エッセイ』夢野ぽえ夢さんの作品で、久々にメガ爆笑しては憂さ晴らし!
つたない文章なりに面白くおかしく伝わってくるけ〜おすすめ!(モバゲー会員登録していないと読めないが……)
ちなみに、彼は水星人(−)(←つい調べてしまうのは私の性(苦笑))。
笑い事ではないが……いや、それでも大爆笑したが……彼が大病したのは、今が大殺界だから納得できるわ。


そして〆は、↓この本を読んで元気になろう!

あなたの願いは『あなたの願いは必ずかないます!』
(著)高津理絵
PHP研究所
(2009/10/27)
2010.03.07 Sunday 21:23 | - | - | 

大殺界明け

今日で、私・水星人(+)にとっての、長きに渡る3年間の大殺界がようやく明けた。
そして、同時に3ヵ月の大殺界明けでもある。
東洋占術では新暦よりも旧暦を重視する傾向があるため、私にとっての新年は1月1日ではなく2月4日


よく頑張ったよ……私!
体調を崩しっぱなしで何の実りもなかった3年間。
いろんなことが怒濤に起こり、辛抱強く対処してきた3年間。
キツかったな……でも勉強になったよ。
様々な識者による賛否両論はあれど、私は『六星占術』に出会って良かった。
何をどうすればいいのか、迷わずに悩まずに済んだから。
パニックにならず、自暴自棄にもならず、現実に立ち向かうことができたから。
細木さん、ありがとう!
本当にありがとう。
すごい助かった。


さてさて。
今年2010年は、私にとっては待ちに待った『種子』。
新しいことを始めるのに相応しい時期。
だが、そうそう喜んでばかりもいられない。
同時に大殺界の反動が来やすい時期でもあるから、安心も油断もできない。
まあ……とりあえず、今年は大殺界中に自重自粛しては温めてきた計画を実行に移すよ。
HPとブログ移転とか、小説執筆再開とか。


しかし、気がかりなこともある。
何故なら、私は今年の誕生日で20年間の宿命大殺界明けを迎えるからだ。
『宿命大殺界』を簡潔に言えば、人生120年のうちの20年間が空洞になっている期間のことだ。
もっとわかりやすく例えるなら『生きていながらも、魂は幽体離脱している20年間』みたいな?
だから『六星占術』で、自分が宿命大殺界中だと知って初めて、今まで不幸だった自分に納得したよ。


それなら、幸せになろう。
幸せになるために生きていこう。



そう思って『六星占術』を軸に、前向きに踏ん張ってきた。


細木さんが『宿命大殺界入り・明けの前後には、環境を大きく変える必要がある』と言っていたんでね。
それによって、その後の人生が陽転にも陰転にもなるそうだ。


そんな事情で。
私が苦手だった小説を書こう、20年続けてきた某バンドのファンをやめよう、と踏ん切りが付いたのも『宿命大殺界』のおかげ。
一度は幽体離脱した魂が無事、現世の自分に癒合・融合できるように。
自分なりにできることをやって、少しでも生きやすくなればと……どんなことがあっても慌てないように、少しずつ心の準備をしてきた。


だから、今年の誕生日は決戦日。
20年間の宿命大殺界、そして10年間の『静雲星』の支配下からサヨナラできる。


今年、どんなことが私の身に降りかかるのか……怖くもあるが、もう覚悟はできている。
新しい自分に生まれ変わるために、今までできることをやってきたから。


「運命が動き始めている」
今年に入ってから、それを強く実感しているよ。


大丈夫。
私なら大丈夫。
どんなことがあっても、私は上手く生き抜く。
そして、幸せになるんだ。
2010.02.04 Thursday 21:24 | - | - | 

『六星占術』で読み解くケータイ大手の提携/未来予想図

先日たまたまメルマガで、auと三菱東京UFJが共同出資した『じぶん銀行』バナーを発見。
気になって調べた結果、やはり……危ないかも。
去年2008年に『じぶん銀行』が営業開始した当時。
au社長は水星人(+)、大殺界『停止』。
三菱東京UFJ社長は水星人(−)、大殺界『陰影』。
じぶん銀行初代頭取は生憎と生年月日不明だったが、そもそも社長同士が大殺界中なのはマズかろう?
タイミング遅すぎ。


実際『じぶん銀行』の内状は火の海らしい。
「アイスクリームが溶けるが如くの速さで赤字続き」と。
株や不動産に強い水星人、銀行はせっかくの適性だったのに……もったいない。
早めの撤退をオススメするよ。


前にも何度か書いたが。
土星人は『開発』
水星人は『基盤』
木星人は『流通』

それぞれ突出した役割(属性)で繋がってんのね。
ネットと現在の不況で例えたらわかりやすいかも。


つまり、上記インドア派の3星人が大殺界中の場合、金に絡んだビジネスをネットで始めない方が無難。


ところが!
docomoもモバゲータウンと共同出資で、来年4月に携帯小説(投稿含む)サイトを開設するそうな。
しかも有料らしい。
もしそれがホンマなら、無料至上主義の私は利用しない。
とゆ〜か、ネット普及に強い木星人が大殺界中に、サイト新設など前途多難じゃろ。


それに、docomoもモバゲータウンも、社長が共に火星人(+)なのが心配だな。
来年の年運は『再会』と吉運だが、火星人は元々、金儲け話に目がないのね。
そして、会社を潰すとまでは行かないだろうが、調子に乗りすぎて失敗しやすいタイプが多い。
著名人で例えるなら。
『ライブドア』元社長・堀江貴文氏。
『花畑牧場』田中義剛氏。
先月倒産騒ぎのあった『穴吹工務店』前社長・穴吹英隆氏。


ただでさえ、携帯小説サイトが氾濫・淘汰されている時代、有料で生き残れんのかね?


SoftBankはアップルとの提携(?)で去年『iPhone3GS』が誕生したが、その当時の社長の年運は大殺界『陰影』。
契約締結日が大殺界に入る前だったら……ん〜〜安易に大丈夫とは言い切れんかも。


……変に手を広げなきゃいいのに。
2009.12.11 Friday 21:23 | - | - | 

『六星占術』で読み解くケータイ大手3キャリア

昼休み中に、懐かしい人と再会。
会社OBの方で、赤外線でメルアド交換。
昔はauだったのに、今やdocomoと変わった携帯に、彼女曰く「何かと便利じゃけ〜」と。


そりゃあ、そうじゃな〜。
特に便利なのが『iD』!
auの『通話料定額』には負けるが、難聴の私は電話が使えないけ〜別に困らん。
また、どのキャリアも料金プランはほぼ一緒らしいが、『iD』による節約術のおかげで実際に支払う料金はdocomoの方が安いし♪


先月、広島へ行ったついでに94%売りのモバイラーズチェックを10万円分買ってきたよ。
実際に支払ったのは94,000円だから、6,000円もお得!
これで、4〜6ヵ月分の携帯やiD決済料金による前払いがもつわ。
うふふあ
後日記。
実際はauの方がもっと安いと判明!
例えば、5500円のところを定価で5000円で買えるが、金券ショップだと94%売りでさらに安く4700円!
800円もお得じゃんマジで


さらに。
マクドナルドマクドナルドで500円以上をiD決済すると、チーズバーガー等の50円クーポンが配信されるという嬉しい特典も!
まあ、めったに500円分は買わんけどね……新商品を試しに食べてみたい時だけ。
(かざすクーポン500円の方が、マクド店頭のランチ・バリューセット590円よりお得♪)


そこで気になったのが、『六星占術』によるケータイ大手3キャリア社長の運勢。


SoftBank社長は水星人(−)、今年は大殺界『停止』。
au社長は水星人(+)、今年は大殺界『減退』。
docomo社長は火星人(+)、今年は中殺界『乱気』。


……なるほど、水星人だったのか。
SoftBankの孫社長は昔から水星人と知っていたんで、J-PHONE買収後のめざましい大躍進ぶりには納得できた。
なにせ初代運を持つ水星人は、同時に改革者でもあるからね。
となると、auも納得できるなー。
ezからauに変わった途端、空前の大ブーム!
浅井忠信氏のCM、そしてカメラケータイ……あの頃は画期的であり、ケータイ業界の転換期でもあったと思う。
だって、今までDoCoMoやJ−PHONEだった人が一気にauへ流れたもん。
水星人だからこそ成せた業かもね。


私としては、docomoにもっと頑張ってほしい。
しかし、火星人か……もし可能であれば来年、社長の座を水星人(+)の方にバトンタッチしたら大躍進できるかと思う。


ケータイ業界も今や頭打ち。
水星人社長同士、大手3キャリアによる『三つ巴合戦』勃発も悪くないぜ?(笑笑)
2009.12.01 Tuesday 21:23 | - | - | 

『六星占術』12運気(私的解釈)

細木数子氏の『六星占術』を主軸に占い分析している私。
今まで一人勝手に垂れ流してきたが、一度まとめておこう。


すべては私なりの解釈であり、細木氏とは微妙に違うことを了承いただきたい。
主にTVで知り得た知識等を、自分なりに噛み砕いてるからだ。


さて。
『六星占術』とは簡潔に言えば、春夏秋冬と季節があるように、12サイクルで吉凶が巡るという人生バイオリズムだ。


【春の部】
◆種子◆
受胎期。
新しい始まり。スタートライン。
ただし、大殺界の影響や反動が出やすい運勢でもあるため、私的には『清算期・正念場』と解釈。
(例:破局・離婚・事故・病気・死亡・不運・不祥事etc)
「やっと大殺界が明けたーー!!」と、安心も油断もできない。

◆緑生◆
誕生期。
環境の変化には弱いが、御縁のチャンス有。

◆立花◆
成長期。
今後の人生を決定づける大事な時期。
細木氏が評する「吉運」を真に受けてはいけない、実は諸刃の剣な運勢。
特に殺界期には要注意。


【夏の部】
◆健弱(小殺界)◆
梅雨期。
何をしても根付かない、五月病にも似た小休止期。
特に健康面には留意を。

◆達成◆
12に1回は巡る最高運気。
怖いもの知らず猪突猛進でGO!
人徳を積んでいる人ほど、思いがけない幸運に恵まれやすい。
反面、大殺界中に大活躍した人ほどパッとしない。

◆乱気(中殺界)◆
夏バテ期。
精神的不調。トラブルも多く、特に恋愛のもつれには要注意。


【秋の部】
◆再会◆
実り期。
リスタート。チャンスを自ら掴む気力で。
特に結婚や復活には御縁有。

◆財成◆
収穫期。
金銭や人脈にチャンス有。
しかし、時として大切なものを失うという諸刃の剣な運勢でもある。

◆安定◆
成就期。
『再会』からの黄金3運勢の集大成。勝ち取る。


【冬の部】
◆陰影(大殺界)◆
空転期。
変化を求めて調子に乗りやすい。

◆停止(大殺界)◆
運気ゼロ期。躁鬱期。
トラブル多発。無駄打ちな衝動に駆られやすい。四面楚歌。

◆減退(大殺界)◆
忍耐期。
浮き沈みに流されずに。


以上、正当な詳細については、細木氏の著作等で参照いただけたら幸い。

細木数子1『六星占術が教える十二支の読み方』
〜あなたの宿命は、これでわかる〜

(著)細木数子
祥伝社(1990/8)
2009.11.13 Friday 21:23 | - | - | 

来るべき時が来ただけ

テレビの市橋容疑者逮捕という報道模様で気になり『六星占術』で調べてみた。


彼は土星人(−)。
今年の年運は『種子』……私は「新スタート」ではなく「清算期」と解釈。
11月の月運は大殺界『停止』。


ああ、彼の逮捕はつまり、来るべき時が来たんだなと納得。
そもそも2007年の事件自体、彼が大殺界中に起こったことだし。


それを母に話すと、
「じゃあ『停止』のときに(事件が)起こったんだね」と。


おお!
私がいちいち言わなくても母は『六星占術』を徐々に習得してるぞ!


また、『福田和子』という懐かしい名前も浮上。
彼女は火星人(+)。
事件が起きた年運は『立花』……細木氏は吉運と評してるが、実は大殺界月間には要注意という諸刃の剣な運勢。
月運は『種子』……大殺界後に悪感情が爆発したと邪推。
逮捕された年運は中殺界『乱気』、月運は大殺界『減退』。


最近まで世間を騒がせていた結婚詐欺婦こと木嶋容疑者もまた、土星人(+)。
今年の年運は『緑生』と吉運だが、逮捕された月運は大殺界『陰影』。
そもそも最初の不審死が大殺界中の出来事だし。

「450万円を3日間で遣った」という彼女の浪費ぶりに何となく金星人と思ったが、土星人というのは実は『理想主義』に生きてんのね。
だから、彼女のセレブ志向は理解できる。


みんなみんな、なるべくしてなった感じ。


しかしまあ……大殺界が明けたばかりの土星人、次から次へとボロが凄まじいな。
来年は水星人の番か。


やはり、周りがなんて言おうと『六星占術』を知ってるのと知らないのとでは差が大きい。
たとえ何かと批判非難があろうと、細木氏本人がどんな人間であろうと。
知っていれば、自律自戒に役立つ。
知らなければ、いつまでも自分の不運不幸に嘆き苦しんでいた。抑えきれない感情に流されていた。思いがけない衝動に呑まれていた。


でも、そうはならなかった自分がいる。


私は『六星占術』の回し者ではないが、少なくとも他の占い全般よりもわかりやすい。
おかげさまで、生きやすい。
殺界期を迎えても、大丈夫でいられる。


その僥倖に、『六星占術』がこの世に存在していることに感謝する。
2009.11.12 Thursday 21:23 | - | - | 

『六星占術』火星人の見分け方(敬称略)

数ヵ月前、職場の同僚たちの星人別予想を、先輩に熱く語ったことがある。
その際、先輩が「それとなく本人に誕生日を聞いてみるね!」と意気込んでいたが、あまり期待していなかったんよ(失礼)


それが今日!
「ねえねえ!あの人のこと、何星人って言った?」と。
一瞬、何の話かわからんかったよ(笑)


……まあ、簡潔に言えば、当たっていたそうな。
とゆ〜か、バラすなよ〜先輩!え?!


火星人と当てられた同僚から「なんでわかんの?」と。
―――ズバリ!喋り方!


「細木数子の本に書いてあったん?」
―――いや、主にTVで……あとは長年培ってきた人間観察&分析による直感&独学。


だってね、ぼれ〜わかりやすいもん彼女!
私が今いる職場に、その同僚が異動してきて即!見抜いちゃったね。


とにかく!
喋り方が攻撃的!
毒舌とは微妙に違うが、キレのあるツッコミをするけ。
これは特に、火星人(+)の方に多い。
ほら、島田紳助や野村沙知代や亀井金融・郵政担当相などがそう。


例えば、グループでのミーティング時。
とにかく、ツッコむ!まくしたてる!口撃上手!
人より前に進み出ては積極的発言。指摘もする。難癖も付ける。異議も唱える。
ある意味、怖いもの知らずというか……潔い。


火星人というのは、自分に対するプライドが高い上にワガママ。
人格的にもアクが強いからさ。
つまり、『プロ意識』というか『自意識』が非常に強いのね。


そして、『負けず嫌い』と言っても過言じゃないほど、金も野望も出世欲も人一倍強い。


ただし、火星人(−)は(+)に比べると、謙虚な方が多いかな?


また、火星人男性には顔立ちの濃い方が多い。特に、眉!
例えば(+)だと、岡村隆史・出川哲朗・田中義剛・志村けん・品川祐・パンチ佐藤etc。
(−)だと、小島よしお・山下真司・田村正和・北村一輝etc。


そうそう。
母に至っては、面白いエピソードがある。
「見ているだけで暑苦しい!ウザイ!」という相手に限って何故か、十中八九で火星人なんよ(爆)
ホンマに!マジで!
大汗かくんだよ〜!母〜ははは(笑)


つい最近も、「TVであの娘が出るたびにイライラする!顔つきが暑苦しい!」という、とんねるず・石橋の長女である穂のかも例に洩れず火星人(−)!(失礼)


すっげぇーーな!おかん!
わかりやすすぎて!(爆爆)


念のため。
母は根っからの火星人嫌いではないので、誤解なきようよろしく。
だって、母の好きな藤原紀香も深田恭子もDr.コパも……そして、何より母の親友が火星人なんだもん!


単に『メンクイ』なだけ!
2009.09.30 Wednesday 21:23 | - | - | 
<< | 2 / 4 PAGES | >>
Header add Pragma "no-cache" Header set Cache-Control no-cache